フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ

2018年2月19日 (月)

仁和寺と御室派のみほとけ

国立博物館の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」に行ってきました。

Dsc_57130101

会場入り口には、国宝「薬師如来坐像」を観る人の列ができていましたが、さほどかからず如来様に到達。
ガラスケースに入った高さ12センチの仏像は、360度から見ることができました。
白檀を彫ったという細部の彫刻がすごい。(↓写真右上)

道明寺の十一面観音菩薩立像の美しい事!
美しいお顔と美しい衣に見とれましたが、台座の蓮まで一材から彫り出した一木彫像だそうです。すごい。平安初期のものだそうです。(↓写真左上)

Dsc_573701

後半の展示である、葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」も見ることができました。
手が千本近くある千手観音菩薩は稀で、1041本の手があるこちらの千手観音菩薩は最多の本数で最古のものだそうです。
江戸時代の出開帳以来、初めて東京にお出ましに。しかも今回の展示では裏側も見ることができます。

Dsc_573601

そして、仁和寺・観音堂を再現した展示室では、写真撮影OK📷scissors
この観音堂は通常非公開だそうです。
壁画の高精細画像と仏像33体を安置して再現。

Dsc_571401

Dsc_572001

今回の展覧会、国宝や重要文化財であるたくさんの仏像を拝見し、驚きと感動と同時にとてもありがたい気持ちになりました。

展示の数は170件。見応えがあり3時間近くかかりました。

しかし、たくさんの仏像は運ぶの大変だったでしょうねー。
葛井寺の千手観音菩薩の手の部分は4つに分けて運んだとのことです。

博物館に入る前に、上野公園入口にあるカフェでランチ。

Dsc_571001

サンドdeパンダ親子🐼

以前パンダカレーをいただきましたが、こちらのカフェ、トイレにもパンダがいます(笑)

Dsc_571101

2018年2月15日 (木)

深大寺 湯守の里

先月熱海の温泉につかったところ、右腕の痛みが非常に和らいだので、再び温泉の癒しを求め一人で出かけたのが…

東京都調布市深大寺にある天然温泉「湯守の里」。

Dsc_567901

バス停「深大寺」から歩いて10分ほど。

Dsc_568001

外観はこじんまりとした木造二階建てで、歴史を感じる昭和な雰囲気。

湯治を目的とした温泉だというポリシーが感じられ、居心地がよく心からのんびりできました。
お客様も、一人でいらしてる方が多く、あるいはご夫婦、親子の二人連れといったところで、複数でワイワイする人は全くなく、みなさん体を癒すことを目的にいらしてることがうかがえました。

Dsc_568401

↑源泉。

温泉は黒湯。
地下1500メートルから湧出した100%天然温泉。
数百万年前の大陸移動による地殻変動によって地中に閉じ込められた海で、化石海水とも呼ばれています。
その化石海水が地熱によって温められたものが温泉となってるそうです。黒い色は海水中の海藻類が微生物により分解されたフミン酸によるもので、ミネラルが多く含まれてるそうで、効能も多く疲れをとるのにとても適しているそうです。
(以上、湯守の里の温泉案内より)

露天風呂がと~っても気持ちよかった!
何種類ものお風呂があり、風水を取り入れた造りになっているそうで、そこにいるだけでパワーをもらえるとか。
周囲は自然の雑木林。
岩に囲まれたお湯の上に、松葉や山茶花の花びらが落ちるのも風情があります。
空気は冷たかったのですが、木漏れ日が暖かい。

大地と石と木々に抱かれて自然の力に体をゆだねる贅沢。

一旦お風呂から上がり、二階のお食事処へ。
天ざるをいただきました。

Dsc_56820101

食休みをした後、また露天風呂へ。

タオルセット、館内着付で1200円でした。

湯守の里を後にし、深大寺にお詣り。

Dsc_569301

鬼太郎茶屋はお休みでした。

Dsc_568901

祝日の翌日に行ったので、振替でお休みしているところが多かったのが残念。
開いているお茶屋さんで甘酒をいただき、帰宅しました。

たっぷり充電した一日でしたgood

2018年2月 6日 (火)

作品を病院に飾っていただく

私の作品を、母が入院している病院の壁に飾っていただけないかとお願いしたところ、ご承諾いただき、先日イラストの作品5点を搬入しました。

そのお話をさせていただいたのが去年の年末。
紙面で手続きをした後、すぐに搬入するつもりだったのに、右腕が痛く額を買いに行くことも額装することも、5点の額を持つこともままならず…。

年が明け数日を経て、やっと搬入できました。

5点の額を持ちタクシーで病院へ向かうと、道が一方通行で進めず。
遠回りして向かうと途中の道路が工事中でさらに迂回。
その後無事に到着しお約束の時間に搬入をすませることができましたが…

どうも今回のプロセスには障害が多いようですが。。。

私の作品が、患者さんやスタッフの方々にとって、少しでも癒しになればと願っての行動でした。

Cimg7017

4階エレベーター前。

Cimg7018

4階、廊下。

Cimg7020

3階、廊下。

Cimg7019

Cimg7022

3階、廊下。

Cimg7024

そして、5階のデイルーム。

Cimg7023

う~ん。。。(^^;)
掲示板の中とは。。。

でも飾っていただけただけで…ありがとうございます。

今回、絵を飾っていただくこと自体、どう思われるか心配でドキドキでした。

Dsc_30780101  Dsc_4597010101

Dsc_536001  Dsc_536301

Dsc_536101

私の一つの試みとしての行動を受け入れてくださった病院のスタッフの方々に感謝します。
ありがとうございました。

2018年2月 3日 (土)

都のお気に入り番組、変わらず。

都のお気に入りのテレビ番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。

この日もテレビに釘付け。

Dsc_553201

Dsc_553101

真剣に番組を観る都ちゃん。

Dsc_553401

そろそろ番組終了。
ちょっとリラックスしてきて…

朝の連ドラ「わろてんか」には興味なし。

Dsc_553701

2018年2月 2日 (金)

積雪とメダカと月食と

東京、今朝は雪が降っています。

前回、1月22日に降った雪は23日の朝にはかなりの積雪になっていました。

うっかりとメダカのダイちゃん3号の石臼にフタをするのを忘れ…
石臼の中の水もすっかり凍ってしまい。。。

Dsc_549901

氷が解けたら救出しようと思っていたら、その後も寒い日が続き…
雪が解けてきても石臼の中の水は底まですべて氷になったようで、外すことも割ることもできずどうにもならない状態に。

Dsc_551901

水をかけてみましたが当然効果なし。
お湯をかける?でもうっかり茹でメダカになったら…
無理やり氷をはがしてもダイちゃんの体もはがれてしまようなことになりかねないし…

とあれこれ頭の中で作略を練ってみましたが、ヘタに私が動くより自然に任せようという考えに落ち着きました。

その後も石臼の中の氷はしっかりと凍り続けました。
そして10日ぶりにやっと氷が少し解けて浮いた状態になっていたので持ち上げてみると…

Dsc_560101

少なくなった水の中でダイちゃん3号生きてました!!

Dsc_560001

外した氷はこちら。

Dsc_560201

石臼の形そのままに凍っていたんですね。
よくこの中でダイちゃん3号生きていました。

ところでこの日は、皆既月食でした。

Cimg7001

Cimg7002

まんまるく白い氷と、まんまるく赤黒い月に驚いた一日でした。

2018年2月 1日 (木)

キルトフェスティバル

東京ドームで開催されている「東京国際キルトフェスティバル」に行ってきました。

最寄り駅を降りると待ち合わせをする同年代の女性が改札口周辺にたくさん。
そして、ドームまでの道もおばちゃんたちがぞろぞろ。
こりゃ~混んでそうだな~。。。

今のうちにと腹ごしらえをしにファミレスに入るとまたまた同年代の女性でほぼ満席状態。
これほどまでに、同じ場所に同じような年代の女性を集結させるとは、恐るべしキルト!

Dsc_558901

やはり中も混んでる。。。

Dsc_558501

そしてひときわ人だかりができているこのコーナーは…

Dsc_554801

三浦百恵さんの作品が展示してあるのでした。

作品の数も来場者の数もハンパない。
手芸用品やキルトのキッドを販売するお店も多数。

Dsc_556501

Dsc_557901

Dsc_557801

Dsc_557401

Dsc_55530101

まるで絵のように見えるけど、小さい布の縫い合わせですから、すごいです。
感心すると同時に、どれだけの時間を費やしたのかと考えると気が遠くなります。
何年もかけて完成させた作品もあるらしいです。

なんだか「絵を描く」という自分の作業が楽に思えてきました(笑)

2018年1月31日 (水)

美術館でバードウォッチング

三井記念美術館へ「国宝雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」を観に行ってきました。

Dsc_552102

小禽図のようなものを期待したのですが、鶏を描いた作品が多かったです。

国宝の、丸山応挙の「雪松図屏風」、すごかったです。

そして小さな作品ですが、墨だけで描いた小林古径の「木兎図(みみずく)」が一番気に入りました。
薄い墨で外側をぼかし羽毛のフワフワ感を表現していました。

美術館を出、「ミミズク、良かったな~」と思いながら町を歩いていると、散歩中のミミズクに遭遇!\(◎o◎)/!

Dsc_553001

あれ?フクロウ?
いや、でも羽角といわれる耳のような羽毛があるからやっぱりミミズク?

しかし笑えるのは、後ろの「炭火焼きとり大感謝祭」の旗。

美術館でバードウォッチングのシメは焼き鳥の旗なのでした(笑)

2018年1月30日 (火)

今年のセキセイインコたち

ブログには書きませんでしたが、昨年11月23日に、インコ3兄弟のとろが亡くなりました。
なのでインコ兄弟は、うにといくらの2羽。そして2016年に保護した養子のいずみ。その3羽となりました。

いずみちゃんはその後も元気に過ごしており、めでたく年を越しました。

Dsc_5385030101

都ちゃんを呼ぶとき、私が「みーちゃん、みーちゃん」と言っているのを聞いているので、最近では「みーちゃん、みーちゃん」と喋るようになりました。

うにいくら姉弟も元気に新しい年を迎え、七草のハコベをおいしそうに食べてました。

Dsc_541601

ところでこの時期換羽期なのか、3羽とも羽がよく抜けました。

羽は一枚一枚微妙に色が違い、とてもきれいなので、瓶に保存しました。

Dsc_55220101

Dsc_55250101

昔、インコ友達が、ボタンインコの羽で髪飾りを作ってもらったと見せてくれたけど、これで何か作れるかも。。。

そいえば、去年羽村動物園に行った時、落ちていたいろんな種類の鳥の羽を持って帰って、コラージュにしたけど、けっこうキレイです。

Dsc_50590101

鳥って、本当に鮮やかで美しい色をしていますね。

2018年1月27日 (土)

NHK全国俳句大会と句会

身の程知らずと知りつつ、NHK全国俳句大会に作品を応募したのが去年の9月。
大会は渋谷NHKホールにて先日の1月21日に行われました。
当然入選はムリな話とわかっていましたが、しかし雰囲気だけでも味わってみようと初めて参加してみました。

Dsc_548201

Dsc_54830101

人の多さにびっくり。
特に高齢者。みなさんがんばって俳句を習ってらっしゃるのね。

ステージには毒舌で人気の俳人夏井いつき先生の姿もありました。
しかし、私の席が二階の後ろの方なのでお顔は点にしか見えず残念。。。

今回は一般の部での応募は43785句もあったそうです。

特選の句を拝見し勉強になりました。

今回の大会の模様は編集して、NKH Eテレで2月10日(土)15:00~16:14放送予定だそうです。

さて、私が毎月参加している句会ですが、昨年末の句会では、自分が特選と選んだ句の作者にプレゼントをするという催しがありました。
私もプレゼントを選びましたが、特選として選んだのは先生の一句。
そして、私の句を選んでくださった方が3名。先生の準特選にも選んでいただき、プレゼントを4ついただきました。

Dsc_53870101

ありがとうございました!

まだ俳句を始めて2年。
いつもいつも読めない漢字や意味のわからない言葉や知らない季語だらけで、なかなか上達しませんが、あと10年くらい続けると少しわかってくるのでしょうか。。。

ボケ防止としてこれからも楽しんでいきたいと思います。

2018年1月19日 (金)

都のお気に入りの番組

都ちゃん、「岩合光昭の世界ネコ歩き」が大好きです。

Dsc_54790101
世界にはアタイよりもかわいい猫がたくさんいるのね。

Dsc_54720101
う~ん。この猫ならアタイの方がかわいいかも。

Dsc_54730101
どお?

「岩合光昭の世界ネコ歩き」は、猫視聴率もいいそうですcat

«小田原・熱海旅行