フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

2019年7月 2日 (火)

犬猫似顔絵 2019.6月

今回の似顔絵のご注文は、ヨークシャテリアのこまりちゃんです。
14歳で虹の橋へ。でもとても14歳には見えません。
かわいいです。

お顔は正面のアップで。
お洋服とシュシュはお気に入りのヒョウ柄で、というご依頼でした。

Img_20190702_060938

メッセージのお名前にもシュシュをつけてみました。
喜んでいただけました。

Img_20190702_061009_20190702141201

こまりちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ご注文ありがとうございました。

アトリエあさの「犬猫似顔絵」はこちらから。
すべて手描きです。
お顔のアップ4500円~。

 

 

 

 

2019年6月28日 (金)

「ヘルパーになった猫」予約受付中!

Img_20190624_125400

何か届いたにゃ。
クンクン。

Img_20190624_125328

にゃんだ?クンクン。

Img_20190624_125502

ジャーーン!

Img_20190628_154957

というわけで…♪
私、麻乃真純の2冊目の絵本「ヘルパーになった猫」が、来月7月上旬に発売になります。
文芸社より1200円(税別)です。
各書店、ネット通販などでお買い求めいただけます。

現在は予約の受付が始まっております。

1冊目の絵本「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」は、自費出版からのスタートでしたが、おかげさまで何度か増刷され現在では出版社管理となっております。

今回の「ヘルパーになった猫」も自費出版からのスタートです。

よろしくお願いいたします。

Amazonの麻乃真純の作品一覧はこちらから

 

 

2019年6月24日 (月)

高齢者施設でお絵かきボランティア(アジサイ)

近所の高齢者施設でのお絵かき教室のボランティア。
今月はアジサイです。

近所の空き家のアジサイが満開なのでその写真を撮らせていただき、参考にしてお手本を描きました。
前回のバラは時間内に完成できない方が多かったので、今回は簡素化。
薄く下塗りした上に彩色をしていただきました。

Img_20190621_185651

みなさん一生懸命描いてくださいました。

Img_20190621_185711

下塗りした上に塗ったことで立体感は出たけど、各自の色が出にくかったかも。
ちょっと下塗りが濃すぎましたね…(^^;)
次回はもっと薄めに下塗りをしていこうと思います。

Img_20190621_185732

 

 

2019年6月15日 (土)

高幡不動尊あじさいまつり 全国俳句大会に向けて

昨年参加した「高幡不動尊あじさいまつり 全国俳句大会」がおもしろかったので、また今年も参加しようと考え…。
一人ぶらりとあじさいまつり真っただ中の高幡不動尊へと吟行に行ってきました。

まずは門前蕎麦を食べて…

Img_20190613_135442

Img_20190613_135541_1  

今回投句した結果は8月上旬の「高幡不動尊あじさいまつり 全国俳句大会」で発表されます。
去年は2句佳作入選。
そして当日句の受付も行われ、先生方選句の後高得点者の表彰があったのですがこちらは全くダメでした(^^;)

Img_20190613_140058

毬のような西洋アジサイも美しいのですが、私は山の中に自生するヤマアジサイが好きです。
群生地もあるんですよ。

Img_20190614_125515_1

山の斜面にヤマアジサイがぎっしり咲いています。
「緑陰」「木下闇」「濃紫陽花」「やまあぢさゐ」などの季語といろいろな言葉を頭に浮かべたりくっつけたりしながら歩きます。
時々立ち止まりぼーーっとしている変なおばちゃんです。

Img_20190614_125559

Img_20190614_130123

Img_20190614_125728

Img_20190613_140228

Img_20190613_140612_1

Img_20190613_140327_1

ところで、あめんぼうは先日の小石川後楽園でもたくさん見かけたし、この高幡不動尊の池にもたくさん。
見ているとなかなかおもしろい動きをするし、「水馬」で一句作ってみようかな。

季語は日々勉強中。
句会に出ると知らない季語ばかりで未熟さを痛感します。
一日ひとつ覚えていけば10年くらいたったら少しはわかるようになるでしょうか。

2019年6月 7日 (金)

小石川後楽園の花菖蒲

吟行のつもりで一人ぶらりと、小石川後楽園へ。
今は花菖蒲が見ごろだそうで。

中はけっこう広くて緑が豊富、池も広いのですが、背景に東京ドームや高いビルがあるのが難点かな。でもそれは都内の庭園なのでしかたないです。

菖蒲田は小さめだけど花菖蒲はきれいに咲いてました。

Img_20190606_165755

Img_20190606_170003

Img_20190606_165644

緑陰は風情があります。
しかし俳句は浮かばない(^^;)

水連の池のそばでおにぎりを食べて一休み。
すると石の上で大きな亀が甲羅干しをしていて、首を持ち上げてるだけでなく両足をピンと伸ばして反っている!
亀のこんなおもしろいポーズは初めて見たので近づいてみると、後ろにいたご婦人が「まあ、おもしろい!こんな亀初めて見たわ!」とおっしゃるので「ほんと、おもしろいですよね。あ、こっちに来ると正面が見えますよ。正面から見てもなかなかユニークです。」などとお喋り。
ふと見ると、ご婦人は手帳とペンを持ってらしたので、もしやと思い「俳句をなさってるんですか?」と伺うとまさしくその通り。
今日は5人のお仲間と吟行にいらしたそうです。

その後は俳句の話になり、彼女たちのグループは来月鎌倉で吟行をするとのこと。
「いらっしゃらない?」と誘われ、連絡先を交換してお別れしました。

一緒に吟行をしてくれる仲間が欲しいと思っていたので、来月鎌倉にちょいと出かけるかもしれません(#^.^#)

その先はわかりませんが、亀が変な恰好で甲羅干しをしていたおかげで、ご縁に恵まれたかも(笑)

遠くからの撮影なのでボケてますが、こちらの亀さんです。
亀さん、ありがとう。

Img_20190606_165612

 

 

2019年6月 6日 (木)

高齢者施設のお絵かき教室ボランティア(バラ)

近所の高齢者施設のお絵かきボランティアは今回で2回目。
先月はチューリップ、そして今月はバラです。
バラ園ばっかり行ってるから写真はたくさんあるもんね~(#^.^#)

Img_20190606_151112

チューリップの時のように、下絵を描いてお渡ししそれを色塗りしていただくプログラム。
今回はざっくり下塗りをしてから濃淡をつけるという方法にしてみました。

Img_20190606_151208

私が描いた見本です。
下絵の右のバラは小さく描いて、利用者さんたちに花びらを追加して描いてもらおうと思ったのに、どなたもこのままでいいと(^^;)
しかし下塗りに時間がかかってしまい、濃淡をつけるまで至らなかった方がたくさんいらっしゃいました。

Img_20190606_151141

1時間の制限の中では、今回のプログラムはちょっと作業の量が多すぎたかも~~(^^;)

ということで、次回は薄く絵具で下塗りをしていったらどうかという提案をし、試しにそれでやってみましょうということになりました。
アジサイの予定です。
写真撮ってこなきゃ!

2019年6月 2日 (日)

神代植物公園バラフェスタ

いつもは深大寺入り口でバスを降り、お蕎麦を食べて深大寺をお詣りして神代植物公園…という流れだけど、今回は神代植物公園前でバスを降り、公園入口近くのお蕎麦屋さん「松の木」に。

こちらは住宅街にある隠れ家的な雰囲気で落ち着けるお店です。
しかし、食事を終えて出ると店の前には行列が!
人気のお店なんですねぇ。
だってこのボリューム!

Img_20190530_080816

小食の私はお蕎麦も天ぷらも友人たちに手伝ってもらいました(^^;)

今回は高校のクラスメートと4人でワイワイと集まりましたが、この年齢になると話すことは、病気のこと介護のこと墓のこと(笑)
みんな、腰が痛いの手が痺れるの胃がどうのコレステロールと体脂肪が…などと言っているけど、こうして集まってお喋りして食べて歩けることが嬉しいですね。

そしてけっこう大事なのは、共通の興味を持つ対象があること。
今回の4人はみんな植物が好きなのよね(#^.^#)

Img_20190530_081101

Img_20190530_081340

Img_20190530_081249

 

 

2019年5月21日 (火)

おお~きな貼り絵

お絵かき教室のボランティアをさせていただいている高齢者施設で、おお~きな貼り絵用の下絵を描いてほしいと依頼がありました。
利用者さんのKさんが、と~っても夢中になって毎週貼り絵をしてらっしゃるけど、満足できる下絵がないとのことで…
さらに、と~っても夢中になってらっしゃってすぐに完成しちゃうから、おお~きなもぞう紙に描いてほしいと。

さ~て、何を描きましょう。
やっぱり風景がいいかしら。
と、図書館で何冊か風景写真の本を借りてきて検討して、ヒマワリと富士山を描くことに。

Img_20190517_150341

下の写真を参考にして、上のようなイラストを描きました。
これは紙を貼るときの参考のイラストA4サイズ。

こちらが貼り絵用の下絵を描いたおお~きいもぞう紙。

Img_20190517_150455

2週間後に行ってみると…

Img_20190517_150643

おお!
Kさん、楽しんでらっしゃいます。
いつものように、と~っても夢中になってます。

Img_20190517_150537

少し手が不自由でらっしゃるので、リハビリになるのかも♪

「次は何を描いてくれるの?」って聞かれちゃいました(^^;)
いえいえ、Kさん、まだ白い部分がた~くさんありますから、出来上がってからまた描かせていただきますね。

2019年5月17日 (金)

生田緑地ばら苑とプラネタリウムと民家園と展望台と

かつては向ケ丘遊園だったという「生田緑地ばら苑」に行ってきました。
生田緑地には初めて足を踏み入れます。
藤子不二雄ミュージアム前でバスを降りしばらく丘を登れば、向ケ丘遊園だったころのなごりがそこかしこにあり、同行した神奈川県出身の友人は懐かしがっていました。

多摩丘陵の樹林に囲まれた「秘密の花園」は、たくさんの人で賑わっていました。

Img_20190516_065758

Img_20190516_065839

Img_20190516_070019

バラの種類によって香りが違うようで…
私はピンク系が一番いい香りに感じました。

Cimg9023

花の大きさがわかるよう手を添えてみました。

Cimg9024

Cimg9022

生田緑地にはプラネタリウムもあります。
上映時間に間に合うよう、林の中や坂道をせっせと歩き、「かわさき宙と緑の科学館」に到着。

Cimg9025

プラネタリウムは、シンプルで優しい内容で、天の川を見ながらちょっと眠くなりました(^^;)

その後少し離れたところにある「川崎市立日本民家園」へ。
消滅しつつある古民家を将来に残すために開園した野外博物館です。

土間のかまどや茅葺屋根など懐かしみましたが、いやいや広い!
登り下りの階段もあり、バス停→ばら苑→プラネタリウム→民家園でかなりの体力消耗(-▽-;)

しかしもう一か所行きたいところが。
せっかくここまで来たんだから枡形山の展望台に登りましょう!

ひーはー、ひーはー。
山を登ること20分ほどで頂上に到着。

Cimg9016

展望台に上がるも、高所恐怖症の私は壁にはりついたままで展望を楽しみ(?)ました。
運よく晴れていたので、スカイツリーも見えましたよ。

Cimg9015

この日の歩数は20980歩。

足の筋肉痛にはなりませんでしたが、翌日肩と首がバンバンに凝ってしまい…
大丈夫か?頸椎脊柱管狭窄症……(><)

 

2019年5月15日 (水)

桐生の隠れ家フレンチショコラ・ノアとふじのはな物語 その2

あしかがフラワーパークは、以前からテレビや雑誌でも話題になっているしバスツアーにも組み込まれているので、いつかは行ってみたいと思っていました。
やっと実現!

しかし残念!
メインの大藤や八重藤はやや見ごろが過ぎてしまっていて、白藤のトンネルも白い藤が茶色くなり始めていました。
それでも藤のいい香りは健在で、花もまだ咲いている部分が多くありました。

Cimg8958

Cimg8957

Img_20190511_103356

Cimg8956

Cimg8954

白藤の滝はまだまだ見ごろで、すばらしかったです。

Cimg8961

藤以外にもたくさんの種類の花をふんだんに植えてあり、藤の季節でなくても楽しめるようには工夫しているようです。

Img_20190511_103326

Cimg8959

ゴールデンウィークを避け5月10日に行きましたが、そこそこ混んでました。
やはり外国人観光客が多いです。
おととしのゴールデンウイーク中に行った友人は、ものすごい混雑でトイレも長蛇の列だったと。
そして去年4月末に行った友人は、藤はまだ見ごろではなかったと。しかし混んでいたと。
そうなると、藤の見ごろの時期は混雑に耐え、多少混雑を避ければ見ごろが過ぎている…ということでしょうか?

数年前にあしかがフラワーパーク駅もできたので、次回はタイミングを見計らい電車で行ってもいいかなとも思ったけど、見ごろを迎えたすばらしい大藤をゆっくりのんびり見物するのは、難しそうですね…(^^;)

«桐生の隠れ家フレンチショコラ・ノアとふじのはな物語 その1