フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 都ちゃんの新居 | トップページ | 肝臓のお薬飲むことにしました(#^.^#) »

2011年6月26日 (日)

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の疑いについて

なずなが、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の疑いがあり、1時間病院にあずけてさらに詳しい血液検査をした結果…

確定ではないけど、疑いがある…とのことでした(^^;)

まず、クッシング症候群とはどんなものか、本を買ってきて調べました。

「副腎から分泌されている3種類のホルモンのうち、コルチゾールを過剰に分泌する疾患」とのことです。

原因としては、ステロイド剤などの薬物を長期間投与したために、副腎自体が分泌をやめてしまい、最悪機能しなくなってしまった場合。自然発生の場合は、副腎皮質からのホルモン分泌をコントロールしている脳下垂体に異常がある場合、または副腎そのものに腫瘍などができている場合があるそうです。

なずなの場合は、脳下垂体や副腎皮質に腫瘍があるような高い数値ではないので、この可能性はないようです。

前回レントゲンを撮った時、肝臓が腫れていたので、脂肪肝だと言われました。

なので、治療法としては、肝臓の薬の複合剤を飲み、その後再び検査をするという方法があるとのことです。

もうひとつの治療法は、クッシング症候群の薬を飲んでみる。そして、数値が下がったらこの病気だということになる…というものです。

ただし、それは、副腎皮質を破壊させる薬なので、量が多すぎると逆に機能低下症になってしまうとのこと。強い薬なので慎重に扱わなければならないとのことです。

その二つの治療法のどちらかを選択するように先生に言われています。

今は、本を読んだりネットで検索したり、勉強中です~coldsweats01

今のところは、副腎を破壊させるような強い薬は飲ませたくないな~というのが正直な気持ちです。

もう一軒別の病院に行ってみるのもいいかもな~とか、東洋医学を取り入れた治療はどうかな~とか、いろいろ考えてます。

Dscf6625 痛くないのにしてね~。

なずな本人は元気です(#^.^#)

ご飯はあいかわらず手から食べてますが、クッシング症候群の症状(腹部の肥大、食欲増加、多飲多尿、左右対称の脱毛、色素の沈着、感染症、ふらつき、筋力の低下など)は見られてません。

これらの症状はかなり重篤になってからの症状なのかも。。。

ところで、以前スタコ・ラスタさんに作ってもらったなずなのフィギュアですが、アトリエに飾っておいたらネズミにかじられてしまいました!shock

Nazunaf1

Nazunaf2

かじったカスがそばに落ちてます。

近くにネズミのフンがあったし、以前にもお菓子の袋をかじられたことがあるので、犯人はネズ公に違いありません!

しかし、素材は粘土なのになぜ~~sweat01

なずな…厄払いとかした方がいいでしょうか…weep

« 都ちゃんの新居 | トップページ | 肝臓のお薬飲むことにしました(#^.^#) »

コメント

副腎皮質機能亢進症の判定って難しいんですね〜sad
疑いがあるのでさらに詳しく調べた結果、やっぱり疑いがあるって…、
飼い主としてはハッキリして〜!って思っちゃいますね〜。sweat02
なずなちゃん自身が今その病気の症状で苦しんでいるのであれば、
「この状態を長引かせる訳にはいかない!」と、決断も出来るのでしょうが、
症状が特に出ていないのに、強い薬を使う治療に踏み出すというのは難しいことですね…。
後で後悔をしないためにも、納得がいくまでいろいろな先生の意見を聞いてみるのもいいと思います。
私も空が悪性リンパ腫で余命を宣告された時、その後空がより楽に過ごすためにはどうしてあげたらいいのか、
いつもの2つのかかりつけの病院の先生と、さらに腫瘍の専門医の先生にサードオピニオンをお願いしました。
検査をまた受けるのは本犬が負担なので、かかりつけの先生に検査のデータなどを貸し出していただいて、
持っていってお話をうかがいましたが、
「○○先生のご意見を聞いてみることも良いことだと思いますよ!」と、心良く送り出して下さいました。
結局かかりつけの先生と同じご意見だったので、新しい治療法などが見つかったりはしませんでしたが、
やれることはこれしかない!と先生を信じて、覚悟を決めて治療にのぞむことができて、
自分の気持ちの整理がついて、受けて良かったと思いました。
それから、ずっと西洋、東洋、両方の治療を受けていた空の場合ですが、
とりあえず急を要する激しい症状の時は、西洋医学の力で対処してもらって、
副作用の強い薬をずっと飲み続けても症状が抑えられない、改善出来ない、とかの慢性的な症状の時に、
東洋医学の方からアプローチしていただいて、効果を出していただきました。
(抗てんかん薬の効かない難治性の発作や、手術が出来ない頸椎のヘルニアからくる左半身麻痺など)
両方の良いところを生かしてもらう、得意分野のいいとこどりをさせてもらうのがベストかなと…。
なんだか、長々とコメントしてしまってすみませ〜んsweat01
なずなちゃんがこれからも笑顔で過ごせることを願っています! がんばれ〜なずなちゃん!

わんこにも人間並にいろいろむずかしい病気があるのですね。
飼い主は悩むところですけど、よくよく考えこうと決めたら突き進むしかないですね。
私もほとんど先生にお任せしてますけど、家ではヒマさえあれば、元気になれと念をこめながら
マルクの体全体をマッサージしてます。
非科学的かもしれないですけど、人間の手にはすごい力があり、まれに奇跡的なことがおこるらしいですから。。paper

クッシングのお薬は、匙加減がとても難しくて、最初のうちは目が離せません。
病院によっては預かるところもあるようです。
量が多いと倒れちゃうんですよね…
私だったら…と、考えてみたのですが、
多分、他の病院で相談してみるな~
ただ、度々の血液検査やレントゲンでを撮るのはなずなちゃんにもよくないし、経済的にもよくないので、
検査の資料をお借りすると思います。
すご~く、言い出しにくいけど…ね。
 
ネズミさんにかじられた~!!
都ちゃんの活躍に期待しましょう~!!
頑張れ~都ちゃん!

やはり疑いはあるんですか~sweat01
今からクッシングのお薬を飲んでみる・・と言うのは、
ちょっと心配だなと思います。
他の方法の方が良いんじゃないかな~
そこでは1時間預けるだけでいいんですね。
少し話しましたが、お友達のワンコがつい最近検査した時は、
半日預けて検査だったと思います
その後も、何回か半日がかりの検査をしてたと思うけど・・
何回か検査して、かなり時間がかかってから、
クッシングと分かったそうです。
分かるまでにもこんなに時間がかかるんだと驚いたんですよ。
やはり、お薬の調節も難しいようですよね。
クッシングだと分かるまでに、時間のかかってるワンコが多いです。

なずなちゃんも、今なら何も症状出てないし、
もしもクッシングだったとしても、
早く分かった方が良いだろうし、
他の病院に行ってみるのも良いと思いますよ。

クッシングは検査も高いらしいので、
評判を色々聞いてから、行ってみた方が良いかも~。

東洋医学も私も色々調べたことあります~
良い所があれば、行ってみるのも良いと思いますよ

そうそう、病院によっては、クッシングの検査は大変だから、
しない所もあるそうです。
なので行く前に電話して、検査の時間や料金を聞いた方がいいと思います~

でもでも、なずなちゃん、なんでもないといいですね~!

あらま、なずなちゃんのフィギュアが~coldsweats02
粘土なのに、美味しく見えちゃったんでしょうかね~sweat01
ボンドでくっつけて直せそうですか~?

 粘土のフィギュアをなんでかじるんだろぉ~  ねずみぃ~~~    歯が痒かったのかなぁ~
おもわず  そこかよ! って わたったけど  世界にただ一つの フィギュアなのぃ~~ 残念 
今更だけど   ガラスケース作る?

ribbonCooさんへ

ありがとうございます!
Cooさんも空ちゃんのリンパ腫の時、とってもがんばったんですね!(#^.^#)
空ちゃんへの愛情がとっても深いんだな~ってしみじみ感じます。
空ちゃん、ほんとに幸せでしたね。
パンちゃんとの経験から、空ちゃんに対しての治療をがんばったんですね。
でも、パンちゃんもとっても満足して天国にいると思いますよ。
飼い主って、何をやっても「もっとこうすればよかったかな~」って考えちゃうんですよね。。。。
でもワンコは十分飼い主さんの愛情を感じていると思います。

経験談を話してくださってありがとうございます。
参考にさせていただきます♪

ribbonnaokoさんへ

いっしょに、タカツカヒカルになりましょう!
…って知ってるかな?
映画にもなった、気功師です。手をかざすだけで病気が治っちゃって、たくさんの行列ができてしまった人です。
ママの愛情は必ず手から伝わります!

ribboncoocoさんへ

いろいろありがとうございます。
参考になりました。

クッシング症候群は、断定するのがむずかしそうですね。
で、そうとわかった後でも、薬を出すまでにまた検査しなければならないみたいです。

こうなったら、ホ・オポノポノとハンドヒーリングでがんばります!(≧∇≦)

フィギュアは治してくれるそうです。
ボンドじゃなくてまた粘土を盛って削って彩色だと思います。また時間がかかりそう~(>_<)
まさかネズミがかじるとは思ってませんでした~。

ribbonヒデッチさん

ご意見ありがとうございます♪
参考にさせていただきます。
今日、別の病院に行ってきたので、記事にしますね。

フィギュアはアトリエにあって、都ちゃんは自宅のピロティーに住んでいるのです(T_T)
都ちゃんをアトリエにつれていこうかな。。。(^^;)

ribbonballoon-papaさんへ

なんで毎回ハンドルネームが変わるんじゃいangry

ケース買いますよ。
まさかネズミが出るとは…。。。
前足がおいしそうだったんでしょうか。。。(--;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/40553022

この記事へのトラックバック一覧です: 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の疑いについて:

« 都ちゃんの新居 | トップページ | 肝臓のお薬飲むことにしました(#^.^#) »