フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 梨狩りと碓氷峠・磯部温泉(その1) | トップページ | 12歳になりました。 »

2011年10月23日 (日)

梨狩りと碓氷峠・磯部温泉(その2)

東京土建組合杉並支部バス旅行の続きです。

磯部温泉には大きな川が流れていました。

経費削減でガイドさんがいないのでなんという川かわからなかったのですが、家に帰ってネットで調べてみたら、碓氷川のようです。

Dscf8181

きれいな水です。
魚がいます。

Dscf8182

思わず、靴を脱いで川に入ります。

Dscf8183

(顔がわかりにくいよう、画像が小さくなっています。)

いい年してこういうことをする人がいるので、こんな立て札が。

Dscf8186

裏側にはこんな戒めが。

Dscf8188_2

怖いです。
すぐに陸に上がりました。

おなかがいっぱいになり、温泉にもつかって眠くなったところで再びバスに乗車。

ウトウトしかけたらすぐに目的地に到着。
「碓氷第三橋梁」通称「めがね橋」です。
眠い目をこじ開けて遊歩道を歩くと、めがね橋が見えました。

Dscf8193

めがね橋に関しては、前日にネットで下調べをしておきました。

碓氷峠の代表的な建造物で、国鉄信越本線横川駅ー軽井沢駅間の橋梁の一つです。
使用された煉瓦は200万個に及び、現存する煉瓦造りの橋の中では国内最大規模で、重要文化財に指定されています。
長野新幹線開業に伴い廃止され、現在では橋の上は遊歩道になっています。

Dscf8194

Dscf8195

階段をゼイハアいいながら登っていくと、橋の上に着きます。

Dscf8199

階段で息が切れて足もヨロヨロしているので、カメラも曲がってます。

Dscf8196

この先のトンネルにも入ることができます。

Dscf8198

Dscf8197

トンネルの中って独特の雰囲気ですね。
ちょっと怖いです。

帰りのバスの中では爆睡でした。

バス旅行は楽でいいですね。
でも次回はガイドさんに来てほしいです。

家を出たのは朝の6時半。帰宅したのは8時過ぎ。
リウマチになっちゃって、ややボケてきちゃった90歳のばあちゃんと、なずなを置いて、とうちゃんと二人ででかけるのは心配でしたがなんとかなりました。
なずなは、サークルに入っていればちゃんとお留守番できるんですが、問題はばあちゃんで…
朝ご飯と昼ご飯をお弁当にして、朝飲む薬と昼飲む薬を分けて置いておいたのですが…
ご飯は残ってるし、薬もちゃんと飲んでなかったようです(^^;)

« 梨狩りと碓氷峠・磯部温泉(その1) | トップページ | 12歳になりました。 »

コメント

お風邪の具合はいかがですか〜? 熱は下がってきてるといいのですが…。
バス旅行の様子の第二弾、一緒に旅行している気分で楽しく読ませていただきました〜♪
…が! 立て札の裏の人形? な、何なんでしょう…?coldsweats02
ホントなにやら怖いですよね〜。
めがね橋、立派ですね! 
ナナメになっている画像もそこに着くまでの大変さがにじみ出て臨場感タップリですよ〜。happy02
確かに、トンネルって一種独特の雰囲気があって、私もちょっと怖いな〜って思ってしまうことが多いです。
霊感なんて全然ないんだけど…。coldsweats01

ribbonCooさんへ

ご心配ありがとうございます。
熱は昨日でさがったんですが、今日は咳と鼻づまりに悩まされてます。

でもCooさんがかかった風邪よりは軽いかも~。

この日記も、風邪をひく前に下書き保存してたのでアップできましたscissors

川の立て札の裏のお人形、怖いでしょ~。
水死した人のモデルかな~と思って、ゾッとしました。
効果バツグンですね。

トンネルは、ず~っと中を歩いて行った人もたくさんいたんだけど、私は入口でリタイア。
なんか怖いですよね。

バス旅行はラクチンでいいですsmile
重い荷物を持たなくてもいいしね~。

こんにちわ! この 碓氷峠の橋は あの 吉永さゆりさんが

JRのCMで訪れているところ

碓井川で突っ立っているのは?

吉永さん?  じゃなかった ままちゃんだ

少し 太った?

そんな 失礼な事は どうでもいいけど
  
どうやら ままちゃんには 江戸東京建物園につづき

私の行きたいところを ことごとく

先に 制覇されて ます (笑)

ところで 碓氷峠の鉄道博物館は 寄らなかったのですか?

ribbonballoon papaさんへ

ああ、なんだか「ここがあの有名な場面の撮影スポット」みたいな看板があったけど、吉永小百合のCMでしたか。知らなかった~。

あら、私、吉永小百合に見えた?もっと美しくて若いんですけど…(笑)
はいはい。太りましたよ(○`ε´○)
でも2キロだけだよ。よくわかったね~。

鉄道博物館はバスの中から横目で見ました。
ツアーって、予定が組まれちゃっていて時間通りに動かなきゃならないのがちょっとつまんないね。
でも、ラクチンでいいわ~♪

江戸東京たてもの園はよろしければご案内できますよ(#^.^#)
そちらからはかなり遠いけど…。

良い感じにお酒も入って楽しそうですね~。バス旅行の醍醐味ってやつでしょうか。
我が家が先日行った軽井沢方面の旅と、結構かぶっている感じですよ!
ウチのブログには詳しくは書きませんでしたが、
やっぱりゼイハア言いながら階段を登ったりトンネルを歩いたり、
当然、吉永小百合スポットで写真を撮ったりもしました♪
また旅行に行きたくなってしまいましたよ。

私はおぎのやの釜飯を初めて食べて、その美味さにハマってしまったんですが、
美食家のなずなママさんには普通でしたか?(^^;)

ribbonポリー・パパさんへ

あら、かぶってましたか~(#^.^#)
ここは軽井沢と近いんですね。
軽井沢も新幹線でしか行ったことがないので(しかも一度きり)位置関係がよくわかりませんが…(^^;)

来世は若いころにぜひ、運転免許をとりたいと思います。
それにはもうちょっと運動神経が発達している人間に生まれなければ…。

おぎのやさんの釜めしはおいしかったですよ~♪
ちいさなつづらは、おじいさんが雀のお宿からお土産にもらったもので、家に帰ったら大判小判がザックザクという物語。私のちいさなつづらもそうかな~と思ったら釜めしでした~というオチだったんです。
でも、この記述だと誤解を受けやすいですよね。
おぎのやさんに失礼にあたるとまずいので、書き直しておきました(*^^)v

バス旅行の様子、にんまりしながら拝見しました~
お天気も良くなってよかったですね!
色々盛りだくさんで楽しそうです。
朝から飲めるお酒も嬉しいですねっ^^

トンネル、ももは苦手みたいです。
寝てても(車に乗ってる時)、トンネルに入る前に起きて
出るまで立ち上がって緊張していますよ。

ribbonほぢさんへ

お返事が遅くなって申しわけありませんでした~(>_<)

バスで連れて行ってもらえるというのは、楽でいいですね~♪

ももちゃん、トンネルが嫌いですか?
暗いからかな~。
車で寝ていても起きちゃうんですね。
出るまで心配なんでしょうね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/42587667

この記事へのトラックバック一覧です: 梨狩りと碓氷峠・磯部温泉(その2):

« 梨狩りと碓氷峠・磯部温泉(その1) | トップページ | 12歳になりました。 »