フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 都ちゃんの水飲み場に花が咲く | トップページ | ありえないシーン »

2011年11月19日 (土)

藤子・F・不二雄ミュージアム

小田急線登戸駅からバスに乗ったら…

Dscf8604

Dscf8605

「次降ります」のボタンも、つり革も、ドラえもんですよ~。

目的地に到着すると、たくさんのお客さんが降りて…

Dscf8606

着いたところは、川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」。

Dscf8610

一階と二階は展示室になっています。

写真撮影は禁止なので画像はありませんが、藤子先生の原稿や、作品にまつわるエピソードなどを展示していました。

同じ漫画家でも私とは大違いだわ~~wobbly

こんなミュージアムが建つくらいの偉業を成し遂げた先生は、さすが16歳の時の投稿作品もすごい!

あの、漫画の神様、手塚治虫先生も「僕が負けるかと思った」と言っていました。

私も、初めて投稿したのは高校一年の時でしたが、お恥ずかしい作品でとても世に出せません(>_<)

漫画に対するエネルギーと、漫画を描く意義をご自分の中でしっかり把握しているところが、凡人の私とは全く違うところです。

藤子・F・不二雄先生は、62歳で亡くなったのですが、次の作品を手掛けている最中、机に向かいペンを持ったまま亡くなったそうです。

もしかしたら、ちょっと体調が思わしくないな~と思いながらも、それよりも作品に対する情熱が強く、ずっと机に向かってらしたのかもしれません。

私だったら、ちょっと肩コリがひどくなった程度で、もう机から離れてのんびりまったりしてしまいますcoldsweats01

そんな私でも、30代から40代は漫画の仕事が忙しく、友人と会ったり、行きたい所に行ったり、やりたい事をやったり、描きたい絵を描いたりする時間があまりなかったんですよね~。
その欲求不満が蓄積して、50歳を過ぎた今では、自分のための時間を優先しています。

そのへんが違うんだろうな~。

でも、こういう偉業を成し遂げる漫画家は、たくさんの漫画家の中のごく一部だと思います。
漫画家デビューできるのも、漫画好きの中のごく一部です。

私がデビューした頃は、漫画家になりたい人はごく一部で、漫画の描き方すらほとんどの人は知りませんでした。
でも今は、漫画家志望が星の数ほどいます。
画材屋では、漫画を書くセットが売られているし、漫画の描き方の本もたくさん氾濫しているし、パソコンで漫画を描けるソフトもあるしで、小学生でも漫画の描き方を知っています。

なので、ちょっと好きならすぐに漫画を描くことができるので、「漫画家になりたいな~」っていう人は増加していると思います。

先日テレビで「今はプロの漫画家になれる確率は0.003%」だって言ってました。

これからも漫画家の数は増えると思いますが、その分、希少価値である藤子先生や手塚先生のような漫画家は現れないような気がします。

展示室の原稿で、第一話目を展示したコーナーがあったのですが、「パーマン」の第一話はおぼろげながら覚えていました。
私が小学生の高学年のころ小学館の「小学○年生」で読みました。
なつかしい!

「オバケのQ太郎」を読んだのも小学生の低学年の頃の「小学○年生」。
私が初めてマネして描いたキャラクターはオバQでした。
さらになつかしい!

その後アニメがテレビ放送されましたが、白黒テレビでした(^^;)

パーマンもオバQもリメイクされたので、昔の主題歌を知らない人がいるかも~。
こんな曲ですよnote
やっぱり画像は白黒です~happy01
なつかしいsign01

オバケのQ太郎
http://www.youtube.com/watch?v=UPyXFj9z8Ss

パーマン
http://www.youtube.com/watch?v=vJmvXdrgAaI

どちらも、今でも歌えますよ~smile

展示を見終わると、みんなの広場があります。

Dscf8607_2

シアターもあります。
10分ほどの上映ですが、よくできていました。

そして屋上。

Dscf8608

Dscf8609

「どこでもドア」でどこかに行けるとしたら、どこに行こうかな。。。

ちょこっと、白黒テレビのオバQとパーマンの時代にもどって、そして…

やっぱり、「今」の「ここ」がいいような気がします。

« 都ちゃんの水飲み場に花が咲く | トップページ | ありえないシーン »

コメント

0.003%!?
ほとんど0に近い数字じゃないですか!
昔はもう少し高かったかもしれないけれど、その中でプロになったなずなままさんもすごいsign03

オバケのQ太郎にパーマン
なつかしいですね~
絵心のない私もオバQの絵はよく描いてましたよcoldsweats01

オバQとパーマン懐かしいですねえ(年代がバレバレ)←この言い方が古い?f^_^;
私は どこでもドアがあればさくら達が生まれる瞬間に立ち会いたいなあ(*^^*)

外国にも行ってみたい。 苦手な飛行機(高所恐怖症)に乗らなくても行けるのが嬉しい(^w^)

ribbonnaokoさんへ

私がデビューした頃は漫画家志望の人なんてごく一部の限られた人たちで、とにかくマイナーだったので、漫画家になりたい人から漫画家デビューできる確率は、今よりグッと低かったと思います。
なので、そんなにすごくないですよ~(^^;)
すごいのは、世間一般に名前を知られるようになるくらい活躍した人たちです。
ほとんどの漫画家は、雑誌で毎回作品が載っていても、世間一般の人たちは名前を知らないですから…。

やはりオバQ描いてましたか~(#^.^#)
誰でも描けるようなキャラクターを生み出すのも才能の一つですね~♪

ribbonふうこさんへ

あら~♪
ふうこさんもオバQとパーマンなつかしいですか(#^.^#)
もしかして、白黒じゃなくリメイクしたカラーのアニメじゃないですか~?

そうですね。
私も飛行機苦手なので、飛行機に乗らないで外国に行けると嬉しいかも~♪
長時間我慢しなくても一瞬で行けちゃうしねscissors

なずな・ままさんの初投稿マンガ見てみたいですね(^^)

オバケのQ太郎やパーマンの頃はマンガを描くなんて
思ってもみないでただマンガを見てた
僕が始めて真似して書いたのは
ハレンチ学園の柳生十兵衛(^_^;)
まったく絵心なくてヘタクソでした。

可愛いバスですね〜♪ 降りる時のボタンもつり革もドラえもんなんですね〜。happy01
ミュージアムも立派〜! 
屋内の展示だけじゃなくて、外のどこでもドアとかいろいろ楽しいミュージアムですね♪
ドラえもん、子供の頃漫画を買って一生懸命読んでました〜。懐かしいな〜。
漫画家さんって、絵がお上手なだけじゃなくて、
その作品の世界を創造して魅力的なストーリーを作る作家さんのような作業もされていて、
本当に様々な能力が秀でた方々なんだよね〜って、いつも尊敬している職業です。
プロになるのは本当に狭き門なんですね〜。スゴイなぁ…!
どこでもドアがあったら…、ポメのお友達のところに次々とドンドン現れて、
ビシバシ抱っこしてモミクチャ〜にしてモフモフを堪能させてもらうかも〜。smile

ribbonkuniさんへ

いえいえ、私の投稿作品はとてもとても恥ずかしくて人様にお見せできるものではありません(>_<)

ハレンチ学園ですか~。
私は見てませんでしたが、永井豪先生ですよね。
マネして描くくらいだから、kuniさんも絵がお好きなんですね(#^.^#)

ribbonCooさんへ

よくできたミュージアムですよ!
人数制限があって予約をしなければ入れないので、あまり混雑しないようになっているし、スタッフの誘導もスムーズでした。

おはなしデンワというのを渡されるんですが、一人づつそれを耳にあてて説明を聞くことができます。

そうなんです。
ストーリーを作るのが大変なんです。
この、わずかな脳みそをフル活動させても、もともと頭脳明晰じゃないので、とてもむずかしくて、苦しいです(>_<)
他の漫画家さんはすっごく頭がいいんじゃないかな~、こんなに苦しんでるのは私だけじゃないかな~なんて考えてしまいます。

そうですか!
Cooさんは、お友達ポメちゃんのところを回って、抱っこしまくり~ですかhappy02
そしたら我が家にも来てくださいね~。
なずなは無愛想で飼い主以外の人に抱っこされると固まっちゃうので、今から訓練しておきますねscissors

ドラえもんバス、可愛いですねぇ~^^
ミュージアムも素晴らしい!子供から大人まで楽しめそうですね。
私も行ってみたい!!
Qちゃんとパーマンの曲、聴いてきました♪
Qちゃんは歌えますが、パーマンはこの曲はわからなかったぁ。
懐かしくて、また観てみたくなりましたよ。
どこでもドアが使えるなら、私もももと一緒に
ブログのわんこ友達に会いに行きたいなぁ~^^

すっかりご無沙汰してしまいました^^;

私もオバケのQ太郎やパーマンが懐かしい~~~♪(もうちょっと昔だけど)
どこでもドアが有れば今は何処に行こうかしら?
きっとデニーを連れてだけどねっ(*^0^*)
それにしても楽しそうなミュージアムですね♪

漫画家さんになりたい人がデビューする大変さ!
今は器用に描く人達が多いけれどその中でもなずな・ままさんを尊敬です。

ribbonほぢさんへ

オバQもパーマンもなつかしいですよね♪
パーマンの曲はわからなかったですか?
それはほぢさんが若いからですよ~(#^.^#)

どこでもドアで、ブログのお友達のところに行ってみたいですか?
じゃあ、うちにも来てくださいね~♪
ほぢさんのところと我が家は遠いですもんね~。
どこでもドアなら瞬時に移動可能ですもんね~。
急にほぢさんとももちゃんが現れたらびっくり!うれしいです!happy02

ribbonデニーママさんへ

デニーちゃんギブスがとれてよかったです~♪

これで一安心ですね。
デニーママさんもいろいろとご心労が重なって大変でしたね。

このミュージアムはよくできていてすごく見ごたえがありました。
予約制なんですよ。
やはりオバQとパーマンは懐かしいですか(#^.^#)

どこでもドアがなくても、これからもデニーちゃんと一緒におでかけできてほんとによかったです♪

bellごぶさたでしゅ!  めっきり寒くなっちゃって  体調崩してなさそうで

ちょっと 安心!  

川崎にこういうところがあったのさえ知らなくて

知っていても 一度しかいったことのない ジブリ美術館みたいな感じかなぁ~

ままちゃん アクティブだよなぁ~  

私も 出かけなきゃ!

ribbonballoon papaさんへ

寒くなったよね~(>_<)
おかげさまで、たまにめまいがする程度で、元気です。

ここは友人に誘われて3人で行ってきました。

アクティブかな~?ひきこもりの方だと思うけど…(^^;)

ジブリはまだ行ったことがないです。こっちの方が近いのに…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/43069637

この記事へのトラックバック一覧です: 藤子・F・不二雄ミュージアム:

« 都ちゃんの水飲み場に花が咲く | トップページ | ありえないシーン »