フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 特撮博物館 | トップページ | 子猫の保護 その2 »

2012年8月13日 (月)

子猫の保護 その1

数日前、我が家のピロティーから子猫の声が聞こえました。
ピロティーは、夫が石屋さんをやってるので、その材料とか道具とかいろんなものが置いてある物置のような状態。

そこでノラ猫さんが子猫を産んでしまったようです!shock

声は2匹いるように聞こえます。
姿は見えません。
困った!どうしよう…
と、思っているうちに、子猫の声は聞こえなくなりました。

その後、近所の友人Tさんが、白黒の猫が子猫をくわえて歩いているのを見たそうで…

どうも、お母さん猫が子猫を連れて移動している模様。

すると、数日後また、我が家のピロティーで子猫の声が聞こえます。
やはり2匹いるように聞こえます。

どうしよう~~。

その後、声は1匹だけになりました。

お母さんが1匹だけ連れて出て行って、1匹置き去りになったんでしょうか?
気になって行ってみると、このあたりから声がします。

Cimg3415

懐中電灯で照らしてみると、白黒の子猫の姿が見えました。

Cimg3414

子猫はず~っと鳴き続けていて、その夜も一晩中鳴き続けていました。
お母さんが来ないようです。
おなかがすいてるんですね。
気になって、猫の夢を見てうなされてしまいました(--;)

朝になっても、子猫は1匹のままで、やはりずっと鳴き続けています。

もがいて外に出たいようなので、夫にこの重い道具をどかしてもらい、子猫を救出。

Cimg3417

目は空いてます。

なずなのキャリーに入れると、ず~っと鳴き続けています。
ちっちゃい!

Cimg3416

友人Tさんも、子猫を見にやってきました。

そして、猫好きのお友達Sさんに連絡してくれて、Sさんもやってきて、Sさんが子猫を飼ってくれることになったのですsign01

よかった~~happy01note

その後、動物病院に子猫を連れて行きました。

Cimg3420

健康チェックをしたけど大きな問題はなさそう。
よく鳴くし、元気です。

Cimg3418

体重170グラム。
生後2週間くらいたっているとみられるようですが、ちょっと痩せぎみだそうです。

病院でミルクを飲ませてもらい、子猫はSさんにひきとられていきました。

よかった~heart04

ところで、都ちゃんは女の子なんだから、子猫の声に反応するかと思ったら…

Cimg3421

全くの無関心。
冷房のきいた部屋でグウグウ寝てました(-▽-;)
都ちゃんがおっぱい出たらいいのに~とひそかに考えたけど、幻想に終わりました。

(つづく)

« 特撮博物館 | トップページ | 子猫の保護 その2 »

コメント

子猫ちゃん、置き去りだったみたいですね。かわいそうに。
でも、飼ってもらえるお家が見つかってよかったです。
野良さんは自由かもしれないけど、やはり飼ってもらえる方が安心ですよね。
よかった。

うわわわ〜〜!! すごいニュースですね〜〜!!
子猫ちゃんの保護をされたんですね〜!!happy02
ハラハラどきどき、興奮しながら記事を読ませていただきました!
お母さんにゃんこ、1人だけ忘れいっちゃったんですかねぇ…??sweat02
「あれ…? あたしの子はもちょっといた気がするけど…ま、いっか♪」
なんてうっかりお母さんだったのかなぁ…。coldsweats01
この暑い中、小さな体でず〜っと鳴いて頑張っていた子猫ちゃん、
ままさんに救出してもらえて、本当に良かったです〜。
飼い主さんもスムーズに見つかって良かったですね〜♪
ホントはままさん宅のニューフェイスになって成長記録が見られたらいいのに〜って一瞬思いましたが、インコ一家がいますもんね〜。
あれ、都ちゃん、無関心でしたか〜。coldsweats01
つづきの記事も楽しみにしてま〜す♪

ribbonベルのお姉ちゃんへ

ありがとうございます。

私もほっとしました。
どうしようかと途方にくれていたので…。

うちはなずなとインコ5羽と都ちゃんでせいいっぱいです~sweat01

その後の幸せな様子も、続編でお知らせします~(#^.^#)

ribbonCooさんへ

子猫の声が鳴き続けていた時には、夢でうなされたほど、どうしていいのか悩んでいたんですよ~(>_<)
でも、里親さんがスムーズに見つかって、ほんとに感謝しています。
きっと、運の強いコなんですね!

続編も楽しみにしてくださいね!
もう一匹の子の情報もあるんですよ♪

我が家の近所の方々は、動物にやさしい方ばかりで、ほんとにうれしいです。
ご近所の情報がなければ、自分一人ではどうすることもできませんもんね。

お母さん猫はその後どうしているのか、全く姿を見ないんです。

白黒のすごくビビリな女の子で、なんと、この気弱な都ちゃんより弱くて、都ちゃんににらまれると逃げちゃうくらいビビリなんですよ。
以前、私と目が合ったことがあるんですが、その瞬間ピューーーッって逃げちゃいました(^^;)

避妊できればいいんだけど、あのビビリじゃとてもつかまりそうにありません。。。

ハラハラドキドキな話題でしたが、
子猫ちゃん、無事救出されて、いい人にもらわれたようで
ホッとしました。
お母さんにゃんこはビビリさんなんですね。
また同じあやまちを繰り返さなければいいけどね。。

ribbonnaokoさんへ

子猫、ほんとにタイミングよくいい人にめぐりあえて、よかったです~。

お母さん猫はその後見てません。
なぜ子猫を放棄しちゃったのかわからないけど、、、体調をこわしちゃったのかな~と心配してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/46590707

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫の保護 その1:

« 特撮博物館 | トップページ | 子猫の保護 その2 »