フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 東京駅とルノワール | トップページ | 上野に春が…♪ »

2013年3月14日 (木)

日本画勉強中

数日前は夏日でめちゃめちゃ暑く、昨日は強風で台風なみの風の強さ。
で、今朝はアラレが降ってました。
なんじゃ、この天気は~~~(>_<)

Cimg6647

窓のひさしに落ちたアラレの画像です。

ん?アラレでいいの?ヒョウ?霰と雹はどう違うの?
と思って調べてみたら、5㎜未満のものが霰でそれ以上は雹のようです。

ところで…
去年の7月から日本画教室に通っているですが、まったく技法を覚えられず…bearing

というか、カルチャーセンターなので生徒数が多く先生がお忙しく、待ちの状態が長く、大声で「せんせい~~!私のを見てください!」と呼ぶ勇気もなく……(^^;)
日本画は、岩絵の具(粉状)をお皿にとって膠で溶いて使います。膠は電気コンロなどで溶かしながら使います。
岩絵の具は高価なので、新岩絵の具というのがあったり、水干絵の具というのがあったりします。で、粒の大きさもいろいろみたいです。
それは本を読んで知ったのですが、先生には教えていただいてないんです~(>_<)
和紙の種類とか筆の種類とかもさっぱりわからないし…。
とりあえず、他の少人数制の教室さがしてます。

それでも、この9カ月でなんとか2点の作品を完成することができました。

初めての作品はこちら「桔梗」。
色紙に描きました。

Cimg4674

で、2作目の「薔薇」。途中の段階。
葉は墨で描いています。

F1000782

色をつけ、こうなります。

F1000792

花をさらに色を加え、葉に色をつけ、葉脈を描きました。
岩絵の具をお皿にとり、膠で溶いて使います。
葉脈は金色ですshine

麻乃、岩絵の具はまだ自分では持っていません。
何を買っていいのかもわからない状態ですdespair

とにかく、先生が出してきた絵の具を使い、指示通りに描いてるだけなので、未だにチンプンカンプンでさっぱりわかりません。

そんな未熟な状態なのに、カルチャーの日本画教室の生徒の作品展に参加しました。

場所は表参道にある画廊です。

Cimg6634

表参道はほとんど来たことがないのでさっぱりわからないのですが、この先まっすぐ行くと原宿だそうです。

Cimg6635

麻乃の作品は、正面右から2点目。

Cimg6623

額でごまかしてますcoldsweats01

« 東京駅とルノワール | トップページ | 上野に春が…♪ »

コメント

いやぁ、素敵です~。
ため息がでちゃいます。
チンプンカンプンでこんなにきれいに描けるなんて、さすがです!!
額も作品の内ですから。でも全然ごまかしてませんよ~。
目の保養になりました♪
これからも頑張ってくださいね。

ribbonベルのお姉ちゃんへ

ありがとうございます~(T_T)

これからも続ける元気が出ました。

記事、ちょこっと修正更新しちゃいました。
ごめんね(^^;)

先生は悪くないので…やはり生徒さんが多いと大変だと思います。

あられが降ったんですか~~!!
全然気付きませんでした~(;^ω^)
けっこう雨の音がするな~と思ってたのがあられだったのかな~?
そして今日は寒いですよね~~sweat01
暑くなったり寒くなったり、温度差激しいです~
風も、ほんとすごかったですよね・・wobbly
やっと風止んだかな?と思うと、すんごい突風が吹いたりして、
ちょっと怖かったです~

日本画は、絵具も違うんですか~
先生、生徒さんがいっぱいで、細かい事は省いてるのかな?
ままさんは本格的に習いたいでしょうね^^
少人数の良い教室、見つかるといいですね♪

でも・・・教室に行かなくても充分素敵に描けてますよ~~happy01
先生より上手なんだと思いますよ(〃▽〃)

ままさんの絵は、とっても素敵ですheart01
温かい感じがしますconfident

気温の急上昇の後は急降下、
桜のお花も「どうすればいいんだ〜〜!?」ってちょっとパニクってそうな気がしますが、
おまけにそちらはものすごい強風だったんですね〜!
アラレまで落ちてましたか〜! 半袖でも大丈夫?なんて日の後にホント急変ですね〜。wobbly

日本画の作品、花びらや葉っぱの色の濃淡や金色の葉脈とか、柔らかくて繊細な表現が素敵…!
岩絵の具というものを使って描くんですね〜、知りませんでした〜!
うわ〜面白そう…と早速「岩絵具」で検索してみたらビックリ、ラピスラズリとか半貴石なんかを砕いて作ったりした顔料なんですね〜!
だからそれをくっつけるために(?)膠で溶くんですね〜!! ペッタペタになっちゃいそうなイメージですが大丈夫なのかな??
全然知らない世界をままさんの記事でちょこっとのぞかせていただけて、ワクワクしてしまいました♪

なずな・ままさん

こんばんは。

ステキな絵ですね。
展示会には、薔薇だけ出展なさったンですか?
桔梗もいいのになぁ…。
でも、日本画の題材に洋花の薔薇もOKとは知りませんでした。

カルチャー教室って色々ですね。
私は、数年前まで、カルチャー教室で教えていた側ですが、
色々あるらしいことは想像できますよっ。
あまり教え方が上手じゃない先生とか、
あまり丁寧とか熱心に教えてくれない先生とか、
逆に、熱心すぎて生徒さんが付いていけないような教え方の先生とか、(私はこの部類かも…coldsweats01)
かと思うと、チャラチャラしてそうな先生の講座には、集まって来ている生徒さんもチャラチャラした感じの人たちで、馬が合ってるみたいで楽しそうにやっている教室とか、
先生も生徒さんも真剣で、レヴェルの高〜い教室とか…。
生徒さんの方も色々で、
最初から、3ヶ月(ワン・クール)だけやったら止めるつもりで入会する方とか、
わがままなことをしょっちゅう言う生徒さんとか、
技術的にムリなのに難しいもの(曲)ばかりやりたがる方とか、
休んでばっかりいる方とか…。
もちろん、だいたいは、
真面目で人柄も良くて技量もある、
いい生徒さんがほとんどなんですが、
たまに…ねぇ〜despair

私はピアノなのでマンツーマンですからまだいいですが…、
集団の教室だと、色んな技量の生徒さん全員の意向に応えるのは無理ですから、
先生はどこかで折り合いをつけるので、
付けられた折り合いとその方の技量が合わないと、
生徒さんはつらかったり面白くなかったりしますよね…。
きっと、ままさんが入会した教室の先生の方針は初心者向けで、
ままさんには物足りないンでしょうね。
初心者向けの教室は、
外面的な、楽しめる部分に力を注いで、
基本的・本質的・根本的なことには触れずにいくケースが多いですから、
絵の具や和紙の種類なんて上級者向け過ぎてスルーされちゃったンでしょうかね…。
あるいは、その先生…、
ままさんの描きっぷりを見て、
『あ〜、この人は、一々細かく教えなくても、ちゃんと描ける人だわね…。』
と思ってしまったとか…wink

新しく、ままさんに合う先生と巡り会えるといいですね。

ribboncoocoさんへ


そんでもって、昨日と今日はすごしやすい暖かいお天気でしたね~(#^.^#)
こんな陽気が続くといいけど…また寒さをぶりかえしたりするんでしょうか?
風の強い日が多い気がします。春ってこんなに風が強かったっけ?春の嵐っていうもんね…

日本画教室は来月からは別のところに行くと思います。
今の先生も親切なんだけど、なにしろ生徒さんが多すぎて……(>_<)
すっごくお忙しそうです。
質問するのも申し訳ない感じ……。

誉めていただいてありがとうございます。
でもでも、私はまだ技法もさっぱりわからなくて、自分一人ではぜ~んぜん描けないんですよ~。
何の紙に描いていいかもわからないし…wobbly

今の教室には、10年以上習ってる方とかたくさんいらっしゃるんです。
ベテランになると一人でも描けるようになるようだけど…10年は長いので…(^^;)
凝縮して教えていただけるところを探します。

ribbonCooさんへ

昨日と今日は、おだやかな暖かいお天気でした。
これこそ春!
でもまた、寒い日がやってくるのかな~(>_<)
暑さ寒さも彼岸まで…っていうから、もうすぐ落ち着くことでしょう(#^.^#)

そうなんです!
岩を砕いて顔料にしているようです。私もまだ詳しくは知らないんですが…
ラピスラズリなんてすっごい高価なんですよ~~shock
教室には、10年以上習いにいらしてる生徒さんもいるので、ラピスラズリ使ってる方がいました。
私が使えるのは100年先でしょうか?(^^;)
なので、日本画はお金がかかる…と言われているんですよね。
しかし、今は新岩絵の具という比較的安く手に入る顔料もあるようで…
これから勉強して使ってみようと思います。

ribbon熟れたバナナさんへ

おお!
バナナさんはカルチャーで先生をしてらしてましたか!

カルチャーは大変じゃないですか?
いろいろ決まりごとがあるし、ここだけの話、センターにけっこうお金をもってかれちゃうし…(^^;)
…って、イヤがってる先生を見たことがあります。
私も、一度、漫画教室の紹介をしてあげようか~みたいな話があったんですが、お断りしちゃいました。
そんな度量はないし、マイペースなので、組織の中に入るのは苦手なのです。

う~ん。いろんな生徒さんや先生がいるんですね。。。
確かに、生徒数が多いと、先生はどこかで折り合いをつけなければならないですよね。
今の先生も大変なんだろうな~。しょっちゅう生徒さんの作品に手を加えて、お忙しそうです。

ネットで探しても日本画教室は少なく、今のカルチャーが一番近かったので選んだんですが、私は比較的自宅でご自分のペースで教えてらっしゃる先生が好きみたいです。
ただ、カルチャーは個人的な付き合いをしなくていい…という利点もあります。個人の教室だと、家族のご不幸とかご病気とかのたびに顔を出さなきゃならないし、先生のそのまた先生の発表会などのチケットのノルマがあったり…(>_<)
…で、めんどくさくて辞めてしまった教室もあります(ダンス系ですが)。

個人の教室だと、本当にその先生が好きになると、プライベートなお付き合いも楽しいので、そんな教室がいいな~と思います。

バナナ先生に対しても、私は不真面目な生徒だったのに、こうしてブログでお付き合いでき、個展にもいらしていただいて、ほんとに嬉しく思っていますhappy01

ステキ...なんでも描けるんだな~~~~。

ribbonうめさんへ

いやいや、まだまだですぅ~~(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/49816832

この記事へのトラックバック一覧です: 日本画勉強中:

« 東京駅とルノワール | トップページ | 上野に春が…♪ »