フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「猫の額」と「カフェバロン」 | トップページ | めずらしい花 »

2013年4月28日 (日)

新作納品

3月に、「猫の額」に納品した2点が売れました。

以前もご紹介しましたが、しつこく作品をご紹介(^^;)

Cimg6761_2
「龍田姫」 15750円 sold out

Cimg6762
「桜草便り」 15750円 sold out

ありがとうございました! 

「龍田姫」という題名は「猫の額」の店長さんがつけてくれました。
私の案が「栗と黒猫」とかいうありきたりなものだったんで(^^;)
龍田姫は秋の季語で、実りの神さまだそうです。

でも、後で納品書を見た時に、題名からどんな絵だったか思い出せないと困るので、やはり題名にはその時描いた植物なりなんなりを、具体的に入れることにしました。

新たに「猫の額」に新作を持って行きました。

Cimg7225
「八重桜と待つ」 13650円

Cimg7226
「柿との休息」 11550円

八重桜と誰を待っているのか、なぜ柿と休息してるのかわかりませんが…なんとなくです(^^;)

最近は、墨で濃淡をつけた絵を描いてみました。

Cimg7616

4月から新しく通い始めた日本画教室で、まずは墨絵から…という先生のご指示で水墨画を3回だけやったんです。それがきっかけなんですが…

これが、むずかしいんです~(>_<)
下描きなしですから。一発勝負ですから。
竹と梅と松を描きましたが、どの幹もひと筆で一気に描きます。書道みたいです。
で、うまく一発で濃淡がついたりかすれたりすればいいんですが、これがうまくいきません(>_<)もたもた描いてるとにじんじゃうしうまくかすれないんですよね~。

梅は花がシミみたいになっちゃうし、松はまるで海藻みたいになっちゃって、とてもはずかしくて画像をアップできませんsweat01
竹もうまく描けず何度も練習したんですが、なんとか幹に濃淡が出たのがこちら。

Cimg7617

でも濃淡出てるのは最初だけだ~(>_<)

これは、筆に薄い墨をふくませた後、先端だけに濃い墨をつけて、筆を寝かせて描くんです。そうすると濃淡が出るんですね~。で、えいっ!と息を止めて勢いよく描きます。
幹の下から上に向かってえい!っと描き、節のところでいったん止め、またえい!っと描きます。
ああ、むずかしかったsweat01

« 「猫の額」と「カフェバロン」 | トップページ | めずらしい花 »

コメント

へぇ~、龍田姫って何だか素敵ですね。
そして、やはりどの作品も素晴らしいです~。
これからどこにお嫁に行くのか楽しみですね。

この4月から新しい教室に通い始めたんですか?
私と一緒ですねwink(絵じゃないけど)

墨絵、猫ちゃんも竹もとっても素敵だけれど、
描く時にそんな苦労があるとはつゆ知らず。。
記事を読みながら、こっちまで息を止めてしまいましたよbearing

ribbonベルのお姉ちゃんへ

ありがとうございます。

売れるとやる気がでますsmile
ずっと売れずに引き取った作品もたくさんあるんで…(^^;)
今回の作品はどうかな~。

龍田姫、いいですよね。なかなかいい題名を考えるのが苦手です~。

ribbonnaokoさんへ

naokoさんもその後新しい教室がみつかったんですよね~♪
長く続けられるところが見つかるといいですよね。
なかなかこちらも欲求があるので、むずかしいですね。先生の性格とか、生徒全体の雰囲気とか、教え方の流れとか……

書道って一本の線を引く時息が止まりますよね。あんなかんじです。
この竹の葉っぱも一息で描くんですよ。
で、うまくいかないとまた挑戦したくなるので、葉っぱがどんどん増えていきました(^^;)

なずな・ままさん

こんばんは。

やっぱり「龍田姫」はいい絵ですねぇ〜。
黒い猫ちゃんの、毛の質感が、
今さらながらに、うっとりします。
猫の額の店長さんも、
絵がいいから触発されて、
それで、いい題名を思いついたンですよ〜。

新作の「八重桜と待つ」と「柿と休息」も、
「龍田姫」と同様、季節感があっていいですね。
「八重桜…」の、桜の木のリアルな感じと、
「柿…」の色が猫ちゃんのミケの色と
コーディネートされてるのが、
気に入りました。
(スミマセン…、
ヘンに部分的な所へ突っ込んで…。)

墨を使った猫ちゃんの絵、
これは、何とも、凄い幻想的ですねぇ〜。
いくら、ままさんとしては新しい手法の
墨を取り入れたと言っても、
こんなに雰囲気が変わるものなんですね〜。
今までも、
ままさん独特の"麻乃ワールド"としての幻想的な雰囲気は、
何枚かの絵に感じていましたが、
これは、まるで、別世界です!!
この絵で、
ままさんの懐の深さというか、
表現の多彩さに
感服致しました。

4月から新しく日本画教室に行かれてるんですね〜、
墨絵での猫さんや竹の絵、難しいんだろうな〜!!って想像しながらも、素敵だな〜って見とれちゃいました。happy01
竹が墨の濃淡だけでこんな風に立体的に描けちゃうんですね〜♪
猫さんの絵も猫さんや葉っぱや枝がそんな風に描かれてる中、花吹雪の花びらやお花が優しいピンク色なのが映えて素敵です♪
ええ〜! 下書き無しの一発勝負で描くんですか〜!? coldsweats02
すごいなぁ〜!!
小心者の私だったら、ビビっちゃって線がプルプル震えちゃいそう…。coldsweats01

新作の2作品も素敵ですね〜♪
春の猫さん、秋の猫さん、これに夏と冬の光景を加えて、4枚セットで飾らせていただいたら…うっとり…なんてゴージャスな妄想をしたりしながら堪能させていただきました!
龍田姫って秋の季語で実りの神様なんですね、素敵なタイトルです♪
「桜草便り」をはじめ、他の作品もそれぞれにピッタリの雰囲気のタイトルで、そこからさらに「大好きな飼い主さんの帰りを待ってるのかな〜、それとも猫友達かな?」なんて、それぞれ想像が広がっていきます。flair

ribbon熟れたバナナさんへ

お誉めいただき、また感想をいただきありがとうございます!
なるほど、確かに柿…は猫のミケと色が合ってますね~。って、本人は全く意識してませんでした~(^^;)
八重桜はむずかしかったです。桜はむずかしいんですね~。
近所の絵画教室の先生が「桜を描く生徒はたくさんいるけど、成功した人はいない」って言ってました(>_<)

でも、日本画の巨匠の描く桜はどれもステキなんですよね~。いつかあんなふうな絵を描いてみたいです。。。

あ、墨を使った作品、幻想的ですか?
確かに今までの作品とは雰囲気が違うかもしれないですね~。
でも自分的には幻想的なのは好きなので、もう何枚かこの技法で描いてみようかな~♪

アドバイスいろいろとありがとうございました。
今後の参考になりましたhappy01

ribbonCooさんへ

あ、墨を使った桜と猫の絵は、これは下絵描いてます~。
ゆっくり塗ってます~。
下絵なしで一気に描いたのは竹の絵です。この葉っぱもひと筆で一気に描くんですよ、下絵なしで。
なので、頭で「ここに描こう」と想像して描くんだけど、描いちゃってから「しまった!」みたいな感じです~~(^^;)
私も手がブルブルしちゃいました。で、息を止めて描こうと思うから、「よし描くぞ」と思うとハアハアしちゃったりして…(-▽-;)

新作もお誉めいただきありがとうございます♪
実際に花を見て描く…とか言っておきながら、柿を描いちゃいました。去年撮った写真見ながら…(^^;)

春夏秋冬を描くのも楽しいですね。
日本画ではそういう4枚ひと組みたいな絵があります~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/51357312

この記事へのトラックバック一覧です: 新作納品:

« 「猫の額」と「カフェバロン」 | トップページ | めずらしい花 »