フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

お散歩なずなとお留守番都

なずながお散歩に行くとき、都ちゃんが見送ることがあります。

なずなは、最近血液検査をしたら、肝臓の数値が悪くなって、腎臓の数値も悪くなって、その上心臓も悪くなってるってお医者さんに言われたから、都ちゃん心配してくれてるのかな~?

Cimg7838

最近、カメラを向けるとうつむくようになっちゃいました(^^;)

Cimg7839

でも、元気にお散歩します。

Cimg7762

川のカルガモ親子をながめたり…

Cimg7832

お花をながめたり…

そうして、お散歩から帰ると、都ちゃんが玄関の前で出迎えてくれたりします。

Cimg7834

Cimg7835

この二人、言葉は交わさないけど、テレパシーで会話してるんじゃないか?と、思うことがあります。

都ちゃんが「なずなちゃんおかえり!今日も元気にお散歩できて、よかったね!」とか言って

なずなが「ありがとう!」なんて喜んでたら

都ちゃんが「だって、なずなちゃん最近めっきりバアサン臭くなっちゃって、散歩の途中でバッタリ倒れたりするんじゃないかと思って、あたい心配なんだよ~」と言うと

「失礼ね!あたしはまだまだ元気よっ!」な~んてなずながプンプン怒ったりして…coldsweats01

人間のおばあちゃんも、「お元気そうですね~。」と言うと「いえいえ、ダメですよ。あっちこっちガタガタで~」なんて言うのに、もしも「最近だいぶ弱ってきたように見えますね。大丈夫ですか?」なんて言おうものなら、ぜったい怒りだすに決まってるんだから~。

こないだもお散歩の時に「元気そうですね」って言われたので「いえいえ、肝臓とか腎臓とか心臓とか、あっちこっち悪いし、ヘルニアも2か所あるんですよ~」なんて言っちゃって。
でも、歳を聞かれたので「13歳です」って答えたら、「とても見えない!若く見えますね~」って言われて、単純に喜んじゃいましたsmilenote(親バカ)

今日もお薬飲みながら、14歳目指してがんばってます。
クリアしたら15歳目指します。

2013年5月27日 (月)

新宿御苑スケッチ

新宿御苑の日本庭園。
手前の黒いのは、鳥の形の噴水…

Cimg7953

ではなく、川鵜が羽を広げているところです。

Cimg7954

この川鵜、何度も池の中にもぐって餌を捕り、その後こうして羽を広げます。
ジュディーオングのものまねか?あるいは濡れた羽を乾かしているのでしょうか?
しばらく広げていると、また池の中にもぐって餌を捕り、また、この場所で羽を広げていました。
それを何度も繰り返してました。

って、私、ず~っと川鵜をながめてたわけじゃないですよ!
この場所のスケッチをしていたんです。

下絵を描くのにかなりの時間がかかってしまいました。
橋がむずかしい…。

Cimg7955

この後、色をつけたんですが、あっと言う間に4時間が過ぎ…shock

Cimg7960

未完成でした。とほほweep

そもそも、スケッチって、短時間でササッと仕上げるモンじゃないの?
描き方が間違ってるんじゃ……sweat01
気分がすっきりしません。

しかし、この日は五月晴れのすがすがしいお天気で、座っていたのはあずま屋の中なので日差しもゆるく、薫風がさわやかに吹いて、とても気持ちがよかった~♪

ただ、びっくりしたのが、新宿御苑って4時半で閉園なんですね。

ところで、我が家の近所の神田川でも、川鵜が羽を広げているのをよく見ます。
他の、コサギやカモなどはやらない行動です。
なぜ、そんなことをするのか調べてみました。

するとこのような答えが。→「川鵜はなぜ羽をよく広げているの?

へえ~。川鵜は他の鳥のように羽に油がついていないんですね。
なので、川の中にもぐって魚を捕ることができるんですね。
なので、濡れた羽を乾かさなきゃならないんですね~good

すると、鵜飼いの鵜は、みんなで魚を捕った後、舟の上で全員でジュディーオングやってるんでしょうか?
一度見てみたいな~~♪

あれ?
今回何をしに行ったんだっけ?
川鵜の観察?catface

2013年5月25日 (土)

うらめしや~~

季節的にはまだちょっと早いのですが…

ホラーな写真をご紹介します。

こちらです。どうぞ!

Cimg7927
うらめしや~~shock

あ、ちょっと迫力がなかったでしょうか?coldsweats01

それではこちらはいかがでしょう?

F1000853
うらめしや~~~shock

あんまりホラーじゃなかったですねcoldsweats01

うらめしや~がまだ季節的に早いとはいえ、かなり日差しが強くなってきましたね。
なずなはあいかわらず私のベッドで寝ていますが、都ちゃんは涼しいところを選んで寝るようになってきました。

ところが、ブログのお友達Cooさんちのクロちゃんは、こんな陽気でもフワフワのベッドに寝てるとか…
その様子はこちら

我が家の都ちゃんもベッドを持っているんですが、フワフワが気に入らないのか冬の間も使わなかったのです。なので気温が上がった今は当然使いません。

今、ベッドにしているのは…

Cimg7951

脱ぎ散らかした私の服だったりしますcoldsweats01

ご覧のように私は整理整頓が苦手で、服もバッグもこうして放り投げてあります。

このバッグについてるカンバッジ、なずなですよ~♪
だいぶ昔に作ったものです。3歳の頃の写真かな。

Cimg7949

なずなが近付いて目で何か訴えていて、都ちゃんも目で何か言ってますが、なんて言ってるんでしょう?

そして翌日、都ちゃんがベッドにしていたのは、同様に放り投げてあった私のエコバッグでした。
なぜこんなところがいいのか…coldsweats01

Cimg7972

左下に青いのが見えますが、ヒエヒエマットをわざわざ置いておいてあげたんですよ。
それなのにそこには寝ずに、このバッグの方ががいいそうですthink

2013年5月23日 (木)

日本画って…むずかしい!

ただいま通っている日本画教室。
今月から花を描くことにしたので、モチーフとなるカラーの鉢植えを買ってきました。
花は私の好みでいいんですが、お店で見て、このカラーの色がきれいなので選びました。それに鉢植えなら花もちがいいしね。

Cimg7968

アジサイとどっちにしようか迷ったのですが、カラーの方が形がシンプルで簡単かな~と思ったのよね~。

ところが簡単じゃなかった(>_<)

まず、花のスケッチをします。
一回の教室で2輪描いて、自宅で半日かかって2輪描いて、また翌週の教室で3輪描いて…合計7輪描きました。
やっぱり鉢植えにしてよかった!

Cimg7964

Cimg7965

このスケッチを参考に、下絵の前の段階、完成はこんな感じかな~的な絵を本描きとは別の紙に描きます。下絵のさらに下絵といったところです。

Cimg7966

水彩絵の具とパステルを使いました。

なんか、これで完了しちゃった気分…catface
でも本描きはこれからがスタートです。

パネルに和紙を貼ります。

そこに、下絵の下絵をトレースして輪郭を描きます。

F1000868

そして下地を塗ります。

下地は先生によって混合するモノが違うし、秘儀とか奥義とかあるみたいです。
日本画家はそれぞれに、どうすれば自分の思ったような絵になるかを、膠やミョウバンや絵の具の混ぜ具合などを研究して、自らの技法を手に入れるようです。

日本画の描き方の本も何冊か買いましたが、やはり本によって違うようです。
ちなみに麻乃、まだ技法を把握してないので、どこがどう違うかわかりませんdespair

先生が材料を作っているところを見ると、お料理教室のようです。
テーブルの上には常に電気コンロが置いてあります。膠を温めるためです。
胡粉(牡蠣がら)を乳鉢に入れてゴリゴリするのも、ゴマをすってるみたいだし…(^^;)

お団子にしてたたいたり、上澄みをすくったり、お皿でグリグリ混ぜたりします。

先生に作っていただいた下地を塗ります。

F1000870

作り方を見てたんですが……もう忘れてしまいました……shock

はたして、完成するのは何カ月後でしょうか?

つづく。

2013年5月19日 (日)

のせ猫に挑戦!

ん?

Cimg7825

んん~?

Cimg7828

んんんん~~?

Cimg7874

あそこにいるのはもしかして…

Cimg7827

都ちゃ~ん!

Cimg7829
は~い♪

Cimg7830

やっぱり都ちゃんでした~happy02

ところで先日、コンビニで「のせ猫」という写真集を見つけ、笑いました。
そしたら友人が、You Tubeでも話題になったというので、見てみると、笑えました~♪
でも、アップロードが2011年だから、あたしって遅れてる~(^^;)

頭にモンプチをたくさん重ねてのせたり、前足にミカンをのせたり…とってもかわいいし、よくこんなにおとなしくしてるな~とびっくりです。

モンプチ

ミカン

当然、我が家でも挑戦してみましたsign01

Cimg7902

都ちゃん、のせ猫になったぞnote

F1000862

って、実はじゃがりこをガラスにちょっと寄りかからせて、ズルしてますsmile

F1000865

かなり迷惑そうな、都ちゃんでした。
でも、シャッター押す間はじっとしていて、えらかったぞnote

2013年5月17日 (金)

インコの知恵の輪

お久しぶりです。
セキセイインコのうに、とろ、いくらの登場です。
3月に1歳のお誕生日を迎えたのですが、うっかりして忘れてしまい、2カ月も過ぎて「そういえば1歳過ぎたんだな~」と気が付きました(^^;)
ちなみに、ふきママとせりパパも元気です。

いつも、敷き紙をボロボロにちぎってしまったり、菜っ葉をきざんで水に入れたり、ボレー粉入れをご飯入れにぶち込んであったりと、いたずらばかりの3兄弟ですが、最近覚えたいたずらがあります。

それは、セキュリティーのためにとりつけたチェーンで知恵の輪遊びをすることです。

まず、こちらはまだ正常なチェーン。

Tienowa5

3兄弟の中で一番器用なうにちゃんが、せっせと鎖をからめ始めます。

Tienowa2

Tienowa1

ふきママが呆れて見ていますが、おかまいなしにチェーンをからめ続けることに夢中なうに。
まるで、むずかしい知恵の輪を作っているみたいです。

「これなら誰も解けないでしょ!」といわんばかりに、複雑にからめていきます。

みごとにからまりました。

Tienowa8

これをほどけるヒトは誰もいないので、私がほどきます。(^^;)
今のところ、まあ、30秒ほどあれば、解けます(笑)

うにちゃん、もっと複雑な知恵の輪を作ってね!
(って、インコと勝負してどうする…)

ところで、とろといくらですが、あいかわらずうり二つです。

Tienowa6
手前にいるのがうに。後ろの2羽がとろといくら。

そしてあいかわらず、私が手を出した時、一人だけ冷たい態度をとるのがとろちゃんです。

Tienowa7
人間の指にジャレて、なにがおもしろいのかボクには理解できないねdash(とろ) 

2013年5月13日 (月)

ブログ絵本「神田川のカルガモ親子」

東京の交通量の激しい環状線道路と交差して流れる神田川。
ここには、たくさんの生き物たちが住んでいます。

Cimg7771

中でも最近、この川一番の人気者がカルガモのおかあさんと子供たちです。

Cimg7758

子供たちはまだ寝ているようです。
みんな集まって毛玉のようになってますが、どこにいるかわかりますか?
見えにくいように、川藻やゴミにまぎれてます。
なぜなら、カラスなどに襲われることがあるからです。

Cimg7759

カルガモのおかあさんはいつも子供たちの数を数えています。
「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち……。あら?足りないわ!」

Cimg7760

もう一度数えてみました。
「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち……。やっぱり足りないわ!大変!!」

Cimg7763

おかあさん!
うしろにいますよ!
マイペースなのが一羽!

Cimg7764

カルガモのおかあさんはもう一度数えました。
「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう!!よかった!全員そろってるわ!」

「じゃ、みんな!これから朝ご飯を食べに行くわよ!ちゃんとついてきてね!」

Cimg7765

今日の朝ご飯は、環状線道路の橋の下の、川の苔です。
おかあさんはこんなふうに、どこにどんな食べ物があるかを、子供たちに教えているのです。

橋の下まで、みんなはぐれずについて行けるかな?

Cimg7769

おかあさんは何度も子供たちの数を数えます。
「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう!みんなちゃんとついてきてるわね!」

Cimg7768

Cimg7770

橋の下に着きました。

「おなかいっぱい食べて、みんな元気に大きくなるのよ!いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう!」

2013年5月10日 (金)

探検! 台峯の森

その森は、神奈川県鎌倉市にあり、北鎌倉駅からしばらく歩いたところにあります。
北鎌倉といえば、円覚寺や縁切り寺としてグレープの歌にも歌われた東慶寺があるので、観光客が賑わうメイジャーな観光地というイメージが強いでしょう。

しかし、私たちが今回行った台峯の森は、ややマイナーなところです。
初めて行くなら、女性一人で入るのは避けた方がいいかもしれません。
…って、べつに危険なところではありませんが、迷子になりやすいです。

なぜ、そこに行こうと思ったかというと、「散歩の達人」という雑誌に、里山の風景が残された豊かな森と案内されていたからです。

Cimg7712

雑誌には、台峯(だいみね)は昭和51年に大手不動産会社の宅地開発の計画が決まっていましたが、寄付金で少しづつ土地を買い取るなど、長年の市民活動が実って、平成16年に鎌倉市が市有地として保全することになったと書いてあります。里山の生態系を残していこうという鎌倉住民によって守られた特別な森…とのことです。

Cimg7691

北鎌倉駅を降りると、観光客がゾロゾロと進んでいく方向と、逆の方向へ進みます。
前も後ろも誰も歩いていない住宅街の上り坂をしばらく歩いていくと、排水池があり、そこが森の入口です。

思いがけず、ここで富士山を見ることができました。

Cimg7692

さらに坂道を上がっていくと、里山らしい風景が広がります。

Cimg7693

展望台があるというので、そこを目指したのですが、森の中には標識も道しるべもありません。うす暗い道は人一人がやっと通れるくらい狭く、しかも分かれ道がたくさんあって、迷いました。
「こっちじゃないか」「いや、この道だろう」と行ったり来たり。意見も食い違ってウロウロしていると、藪がザザッと大きく揺れました。「イノシシ?!熊?!」とおびえながら見ると、畑仕事をしている男性でした(^^;)

この男性に展望台の位置を伺い、無事にたどり着くことができました。
…といっても、私一人ではたどりつけなかったと思います。聞いても道がわからないほど複雑なんです(--;)

Cimg7694

Cimg7695

若葉が美しく、とっても気持ちのいい場所でした。

さっきまでいた北鎌倉駅と横須賀線の線路が、小さく見えました。
ここでお弁当を食べました。

私たちの他に、男女8人くらいのグループがシートを敷いてお弁当を食べていて、隣のベンチには熟年のご夫婦がお弁当を食べていました。

そのご夫婦はこの近くにお住まいだそうで、時々この森に散歩にいらっしゃるそうです。

これから「谷戸の池」に行きたいと話すと、道を教えてくれました。
道はたくさんあるそうで「どこの道を行ってもどこかに出るから大丈夫よ」と奥様がおっしゃいました。
しかし、どこかに出てもそれがどこなのかわからないので、あまり冒険はしないで教わった道を素直に行くことにします。(行ければの話ですが)

お弁当を食べ終わり歩きだすと、私たちの前をさっきのご夫婦が歩いています。
分かれ道で待っていていくれ、「こっちですよ」と教えてくれました。
ご夫婦は「私たちはこっちの道に行ったことがないから、今日はこっちへ行ってみます」と暗い藪の中に姿を消しました。

教えてもらった道は、どんどん坂を下りる順路になっています。
途中、分かれ道がたくさんありましたが「右へ右へ行くように」と言われたので、そのとおり歩きつつも、「ほんとにこっちでいいのかな~」とまたまた迷子になりそうな気配。
何度も木の根っこにつまづきながら坂を降ります(>_<)
よいしょ、よいしょ。

Cimg7696

木に覆われ、周囲の風景もわかりません。
雑誌の案内には、「谷戸の池には標識がないので見落とさないように」と書いていあります。
谷戸(やと)というのは丘陵地にある谷状の地形のことだそうです。
つまり、この森は小高い台地にあり、真ん中が谷のように低くなっていてそこに池があるんですね。

なので、北鎌倉から来た私たちは、坂を上がり坂を下り、また坂を上がり坂を下りて駅に戻る…ということになります。

さっきのご夫婦はどこへ行ったのでしょう。まったく見えませんが、他にも人がいません。この道でいいのか聞こうにも、すれ違う人もいません(@@;)

Cimg7697

湿地が続きます。道はジメジメと湿ってところどころ水たまりがあります。
ぐっちゃら、ぐっちゃら。
トンボやクロアゲハが飛び、ウグイスが鳴いていました。

そしてやっと「谷戸の池」に到着!ヽ(^o^)丿

Cimg7698

神秘的な池です。
小さい魚がいました。

Cimg7699

大きな木が水面ギリギリに横たわって生えています。白い花を咲かせていて、その花びらが水面に落ちています。なんの木だろう?

Cimg7701

湿地の中の細い道を進みます。

Cimg7702

湿地にはセリの群生が。なつかしいです。
私が子供の頃には、セリは田んぼのあぜ道や小川のほとりにボウボウと生えていて、それを採ってきて母が茹でたりしていました。
東京に嫁いで、セリが八百屋さんで売られているのを見て、びっくりしました。

谷戸を過ぎると、急にアスファルトの道になり、魯山人庵跡地がありました。
北大路魯山人が最後の日々を過ごした住居跡だそうです。

Cimg7704

さて、ここは谷間なわけですから、これからまた坂を上がるということですが…
この道が地図を見てもさっぱりわかりません。
地図が読めないわけじゃないですよ!アスファルトの道はここまでで、その先は道らしい道がないんです。Googleで地図検索はしてきたんですが、あれはアスファルトの道しか表示されないんですね~。航空写真ではうっそうとした樹木しか写ってないし…(^^;)
そして、「こっちじゃないか」「いやこっちだろう」とまたまた意見がわかれ…

とりあえずまっすぐ道(のようなもの)が続いているところを歩いて行ってみると、竹藪に入ってしまい…

Cimg7705

「これは道なのかな~」と進んでいくと、行き止まりでした(^^;)

引き返し、やはり道なのかなんなのかわからないところを歩いて行ってみると…ゴミ捨て場にたどり着きました(-▽-;)

「これじゃないの?」と仲間の一人が指差した先には標識(?)のようなものが…

Cimg7706

しかしこれ、風でグルグル回っちゃって、どっちを指してるかわからないし…この小屋の後ろのこれって……道ですか?(ーー;)

でも残るはここしかないので、行ってみることに…。
すると…

Cimg7707

げげげ!
ものすごい斜面です。というより垂直に近いです。しかもこの縄につかまって登れってことみたいです。
しかし、縄があるってことはこれが「道」なんだということなので、登ってみました。
えっさ、ほいさ。

どんどん坂を登ると、森の中に入りました。
うっそうとした暗い森をどんどん歩いていきます。
「ちゃんと出口に出られるのかな~?sweat01」とまたまた不安の声。

ところで、この台峯の森に入ってから出会った人間は、展望台のグループと隣のベンチの熟年ご夫婦だけで、その後ず~~っと歩いてきましたが、人っ子一人見えません。誰ともすれ違わなかったし、遠くに人を見ることもありませんでした。

しかし、ここで出会ったのです!
2頭の大型犬を連れた女性があちらから歩いてきました。
ここ、あの人の犬の散歩コースなんだ!びっくり!\(◎o◎)/!

と驚いていると、間もなく光が見えてきて…

Cimg7708

森の出口へとたどり着きました。

ばんざ~~いsign01

北鎌倉駅に11時に集合して、戻ったのは午後3時頃でしょうか。
さっさと歩けばもっと早く到着すると思います。

探検、そして冒険気分を味わい、また懐かしさも味わえた、台峯の森でした。
登り下りがあり運動にもなりましたscissorsこの日歩いた歩数は22700歩。
静かな里山を求めてのんびり歩きたい人には、良い穴場だと思います。でもやっぱり、女性一人で行くのはやめた方がいいですね。…ってか、そんな人いなかったけど…(^^;)

ここで会えたね…犬猫似顔絵

お空へ旅立ってしまったワンちゃんと、現在いっしょに暮らしているワンちゃんと、似顔絵で一緒にいるところを描いて欲しい…というご依頼は何度もいただいたことがあります。

会ったことのない2頭が、並んでいる似顔絵です。

今回もまた、そんなご依頼でした。

熟れたバナナさんことピアニスト兼ピアノ講師の工藤裕子さんからのご依頼です。

実は私は、数年前、工藤先生(ここは「先生」と呼ばせていただきます(笑))のところに歌を習いに行っていた生徒でした~(^^;)
おはずかしい。いやいや、歌はどうも素質がなくて…結局挫折しつつ、その後合唱団に入ったりはしているんですが…あ、そんなことはどうでもいいです。
その頃、彼女のお宅に伺うと、チョロチョロと小動物のようにちっちゃくてかわいいヨーキーの瑶ちゃんがいたのでした。
その後、瑶ちゃんはお空に旅立ち、今は工藤さん宅にはヨーキーの花ちゃんがいます。

工藤さんのご要望は、花ちゃんと瑶ちゃんを並べて描いてほしい…というものでした。

お写真は別々ですが…

Cimg7657

それを参考に、お二人を並べて描きました。

Hanayou

工藤さんのブログにも載せていただきました。→こちら

そして、お空に旅立ったシェパードのチェリーちゃんの似顔絵のご依頼もいただきました。

Cherry_2 

チェリーちゃんの飼い主さんのブログにも載せていただきました。→こちら
飼い主さんは、ドッグトレーナーをなさっているそうです。→ドッグトレーナー ユウミ

そして、元気なトイプーさんのご依頼もいただきました。
8歳のお誕生日をむかえるこももちゃんです。

Comomo_3

ありがとうございました!

犬猫似顔絵のお問い合わせとご注文はこちらから→アトリエあさの

 

2013年5月 4日 (土)

「ほっと・ペットクリニック」掲載中

このカテゴリー久しぶりだな~(^^;)
最近漫画の仕事してないんで…(笑)

三十ン年も漫画家やってきたので、これからは違うことをやりたいな~なんて思いながら、日々、好きなことをやって暮らしている麻乃であります。

漫画描くのも楽しいし充実するんですが、ホラ、描きたくないものも描かなきゃならないじゃないですか。車とかビル街とか…。
今は、自分の描きたいものだけ描いてるんですよね。
犬とか猫とか花とか…♪
だって、描きながら癒されるし…♪
…ってか、老眼が進んで細かい線を描くのがつらくなったのと、締め切りに間に合わせる体力がなくなったのが理由なんですが~(笑)

そんな状況にもかかわらず、ありがたいことに、ただいま私の漫画の作品が掲載された雑誌が発売中です。

宙出版発行の「幸せな結婚」に「ほっと・ペットクリニック」の中の1話が掲載されてます。

Cimg7634

Cimg7635

「ほっと・ペットクリニック」は、小学館のJudyに連載された作品で、単行本にもなってますが、その1巻目に入ってる作品の第1話目を今回掲載させていただきました♪
動物看護士が主人公のシリーズで、今回掲載されたお話はボタンインコが患者さんです。

Cimg7638

次号(7月4日発売)では、一挙2話掲載です!
患者さんは猫とミニダクです。

Cimg7636

Cimg7637
漫画描かないのに雑誌に載るなんて、楽してるね~ままちゃん♪

はいはい(^^;)ありがとうございます。

ところで、小学館発行の単行本「ほっと・ペットクリニック」の巻末に、描き下ろし漫画が載ってます。
なずなが主人公のエッセイ漫画「子ポメ計画」です。
もう1頭ポメが欲しいと思った私が、なずなの赤ちゃんを望んだり、ブリーダーさんのところにポメの赤ちゃんを見に行ったりする実話ですが、今見るとなずなが…なずなが…
かわいくない~~っ!bearing

Cimg7639_2

Cimg7640

ポメってもっとフワフワでしょ~~sweat01
なんでしょ、この輪郭はっ!これじゃポメじゃないっ!sweat01
それに、ギャグなんだから2等身とかにすればかわいいのに頭小さすぎ!sweat01

この作品を描いたのは 今から10年くらい前ですが…下手だなぁ~~despair

ところで、ここに登場するももぞう君は、今も元気でデカポメしてます(笑)
当時、なずなは3歳、ももぞう君はまだ1歳になっていませんでした。今はなずなは13歳、ももぞう君は10歳です。
当時アシスタントをしてくれていた、ももぞう君の飼い主のユリちゃんは、去年お嫁さんにいって、今年の秋にはママになる予定です。

10年を経て、みんながそれぞれの人生や犬生を進んでるんだな~~shine

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »