フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 猫さんぽ | トップページ | 日本画教室 岩絵の具は美しい »

2013年6月30日 (日)

せり、リハビリ中

6月10日夜に骨折してしまったセキセイインコのせり。

その頃は、右足は完全にブラブラして力が入らない状態。全く動かすことができませんでした。
レントゲン写真を見ると、パリンと真っ二つに割れているのが確認されました。

画像ではわかりにくいですが、矢印の部分が折れて重なってしまっている状態。(左側に見えるのは指です。)

Sseri3

ご飯を食べるときも、こんなふうに、胸で体をささえていたせり。

Cimg8310

右足は止まり木につかまれずブラブラしてます。

そんなせりは、骨折してすぐに病院でギブスをしてもらったのですが…
その日一日中、ギブスをず~~っと気にしてカミカミし続け、クチバシでちぎったりひっぱたりして…

…ついに翌日、足から抜いてしまったのですsign01\(◎0◎)/!

Cimg8311

で、動物病院にすぐに電話。
すると「またギブスするので連れてきてください」とのこと。
「でも、先生。ギブスしてもまた取っちゃうと思うんですけど。それに、ギブスがあるとずっと気にして動いていて、ちっとも安静にしていないんです。」と私が言うと、「それではこのまま様子を見ましょう。」ということになりました。

するとせり、数日すると少し右足が少し動くようになり、また数日すると…

Cimg8321

だんだんと元気になり、こんな風にカゴをよじのぼるようになりました。
これは……リハビリsign02

さらに、天井にぶらさがったりして…
これも…リハビリsign02

Cimg8318

で、おもしろいのが、ふきががんばってリハビリ(?)していると、みんなが集まってくるんです。
応援してるのかな?
「パパ、がんばって!」って言ってるのかな?

Cimg8322

しかし…

Cimg8323

唯一、とろちゃんだけはこんな時もクールに傍観しているだけなのでした…coldsweats01

おかげさまで、せりは、以前はおなかを使って止まり木にとまってましたが、今では両足で止まり木にとまれるようになりました。
まだ重心が左に寄ってるけど…smile

Cimg8317
なんだか、重心のかたよった起き上がり小法師みたい…(^^;)

そして、昨日病院へ行き様子を見せたところ、見事自力で回復していることがわかりましたsign01
バンザイhappy02note

みなさん、ご心配いただきありがとうございました♪

こちらは、昨日病院から帰るバスの中の様子。
座席に座り、膝の上に鳥カゴを載せています。

Seri1

インコはカゴごと病院に持っていかなきゃならないのでかさばって大変です(>_<)
バスタオルをかけてありますが、元気になったせりは、ピィピィ鳴くので、「あれ?鳥が乗ってる?」と気付いた乗客もいたと思います(^^;)
でも、よく電車やバスの中で猫さんがニャーニャー泣いてることもありますよね。

近所には小鳥を診てくれる病院がないので、免許も車もない私はバスに乗って行かなくてはなりません。
ちなみに、前回は雨だったのでタクシーで行きました。たいした距離じゃないですが、診察代よりもタクシー代の方が高かったです(-▽-;)

« 猫さんぽ | トップページ | 日本画教室 岩絵の具は美しい »

コメント

せりちゃんはきっともう大丈夫だから、って自分でギブスを外したみたいですね~!
でも、順調に治ってきてよかったですね。
みんなの応援も効いているんでしょうね。
心強い家族ですね。
とろちゃんもとろちゃんなりに静かに応援していたんですよ、きっと(笑)

動物の自然治癒力ってすごいですね!
骨折って一歩間違えば命とりになりかねないと思いますが・・
人間が下手に手をかけるより、
せりちゃん、自分でリハビリまでして素晴らしい。
そして家族の力でしょうね。
もう骨折しないでね~

うわ〜! せりちゃん、回復してきてるんですね〜、良かったですね〜!happy02
前回の羽毛をふくらませて元気が無い様子のせりちゃんから比べたら、リハビリ?に励む姿は力強く頼もしい〜!
さすがパパですね〜、みんなの応援を背に頑張る姿、カッコイイよ〜せりちゃん!!
これからもどんどんさらなる回復を祈ってますね〜♪
ままさんもカゴを抱えての通院、とっても大変だと思いますが頑張って下さいね〜!

それにしても、本当に一家団結してパパを応援しているんですね〜。
画像を見て微笑ましい光景にホッコリしてしまいました。happy01
みんなで「パパ!ファイト〜ッ!!」なんて叫んでる(?)中、ひとりマイペースにポヨヨ〜ンとしているとろちゃん…巣箱から転がり落ちてたあの頃から変わってないのね…(笑)
小さなあったかい一家の姿、本当に可愛いですね〜♪

セリちゃんの自然治癒力は見事だね!(^^)!
完全に元通りとは行かないかもしれないが
取り合えず一安心かな
斜めに止まり木に止まっている姿も可愛い

僕が以前拾ったアオジ
http://www.digital-dictionary.net/wildbird/wb_1_007.html
かごの隙間に羽をはさんで骨折\(◎o◎)/!
慌てて病院へ行ってグルグル巻きのギブス
結局バランスが取れないストレス?
元気が無くなり☆・・・(T_T)
自然治癒力に任せるべきだったかな。。。

ribbonベルのお姉ちゃんへ

せりにはギブスは必要なかったのかもしれませんね。
人間はなんとかしてあげようといろいろしてあげちゃうけど…

とりあえず回復していてよかったです(#^.^#)
あ、とろちゃんは彼なりに応援してたんですよね~♪

ribbonnaokoさんへ

ギブスはしないと決めたものの、ほんとにそれで大丈夫なのか不安でした(>_<)

でも、回復してよかった!

リハビリなのか動きまわていた時も、動かない方がいいんじゃないかと心配したけど、結局それで快方に向かいました。

動物は、自分がどうすれば回復していくか体でわかっているのかもね。
人間はそういう能力は退化しちゃってるかも~。。。

ribbonCooさんへ

応援ありがとうございました♪
おかげさまで、回復しました~。

これ、やっぱり家族で応援してるんですよね?
せりがせっせとリハビリするとみんな集まってくるんですよね。なんか不思議な光景でした。
でもとろちゃんは~~(^^;)
そうです。巣箱からおっこちたヒナの頃から変わってません~。あいかわらず無愛想だし……(++)
でも、彼なりに応援してるんでしょうね。
人間でもいますよね。大声で「がんばれ~!」って言えないけど、物陰からそっと応援するようなヒト…(^^;)

ribbonkuniさんへ

アオジというのは初めて名前も姿も知りました。
きれいな鳥だね。

野生はさらにギブスはストレスだったのかな~?
人間に触られるだけでもストレスだろうし……。。。
でも、保護した人間の方は、どうしたらいいのかわからないですよね。
せりも、はたしてギブスをしなくて大丈夫なのかどうか、ずっと不安でした。
自分の判断で生き物の生死がどうなるか決まるのは怖いです(>_<)

まあ、今回はとりあえず正解だったようだけど、生き物を飼ってるといろんな場面で判断をせまられることがあります。

せりちゃん、回復してるんですねー♪
自分でギブスを取って、ちゃんとリハビリまでしてるとは、
なんて賢いインコちゃんだんだろー^^
リハビリ中、カゴの端っこにみんなが集まってるのも可愛い(*^m^)
きっと、応援してるんですよー!
まだ重心がかなり左のせりちゃん、
可哀そうだけど、コロンとしててなんだか可愛いですね(*^m^)

バスにはそうやって乗るんですねー
小さな箱に移すのかと思ったけど、
カゴごと持っていなかくちゃいけないんですね!
バスに乗ってて「ピィピィ」可愛い小鳥さんの鳴き声が聞こえたら、
きっと嬉しくなると思いますー♪

せりちゃん、リハビリ頑張って、
早く治してねーhappy01

なずな・ままさん

こんにちは。

ふきちゃん、少しずつよくなって良かったですね。

誰にも言われず自分からリハビリするふきちゃん、
それを見守り応援する家族、
可愛いですね…。

確かに、ふきちゃんの治療方針に対する、
今回下したままさんの判断、
考えれば、難しいし怖いですよね…。
私は、瑶ちゃんの時に経験してますし、
人間の場合にも置き換えられる難しさだと思います。

本当に良かった…!
このあとも、お大事にして下さい。


ribboncoocoさんへ

応援ありがとうございます(#^.^#)

ギブスは異物だと思ったのか、気にして取っちゃいました。
ギブス取っちゃった時はどうしようかと思ったけど、でも結果的には、なくてよかったみたいです。
自然の治癒力で治っちゃったんですね~♪

インコを移動させるのに、升カゴという小さいカゴもあるんだけど、以前それでつれていったらカゴの中の様子も診断の参考になるのでカゴごと連れてきてくださいと言われました。
フンの状態とかも見るんですよね~。
カゴは、なずなのキャリーより大きくてかさばります(>_<)

バス、実はペット料金を払うのを忘れちゃって…(^^;)それでちょっとハラハラしました(笑)

ribbon熟れたバナナさんへ

ありがとうございます。

そうなんです。
ギブスが取れたままにしていいのかどうか、迷ったけど、この決断にしました。
結果的にはよかったんですが、これで曲がったままくっついたとか、神経が切れたとか、動かないままだったらどうしよう…ってかなり心配しましたよ。

動物を飼ってるとこういう時の判断が大変ですね(>_<)
バナナさんは瑶ちゃんの時に体験してるんですね。
人間は、自分で判断するから責任は本人にあるけど、ペットは飼い主の判断にまかされますからね~。。。
責任を感じます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/52150734

この記事へのトラックバック一覧です: せり、リハビリ中:

« 猫さんぽ | トップページ | 日本画教室 岩絵の具は美しい »