フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 真夜中の葛藤 | トップページ | 秋の個展に向けて »

2015年2月 1日 (日)

東山魁夷展

渋谷区広尾にある山種美術館に行ってきました。
東山魁夷没後15種年記念特別展「東山魁夷と日本の四季」。

Dsc_37920101

画集は見たことあるけど、生の絵を見るのは2度目。

印刷したものを見るとわからなかったけど、けっこう絵の具を盛って描いてます。

少し離れたところから眺めて鑑賞。そしてメガネかけて接近してマジマジと観察。

ポストカード買いました。

Dsc_37930101

右上の「年暮る」。画集を見たときいいな~と思ったのですが生はほんとにすばらしい。

右下の「北山初雪」は構図がまるでハーモニーのように感じられて惹きつけられました。

山種美術館のロビーにはカフェがあり、所蔵してある絵や展示中の絵を模した和菓子が出されています。

私は蘭のお茶を注文しましたが、友人は「北山初雪」の和菓子を注文。

Dsc_37890101

私が注文した蘭のお茶にはお団子の形の和菓子がオマケについてきましたが、真ん中にあるのが「北山初雪」の和菓子。
色合いとツンツンした形状が似ていますね~(#^^#)

ランチは恵比寿駅からちょっと歩いたところにある人気店「ビストロ シロ」。

予約客が多いようで、12時前に行ったのに満席に近く、1時までという条件でなんとか座れました。

Dsc_37830101

Dsc_37840101

Dsc_37860101

お料理もデザートもおいしかったのですが、このパンがおいしかった!
たぶん今まで食べたパンの中で一番おいしい!
…って、ふだんコンビニのパンくらいしか食べてないからかな(^^;)

ところでこの日、駅のトイレに入ったらめずらしく和式。
和式は久しぶりだな~と思って用を足し、立ち上がろうとした時、目の前にある手すりについつかまりそうになり、あ、イカンイカンと思いつかまらずに立ったのですが…これはあと数年したら立てなくなるかも~と心配になりました。

普段イスとテーブルと洋式トイレの生活をしていると、しゃがんだ状態から立つという動きをやらなくなりますよね。

やらないでいるとできなくなりますよね。

ちょうどこの日の朝、友人と電話でそういう話をしたのでした。

彼女が先日腕立て伏せをやってみたら、1回しかできなかったというのです。
え~!1回?もっとできるでしょ!
と、私がやってみたら…1回しかできませんでした(TT)

いや、無理すればあと2、3回はできるでしょうが、スジとか関節とか痛めそうな気がしてやめました。

そういえば、十代の頃は背中を反ってブリッジができたのに、二十代にはできなくなり、三十代には足をおさえてもらわなくても腹筋が10回できたのに、今は1回も上半身が上がらなくなってしまいました(。>0<。)

たぶん、毎日、ブリッジと腹筋と腕立て伏せをやっていたら、いまでもできたかもしれません。あ、ブリッジは無理か…(;´▽`A``

しかしやはり、やらないでいるとできなくなる!

これはイカン!

せめてしゃがんだ状態から何もつかまらずに立てることは、維持していかなくちゃ!

そして、歩いて美術館行ってランチして…というのも、続けましょう(#^^#)

だって、外に出ずにいてますます出不精になり、まったく外出しなくなってしまう人もいますから。

ちなみにとうちゃんは、イスに座らないとズボンが履けません。別に関節炎とか病気ではないですよ。筋力の低下だと思います。。。(;´д`)トホホ…

« 真夜中の葛藤 | トップページ | 秋の個展に向けて »

コメント

大腿鍛えないと...まぢで歩けなくなりまっせ。

あ...腕立て伏せ、1回もできません。(自慢)

「北山初雪」の絵は切手にもなりましたよね。
私も好きな絵です。

確かに和式トイレって少なくなりましたね。
いつも行くデパートのトイレが和式なんですが、そこでくらいしか利用しないかな。

さっき腕立て伏せ、やってみました。
(何十年ぶり?)
2回。。
もうちょっとできたかもしれないけど、やめておきましたsweat01

美術館に行かれたんですね♪
うわぁ…静かで綺麗な絵ですね〜。
ずっと眺めていても飽きないような…。
少し離れたところからの鑑賞と、接近しての鑑賞、
生の絵を見ないとわからない素晴らしさがあるんでしょうね〜。
絵にとんと疎い私ですが、以前モネの睡蓮を美術館で間近に見たとき、
ええっ!こんな全然関係ない色の点々が離れてみると睡蓮の花や葉っぱ、水面の深い色になるの〜!?
と、ビックリした覚えがあります。
そこで初めて生の絵をまじまじと近くでみるとわかることがあるんだ〜って感心したんですが…。coldsweats01

美術館のカフェ、展示中の絵を模した和菓子が出されるなんてオシャレですね〜。
ホントだ♪ 色合いとか形とかなんだかわかる気がします。happy01
それにしても、蘭のお茶なんてあるんですね〜!
どんなお味でしたか〜?happy02
あ…私、若いころから腕立て伏せは1回もできませんでした…。coldsweats01
ちなみに子どもの頃公園で自主練猛特訓しても、やっぱり1度も逆上がりができませんでした…。sweat01
この運動音痴ぶりは衰える前から悲惨で、現状と比較しようがありません。とほほ…。

やっぱりままさん、美術館好きですよね♪
美術館なんて私には縁がないんだけど、
たまーーに行くと、なんだか自分も絵心のある人になった気分になったりします(笑)

老化は足からって言いますよねー
やっぱり毎日いっぱい歩くのがいいのかな?
腕立て伏せですかー
私、肩が弱いので、今は一回とか2回とかしか出来ないかも(;^ω^)
私も少し前に、筋力付けようと思って腕立て伏せしてたんだけど、
腕立て伏せは首も痛めるかもしれないから止めた方がいいと接骨院で言われましたよー
確かに、ムリすればもっとできると思うけど、あちこちの筋とか痛めそうでしすよね(;^ω^)

それにしてもCooさんの運動音痴ぶりに思わず笑ってしまいましたー(*>∀<)
私もわりと運動音痴でしたが、上手がいた!(笑)

ribbonうめさんへ

やっぱり鍛えないと歩けなくなるよね。

この先さらに年齢を重ねるとそうなるから、維持しなくては…(><)

あ、腕立て伏せ一回も……(^^;)
私も、似たようなもんだわ。

ribbonnaokoさんへ

あ、切手になったんですか~。
さすが。

自宅が和式トイレだと、高齢者でもしゃがんだり立ったり楽にできるようですよ。人によると思うけど…。
便利で楽になった分、体は衰える気が…(^^;)

え!腕立て伏せ2回!
それはすばらしい!(≧∇≦)

ribbonCooさんへ

きれいですよね。北山初雪。
ずっと見ていても飽きないです。

モネの絵は私も初めて実物を見たときびっくり。
近くで見ると何を描いてるのかわからなかったりして…(^^;)
離れて見て、あ、スイレンの葉っぱの部分か~とか(笑)
だって、いろんな色の大きなドットが重なっていて、輪郭もないので…
印象派はまだ自分の中で理解できてなく、今後鑑賞を重ねて勉強します~(^^;)

蘭のお茶は、お茶というよりお湯?
おめでたい時に出される桜湯ってありますよね。あれと似ています。
塩漬けにした蘭の花がお湯の中に入っていて、ほんのり塩味の飲み物でした。
桜湯は桜の香りがするけど、蘭の香りはしなかったような…。。。
名前がちゃんとついてたんだけど忘れちゃった(;´▽`A``

あ、お子様の頃から腕立て伏せが0回でしたか~(^^;)
それは現状と比較しようがありませんね~(笑)
でも、衰えてないってことで、いいじゃないですか!(≧∇≦)

私も、逆上がりができなくて、見るに見かねた祖父が自宅に鉄棒を作ってくれたんですよ。そこで一人で猛特訓しました(;´▽`A``
で、なんとかできるようにはなったけど、調子に乗って学校の一番高い鉄棒で遊んでいたら、顔から落ちて顔が血だらけになりました(;´д`)

今はきっと逆上がりはできないだろうな~。
公園で試してみてもいいけど、頭が下になった段階でめまいがして落下すると思うので…救急車が来たらはずかしいからやめておきます。


ribboncoocoさんへ

お!腕立て伏せは首を痛めますか。
って、痛めるほどできないから大丈夫です!(笑)
coocoさん、以前は鍛えてたんですね~。偉いな~。

腹筋も、昔はあおむけになって足を延ばして腕を頭の後ろで組んで、上半身を起こす…っていうやり方だったけど、数年前にストレッチを習った時にはやり方が変わってましたね。
膝を立てて上半身はおへそを見るくらいまで上げればいいって。
それならできます~。

やっぱりどんな運動も無理すると逆効果なんでしょうね。

Cooさんの運動音痴ぶりに私もちょっと嬉しくなりました。おお!仲間がいた~♪って(#^^#)
私は走るのが苦手で、徒競走とマラソンではビリ以外になったことがありません!(自慢!)
それから、バレーのサーブは相手のコートに入りません!(さらに自慢!( ̄▽ ̄))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/58776713

この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷展:

« 真夜中の葛藤 | トップページ | 秋の個展に向けて »