フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 御岳渓谷再び | トップページ | 青梅市吹上花しょうぶまつり その1 »

2017年6月14日 (水)

なずな一周忌

6月12日は、なずなの一周忌でした。

Dsc_411901

Dsc_412201

お仏壇にはなずなに似合いそうな花を供え、庭にあるお墓にも新しい花を置きました。

Dsc_412501

この一年が、長かったような短かったような…。

けれど、亡くなった直後よりも今の方が涙もろくなっているのです。

なずなは闘病生活が長かったし、最後の頃は目も見えず耳も聞こえず腰が曲がりお散歩も行けなくなってしまったので、がんばり続けるのもかわいそうになりました。
なので亡くなった直後には「やっと楽になったね…」という気持ちで、涙があまり出なかったのです。

その後も、年老いて病気になったなずなの姿しか思い出せず、喪失感もあまりありませんでした。

ところがだんだんと月日がたつごとに、元気でかわいかったなずなの姿を思い出すようになり、あの頃のなずなはもういないのだという喪失感がじわじわと湧いてきました。

今でも近くをトコトコ歩いているような気がします。
でもなずなの姿を見ることができません。

とてもとても会いたいのです。
元気でかわいかったなずなに会いたい!
でも会えないので、ポロポロ涙がこぼれてしまいますcrying

古いブログを見てみました。

すると、「こんなことがあったっけ?」「こんなことをしたっけ?」と、今ではまったく覚えていない思い出がたくさん詰まっていました。

これは2008年、フィラリアの検査の採血の後の顔(≧m≦)
なずな9歳です。

CIMG2604.JPG

お散歩で時々黒猫が現れ、なずなの後をついてきていたようです。
すっかり忘れてました(^^;)

koroneko4.jpg

kuronekohutatabi.jpg

kuronyan3.jpg

kuronyan6.JPG

4枚はそれぞれ違う日に撮影したものです。

4枚目、すごいですよ。大接近してますよ!

お散歩の時に何度も会っていたんですね。
この黒猫も逃げないし、なずなも猫好きで脅かさないようにやさしく接しているので、こんな写真が撮れたんですね♪

これから毎日古いブログのなずなに会いに行こうと思います。

あー、なんだかちょっと楽になりました(#^^#)
ブログをやっていてよかった!

古いブログは「おっとり漫画家と犬の生活」です。

 

« 御岳渓谷再び | トップページ | 青梅市吹上花しょうぶまつり その1 »

コメント

ままさん…。

こんにちは。

FBでなずなちゃん一周忌の記事を拝見して、
ああ…そうだったなぁ~と
思い出していました。

悲しみの受け止め方って、
人によって、ちょっとずつ違うンですね。
でも、私もブログで少しずつ立ち直った…
ってところは、
ままさんと似てると思いました。
過去のものを読み返したり、
或いは写真を見返したり、
(私の場合は、過去を思い出して、
改めて活字にすることでした。)
少しずつ少しずつ
立ち直り、前を向き、
元気を取り戻していくものなんだと…。
でも、絶対、
忘れるものではないし、
他で代わりを成せるものでもない…。
都ちゃんは都ちゃん。
なずなちゃんの代わりだと思ったら、
都ちゃんにも可哀想な事だし、
多分、なずなちゃんも
それは喜ばないでしょうね…。
私も、花ちゃんが来てくれて、
救われて、笑いを取り戻せて、
幸せが帰っては来ましたが、
テレビや何かで、
可哀想なわんちゃんの話とか見てると
不覚にも涙が出てしまうことがあり、
それは、瑶ちゃんの色~~~~んな事を
忘れてないからだと思います。
実際、花ちゃんを迎えても、
暫くはメソメソする日が
続いてました。
私の場合、瑶ちゃんを、
意を決して、自宅に作ったお墓に
埋葬してあげることで、
ようやく、メソメソ生活から
抜け出しました。
人によって、
何が抜け出せるきっかけになるかは
みんな違うとは思いますが、
経験者として一つ感じのは…、
立ち直るための努力をしながらも、
悲しいと感じるなら、
とことん悲しみの中にどっぷり浸り、
泣きたいのなら思いきり泣く…、
それをがまんすると
多分、いつまでも尾を引くンだと
思いましたね。
私は、泣いてる姿をダンナに見て欲しい!
と思う時には、
わざとでも、
ダンナが気づくようなシチュエーションで
泣きました!

ままさんが少しずつ
立ち直られることを願って…、
改めて、なずなちゃんのご冥福を
お祈り致します。


そうでしたね…
もう1年…と感じたり
まだ1年…と思えたり…
時の流れは その時々で感じ方が変わったりします
亡くなった時は「亡くなった」という現実がすごく悲しい
時が経つにつれ、「もう会えない」ということが
とても身にしみて、淋しくて淋しくてたまらない
今のなずなままさんが そうなのでしょうか…
昔のブログを読み返して、懐かしいなずなちゃんに、
思う存分会ってください
思いきり懐かしがってくださいね
そうすることは、弱いことでもなんでもないですから…
思い出す、覚えてる、忘れない、ってことが 魂への一番の供養ですもん

なずなちゃん、お空でどんなふうに過ごしているでしょうねぇ
走ってるかな? 食べてるかな?
お友だち、何人できたかな?
そんなふうに思いを馳せることにも ホッとするでしょう
虹の橋のたもとに広がる広場は、絶対にあります
そこでアタシたちは、また会えますよ(^-^)

お久しぶりのコメントになってしまってごめんなさ~い

あれからもう1年ですか~・・
こうやって、元気だったころのなずなちゃんの写真見てると、
今でもいないことが信じられないような気がします

私もクゥが亡くなって1年は、まだクゥの気配も感じてたし、
会いたくても会えない寂しさで泣いてたかな~?
ままさんも、まだまだ寂しい時だと思います

昔のブログでなずなちゃんの思い出に沢山ふれて、
癒されて下さいね

なずなちゃんもそんなままの様子を見てると思います^^

私も、あの頃は本当に辛かったんだけど、
クゥはもう、今年で6年になるので、
今じゃ昔のように泣くこともないし、
思い出すことも減ってるんですよね~coldsweats01
冷たいと思われるかもしれないけど・・
でも、忘れることはないし、
やっぱり今でも可愛いんですよ^^
時間ってのは、ちゃんと癒してくれるんだなと、実感しています^^

ribbon熟れたバナナさん

たくさんのやさしいお言葉をありがとうございます。

そうですか。花ちゃんを迎えた後でも泣いてましたか。。。そうですよね。

漫画でペットロスの話をいくつか描いたので、ペットロス関係の本は何冊か読んでいるんです。
で、主人公が立ち直っていく姿も描いてるんですが…自分が体験して改めて、ワンコを亡くすという重さを実感しています。

そうそう、ペットロスの本に書いてありました。
泣きたい時はガマンせずたくさん泣いた方がいいって。
で、その漫画で主人公にそのセリフを言わせました(^^;)

自分のこととなったら、こんなに泣いてちゃイケナイんじゃないか、なんて考えるものなんですね~。
これからは泣いてる自分に「泣いていいよ」って言いたいと思います。

バナナさんありがとう、気づかせてもらいました(#^^#)

ribbonこまいぬさんへ

ありがとうございます。
こまいぬさんのコメントを読んでまた堤防が崩壊し…(^^;)
もう涙腺が故障してるとしか思えません(笑)

やはり「もう会えない」ということが寂しくてたまらないんですね。
今、そうです。
今すぐにここになずなにいてほしいんです。
会いたくてたまらないんです。
抱っこしたい、なでなでしたい。一緒にお散歩したい。

古いブログを見て、今その場面に私がいる気分になろうと思います。
なずながここに来てくれないなら、こちらから行けばいいんですよね。
タイムトリップですsmile

ribboncoocoさんへ

coocoさん!生きてましたかーーー(≧∇≦)
よかった、よかった!(笑)

えーー、クゥちゃん6年になりますか!
なずなと一緒にお散歩したよねー。
なつかしいなぁ。ずいぶん年月がたったものですねぇ。。。

今でもブログを見ていただきコメントいただきすごくうれしいです。

そうですよね。時間がたてば楽になりますよね。

たぶん、今の状況は時間の経過の中で必要なことなんだと思います。
だから、泣きたい時は泣くことにしました。

父が亡くなって11年たつけど、確かに今は思い出すこともめったにないし。
だけど、父が亡くなった時も一周忌にもその後も、あまり涙は出ませんでした(^^;)
親よりもワンコが亡くなった時のほうがたくさん泣いたって人、多いよね(*^m^)

なずなは、犬よりネコとのほうが相性よかったんだよね~。
犬にはガウガウするくせに~~(爆)

1年経ったんですね。ベルも旅立ってから、7年経ちました。ベルと過ごした時間は、夢のようでした。
楽しかったなぁ。私もベルに会いたい、会いたいって思います。
かなわないんですけどね。
でも、いつかきっとまた会えると信じています。
だから、ママさんもきっとまたなずなちゃんに会えます、と信じています。

ribbonうめさんへ

そうなのよー。
猫が大好き。チュウしちゃうくらい。
でも、吠えたり急に近づいたりはしないから、猫にも好かれてたみたいねー(#^^#)

ribbonベルのお姉ちゃんへ

ベルちゃんは7年ですか。で、今でも会いたいんですね。
キャンベルちゃんがいてもそうなんだーー。。。
そうですよね。ベルちゃんはベルちゃんだもんね。

虹の橋で会えるかな。
その後はずーーーーっと一緒にいられるんですよね。

死ぬ時はそう考えよう。そうすれば死ぬのも怖くないもんねsmile

なずなちゃんの命日、すずと一緒だったんですね。
なずなちゃんの絵を見ていると
なぜだかすずを思い出していました。
シロツメクサの中で、後ろ姿で待っているポメを見て
今でも、涙が溢れます。(´;ω;`)ウウ・・・
いつまでも悲しんでいてはいけないと言われますが
まだまだ、寂しいです。

ribbonhirokoさんへ

ほんとだ!
すずちゃん、同じ命日。なずなの一年前なんですね。
じゃ、まだ2年じゃないですか。そりゃまだまだ寂しいでしょうweep

私は、時々発作的に今すぐに会いたくなって泣けてくるんです。
どうしようもなく会いたくなるんです。
一年たってもそうだと思います。

後ろ姿のポメ。大事にしていただきありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/70858278

この記事へのトラックバック一覧です: なずな一周忌:

« 御岳渓谷再び | トップページ | 青梅市吹上花しょうぶまつり その1 »