フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 満開のヤマザクラの下子猫3匹生まれました。 | トップページ | 秋高し映画と俳句と運動会 »

2017年10月 3日 (火)

酒飲みのテーマパーク石川酒造

東京都福生市にある酒蔵、石川酒造に行ってきました。

青梅線拝島駅からのんびり歩いて20分ほどです。

広い敷地内の散歩ができ、イタリアンレストランと和食蕎麦屋で日本酒やビールを飲むことができ、酒蔵見学もでき、売店もあるという楽しさ満点の酒飲みのテーマパークです。
しかも近くに多摩川が流れ緑の多い癒しの環境の中にあります。

Cimg6150

酒造の前を流れる水路は玉川上水から生活用水として引かれたものだそうです。
澄んだ水のそばに赤とんぼがいました。

Cimg6133

Cimg6134

見学も食事も要予約です。

食事は和食「雑蔵」で。

Cimg6136

Cimg6137

自家製薩摩揚げと丸茄子の田楽などをいただきました。
お蕎麦がおいしかった!
お酒は、「多摩自慢・東京の森」と純米酒を注文。

お酒を飲みながらのんびり食事をしているうちに、見学の時間となり集合。

Cimg6146

中央の袢纏を着た男性が説明をしながら案内をしてくれました。

スムーズな説明のところどころにギャグを入れお客さんを笑わせ飽きさせないトークは、まるで噺家さんのようでした。

Cimg6147

Cimg6145

明治20年、地ビールを醸造した時に使った釜。

Cimg6148

Cimg6141

最後に試飲。「多摩自慢・八重桜」。
縁起を担ぎ濁らず、「やえざくら」ではなく「やえさくら」だそうです。

Cimg6138

立派な夫婦欅。
包帯をして養生中なのは夫の欅。木も妻の方が元気なのだそうです。

Cimg6139

Cimg6140

仕込水。

広い敷地内はきれいに整備され、水と緑が美しい癒しのほろ酔いテーマパークでした(#^^#)

地図を見るとこの近くが多摩川なので、行ってみることに。

Cimg6144

河川敷が公園になっていましたが、広すぎて川が見えない(^^;)

Cimg6142

澄んだ青い空とすがすがしい風と秋桜と赤とんぼと。
秋を感じる一日でした。

石川酒造で自分用のお土産として買ったものはこちら。

Dsc_483601

300mlの日本酒「多摩自慢」飲み比べ。
同行した友人に、一日一本の量にとどめるよう言われました(^-^;

Dsc_483201

燻製の卵とチーズと酒粕飴。

« 満開のヤマザクラの下子猫3匹生まれました。 | トップページ | 秋高し映画と俳句と運動会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/71857290

この記事へのトラックバック一覧です: 酒飲みのテーマパーク石川酒造:

« 満開のヤマザクラの下子猫3匹生まれました。 | トップページ | 秋高し映画と俳句と運動会 »