フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 作品を病院に飾っていただく | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ »

2018年2月15日 (木)

深大寺 湯守の里

先月熱海の温泉につかったところ、右腕の痛みが非常に和らいだので、再び温泉の癒しを求め一人で出かけたのが…

東京都調布市深大寺にある天然温泉「湯守の里」。

Dsc_567901

バス停「深大寺」から歩いて10分ほど。

Dsc_568001

外観はこじんまりとした木造二階建てで、歴史を感じる昭和な雰囲気。

湯治を目的とした温泉だというポリシーが感じられ、居心地がよく心からのんびりできました。
お客様も、一人でいらしてる方が多く、あるいはご夫婦、親子の二人連れといったところで、複数でワイワイする人は全くなく、みなさん体を癒すことを目的にいらしてることがうかがえました。

Dsc_568401

↑源泉。

温泉は黒湯。
地下1500メートルから湧出した100%天然温泉。
数百万年前の大陸移動による地殻変動によって地中に閉じ込められた海で、化石海水とも呼ばれています。
その化石海水が地熱によって温められたものが温泉となってるそうです。黒い色は海水中の海藻類が微生物により分解されたフミン酸によるもので、ミネラルが多く含まれてるそうで、効能も多く疲れをとるのにとても適しているそうです。
(以上、湯守の里の温泉案内より)

露天風呂がと~っても気持ちよかった!
何種類ものお風呂があり、風水を取り入れた造りになっているそうで、そこにいるだけでパワーをもらえるとか。
周囲は自然の雑木林。
岩に囲まれたお湯の上に、松葉や山茶花の花びらが落ちるのも風情があります。
空気は冷たかったのですが、木漏れ日が暖かい。

大地と石と木々に抱かれて自然の力に体をゆだねる贅沢。

一旦お風呂から上がり、二階のお食事処へ。
天ざるをいただきました。

Dsc_56820101

食休みをした後、また露天風呂へ。

タオルセット、館内着付で1200円でした。

湯守の里を後にし、深大寺にお詣り。

Dsc_569301

鬼太郎茶屋はお休みでした。

Dsc_568901

祝日の翌日に行ったので、振替でお休みしているところが多かったのが残念。
開いているお茶屋さんで甘酒をいただき、帰宅しました。

たっぷり充電した一日でしたgood

« 作品を病院に飾っていただく | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ »

コメント

アタシ、ママの子? 読ませて いただきました。
我が家にも なずなという ポメが おります。
12歳に なりました。
なずなが 我が家に来て 暫くして 麻乃先生の 本で 先生のお宅も なずなちゃんと 知りましたU^ェ^U
アタシ、ママの子? 大事に したいと 思っています。

ribbon上記コメントをくださった方へ

コメントありがとうございます!
ええっ!なずなちゃんってお名前のポメちゃんがいらっしゃるんですか!
感動ですsign01

12歳になるんですね。
うちのなずなが12歳だった頃のことを思い出します。

「アタシ、ママの子?」も読んでくださりありがとうございます。

なずなちゃん、これからも元気で楽しい犬生をすごしてくださいねheart02

今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/72922650

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺 湯守の里:

« 作品を病院に飾っていただく | トップページ | 仁和寺と御室派のみほとけ »