フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 都ちゃん再びの試練 | トップページ | 都ちゃん抜歯 »

2018年5月28日 (月)

ターナーそして薩摩焼

「ターナー 風景の詩」を観に行きました。

Dsc_65230101

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館。
42階なので見晴らし抜群です。

Dsc_653001

右のこんもりした緑は新宿御苑。左奥にうっすらスカイツリーが見えます。

以前もターナー展を観に行ったことがあるのですが、その時は水彩や油彩の大きな作品が多く、壮大な風景画に感動しました。

今回の展示会は大きな作品もありましたが、比較的小さなサイズの作品や挿絵なども多く、その細かな描写にびっくりでした。

A5サイズからハガキサイズくらいの紙に、山や滝や海や川などの風景、そしてそこに暮らすたくさんの人々や動物や鳥なども描かれてあり、よくまあこんなに細かく描けるものだと感心しました。
そこに壮大さもあります。
光と影の表現もすばらしい。

どのくらい細い筆で描いたのかな~、などと考えながら美術館を出て、小田急百貨店で開催中の鹿児島物産展へ。

まず目に入ったのが薩摩焼の絵付けの実演。

Dsc_6531010101

こ、細かい!!
この規則正しい細かい模様が手描きですかっ!

この日は細かい作業に感心する日でした。

Dsc_653501

籠目透かし彫りと細かい文様の超絶技巧。

高級品ですが、空間の多い安価なものも販売していて、私はフリーグラスを購入。

Dsc_65380101

Dsc_65400101

さっそくこの器で冷えた日本酒をいただきました。

Dsc_6546010101

鮎の塩焼きと水茄子の浅漬け、北寄貝のお刺身と空豆。

« 都ちゃん再びの試練 | トップページ | 都ちゃん抜歯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/73572098

この記事へのトラックバック一覧です: ターナーそして薩摩焼:

« 都ちゃん再びの試練 | トップページ | 都ちゃん抜歯 »