フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2019年のグループ展 | トップページ | 大田黒公園で吟行 »

2018年11月25日 (日)

東山魁夷展

国立新美術館で開催中の「生誕110年東山魁夷展」に行きました。

Img_20181122_174338

Img_20181122_174248

美術館に入ったとたんびっくり!
なんと行列ができてます!
誘導する係りの男性がマイクで「エレベーターで2階に上がっても入れません。こちらが入場最後尾となりますのでこちらにお並びください。」などと言ってます。

なぬ?!
2階で開催されてるのに最後尾が1階?!

長蛇の列に思わずめまいがしましたが、この日待ち合わせをしている友人とまずはレストランでランチしてからゆっくり見ようねと計画していたので、めまいを覚えつつレストランポール・ボキューズへ。

Img_20181122_165504

黒川紀章さん設計の建物の空間の中に、浮かんでいるようなレストランです。

Img_20181122_155211

すると、あらら~、ここも行列!

友人と合流し列に並び、順番を待ちます。
するとまだ正午前で席が空いていたのかすぐに番がまわってきました。

Img_20181122_165423

二人でシャルドネを注文。

Img_20181122_155405

サワラのお料理。アーモンドのソース。サツマイモのクレープ添え。

Img_20181122_174600

デザートは以前選んだババが非常に気に入ったので今回もババ。
ラム酒にタプタプに浸かっているケーキです。
スイーツ苦手な私でもおいしくいただけます。

おいしいお料理とお喋りをしばらく楽しみ、忘れるところでした。
そうです、これからあの行列に並ばなければならないのです!

するとあら不思議。行列はなくなってました。

Img_20181122_155012

すんなりと入場しましたが、やはり混んでます。
人混みの間から鑑賞したり人がいなくなるのを待って前列に入ったり。

東山魁夷は現役の頃から大変人気のあった画家のようですが、現在もその人気は衰えませんね。

つらい体験から救い出してくれたのが美しい風景だったということで、東山の作品は風景を中心にしたもの。
しかし70代からは忙しすぎて写生をする時間もなく心の風景を描いたとのことです。
そして90歳を過ぎても大きな作品を残しています。
絶筆の作品には風景の中に星が一つ輝いていました。なんだか涙が出そうになりました。

唐招提寺障壁画は素晴らしかったです。
波の絵からは波の音が聞こえそうでした。

« 2019年のグループ展 | トップページ | 大田黒公園で吟行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397644/74663628

この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷展:

« 2019年のグループ展 | トップページ | 大田黒公園で吟行 »