フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月18日 (火)

「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」4刷目の増刷のお知らせ

半月前の12月4日の記事で、「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」の3刷目の増刷のお知らせをしましたが、あっという間に売れたと出版をお任せしている創英社から連絡があり…

今年中に4刷目の増刷をすることが決定したとのことです!
やった~~ヽ(´▽`)/

SNSなどで広めてくださったみなさん、そして励ましてくれた友人知人のみなさん、どこかでふと見つけてご注文してくださったみなさん、そんなみなさんの応援のおかげです。
ありがとうございます。
そしてなずながお空からパワーを送ってくれているのだと思います。
ありがとう、なっちゃん。

Img_20181218_130459

Img_20181218_130524

しかしここまでたどりつくまでには、何度もつまづきがありそのたびに選択をせねばならず、悩んだり迷ったりの苦悶の日々があったのです。

それを越えて、この嬉しい状況に至ることができ、本当に嬉しく思っています。

今後もよろしくお願いいたします!

目指せ、平積み!

2018年12月14日 (金)

絵本2作目作画スタート

「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」に続く、絵本2作目を描き始めました。

絵コンテが終わった段階で一度出版社と打ち合わせ。
今回もスタートは自費出版からです。

そして下絵も完了。

Img_20181211_130001

今回は猫とおばあちゃんのお話。
「ヘルパーになった猫(仮)」。

イントロ部分だけ彩色してみました。

Img_20181211_130024

母の介護の経験と、都ちゃんとの生活の経験から生まれたお話です。

まずは、毎日楽しく彩色しています(#^^#)

出版予定は来年夏頃です。

2018年12月 4日 (火)

「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」増刷しました!

お待たせしました!
私、麻乃真純の絵本「アタシ、ママの子?-とある犬が思うことー」の3刷目が発売となりました!

今朝の朝日新聞に、広告が掲載されました(#^^#)

Img_20181204_080238

一面の一番下。
ドラえもんとフェルメールの間です。

Img_20181204_080310

在庫切れとなってから増刷まで、出版社の都合で時間がかかってしまい、読者の方々からお問い合わせをたくさんいただきました。

お待たせしてしまった皆さま、申し訳ありませんでした。
大変お待たせいたしました!

この絵本は私の自費出版で、2刷目も同じく自費出版で増刷したのですが、今回は売れ行きを見込んで出版社が管理してくださることになりました。
なので、新聞広告も出していただくことができました。

今後は、出版に関するお問い合わせ等は、創英社/三省堂書店に直接ご連絡いただければ幸いです。

創英社/三省堂書店https://www.books-sanseido.co.jp/soeisha/

今後も「アタシ、ママの子?ーとある犬が思うことー」をよろしくお願いいたします。
ペットと一緒に暮らしている方もそうでない方も、少しでもたくさんの方々に読んでいただければ幸いです。

Img_20181016_153202

Img_20181016_153919

2018年12月 3日 (月)

快慶・定慶のみほとけ

先月、三井記念美術館に仏像を見に行ってきました。

Img_20181129_065653

で、今度は東京国立博物館に仏像を見にでかけました。

Img_20181130_141715

今回は、運慶の弟子の定慶作の六観音に見入りました。
光背を外しての展示なので、背中を見ることもできました。

仏像はお顔もお姿も美しいけど、私が一番好きなのは手の指です。
爪の先や手のひらのシワ、指の関節のシワなども細かく彫られてあり、その指の反り具合など見ているとうっとりしちゃいます。
なので見るのに一番時間がかかるのが千手観音です(笑)

六観音の中で一番気に入ったのは如意輪観音菩薩坐像でした。

Img_20181203_091356

また、快慶作の十大弟子立像と快慶の弟子の行慶作の釈迦如来坐像が同じ空間に展示されているのが圧巻でした。

上野公園の紅葉もなかなかきれいでした。

Img_20181130_123901

博物館近くの大銀杏。デカい!
木の下を歩く人の姿を確認できるでしょうか?
この木の大きさがわかると思います。


« 2018年11月 | トップページ