フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月22日 (月)

犬猫似顔絵 2019.4月

今月も似顔絵のご注文をいただきました。
首に負担をかけずに作画できるよう、こんなん作りました(#^.^#)

Img_20190421_121606

これはいい!
もっと早くこういう台を作ればよかった~。

今回はスケッチブックに使われてる厚手の紙とティッシュの箱で作った即席。
しっかりと板で作ろうかな~。

Img_20190421_121441

Img_20190421_121342-2

ポロンちゃんです。
ソメイヨシノと一緒にとのご依頼でした。

Img_20190407_124330-1

たまるちゃんです。
首輪はお気に入りのピンクのもので。メッセージも一緒にとのご依頼でした。

Img_20190421_121844_1

ご注文ありがとうございました。

犬猫などペットの似顔絵はお顔のアップ4500円からです。
ご注文、お問い合わせはこちらから↓

<アトリエあさの>犬猫似顔絵

 

2019年4月21日 (日)

山中翔之郎個展と日比谷公園

パステル画家の山中翔之郎さんの個展を見に銀座へ。
ならば日比谷公園の松本楼のテラス席でランチをしようと向いました。
11時半に到着したのにすでにテラス席は満席。
しかたなく室内で食事をしましたが、広い窓から見える木々の若葉が美しく十分楽しめました。

Img_20190419_124447

しかもネモフィラが満開!

Img_20190419_124252

Img_20190419_124346

いつものチューリップもかわいく咲いてました。

Img_20190421_100726

公園を出て目的のギャラリーへ。

Img_20190421_100702

山中さんにお会いするのは数年ぶり。
彼も頸椎の病気をし手術をしているので、その時の様子も伺いました。
利き手の3本の指が麻痺しているにもかかわらず、この写実的な猫たちを生み出しているのだから、すごい!

Img_20190421_100544

Img_20190421_100636

Img_20190421_100613

 

2019年4月20日 (土)

東京国立博物館特別展「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」

上野の東京国立博物館。
チケット売り場は混雑していました。
しかし中に入ればそうでもなく…。

Img_20190417_113937_4

私のお目当ては、酒井抱一の「花鳥十二か月図」。

Img_20190418_101138

やっぱり好きだな~。
この空間の使い方が好きなのよね。

この日はとてもいいお天気で様々な八重桜が満開でした。

Img_20190417_113840
水に映る八重桜が美しい。

Img_20190417_124903
見事な一葉桜。

Img_20190417_125000
黄緑色の園里黄桜。

ホテルオークラガーデンテラスでランチ。

Img_20190417_122224

寒くなく熱くなく風もおだやかな、ほんとに気持ちのいい日。

首の脊柱管狭窄症があることがわかり、今後悪化して麻痺する可能性もあると考えると、こういう時間を大切にしようとつづくく思います。
動けるうちに動いて、見ることができるうちに見て、食べられるうちにおいしいものを食べて。
一日一生と思って日々を積み重ねていき、その時その時で感じられることを十分に感じていけば、生涯悔いはないのでは。
それはどんなに健康な人でもそうだと思います。

すばらしい絵と美しい桜とおいしいお料理をありがとう!

2019年4月14日 (日)

頸部脊柱管狭窄症

ひと月ほど前から両手の痺れが気になっていたので、近所の脳神経科を受診。
脳と首のMRIを撮ったところ、頸椎の脊柱管狭窄症でした(--;)

3年ほど前にも手の痺れを感じてMRIを撮ったけどその時は軽い椎間板ヘルニア。そのうち症状はなくなってしまい脊柱管狭窄症はありませんでした。
ということはこの2年ほどの間に頸椎6番が化骨化し出っ張ってしまったということか…。

椎間板ヘルニアの場合は、飛び出た椎間板が消えることもあり症状もなくなるらしいけど、脊柱管狭窄症の場合は化骨化した骨が減ることはなく、外科的な手術しか根本的な解決法はないとのこと。
悪化すると、痛みや麻痺の症状が出てくるらしい。
しかし手術はリスクがあり、周囲の人の体験談などを聞いた限りでも、術後よくなるどころかかえって悪化してしまったケースもあり、よくよく痛くてたまらないとか麻痺が出て動けないとかでなければ、手術に踏み切る人は少ないようです。

悪化して痛みや麻痺が出たら、絵も文字も書けなくなり日常生活もままならなくなるのか…と考えると落ち込みます。
これ以上悪化させないために、姿勢を正し首や肩のコリをほぐさねば。

というわけで、いつもお世話になっている鍼灸院に行ってきました。

途中、神田川沿いで見た淡い黄色い八重桜。

Img_20190414_150855

「御衣黄」だそうです。

Img_20190414_150753

こちらは「ウコンザクラ」。

 

 

2019年4月 9日 (火)

高齢者施設でお絵かき講師のボランティア

近所の高齢者施設からお絵かきの講師のご依頼をいただき、ボランティアでやらせていただくことになりました。

生徒さんはデイサービスにいらしてる高齢者の方々です。
今回描いていただいたのはチューリップ。
私が描いた下絵の線画と完成の絵を、コピーしてそれぞれにお渡ししました。

Img_20190405_163325

Img_20190405_163429

下絵は一輪だけ花を描いていないチューリップがあり、そこは各自で下絵を描いていただきました。
個性が出てよかったと思います。

Img_20190408_150131

次回もこの方法で、季節のお花を描きましょう。

実はこの施設では、17年前に同じようにお絵かきのボランティアを2年間ほどやらせていただいたことがあります。
当時はお絵かきによるセラピー効果というものにとても興味があり、アートセラピストの養成講座や絵画診断法の教室や子供たちのアートセラピーのボランティアなどに首を突っ込んでいたものです。

17年もたったらほどんどの内容を忘れてしまったけど…(^^;)

でも、あの頃身についたものは自然と出るものだと思った瞬間もあり、「人生無駄はない」といったところでしょうか。

そしてこの施設には、母が大変お世話になりました。
少しでもご恩返しができればと思っています。

 

2019年4月 4日 (木)

「ヘルパーになった猫」レイアウトとカバー

「ヘルパーになった猫」のカバーのイラストを描いて…

Img_20190325_150357

出来上がったので出版社へ。

Img_20190325_150300

すると右下のチューリップの葉の右側を塗り忘れていることを発見!
そしたら、今はすごいですね。
印刷の段階で左と同じ色を入れておいてくださるそうです。

帯の色や文章についても話し合い、着々と完成に向けて進んでいます。

今月中にレイアウトを送っていただき私の方でも検討してお返事することになっています。
タイトルのロゴとか帯の色と文章。そして本文のチェックです。
自分の意見を言えることが自費出版の良さであり楽しさですね。

ドキドキわくわくです(#^.^#)

出版は7月の予定です。

 

2019年4月 3日 (水)

2019お花見

今年の桜は開花が早かったけど、その後曇天の寒い日が続きました。
毎日花冷えといったところでしょうか。。。

Img_20190330_075753

3月28日の上野公園。
花より人間が多い(^^;)

そして3月29日の小金井公園。

Img_20190330_075544

Img_20190330_075447

満開に近かったので桜の木の下にシートを敷いて酒盛りを始めましたが…
冬のような寒さで、ダウンを着て座布団ひざ掛け帽子マフラーで防寒対策。
しかし寒さに耐え切れずカラオケに移動(^^;)

そして父の命日が近づいた4月1日に八柱霊園へ。
やっと青空の下でのお花見。

Img_20190402_090447

Img_20190402_090524

八柱霊園の桜は老木が多いです。私が赤ちゃんのころから大木だったもんね。
花のつかない枯れ枝が目立ってきました。
寿命なのかな~。
数年前から若木を植えています。

Img_20190402_090554

子供の頃よく遊んでいた噴水。
そのそばのこの桜はその頃にはなかったと思う。
幹も細めだし比較的若いのでしょう。

桜は幹の太い老木が好きだけど、やはり桜にも寿命があって世代交代していくんですね。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »