フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月21日 (火)

おお~きな貼り絵

お絵かき教室のボランティアをさせていただいている高齢者施設で、おお~きな貼り絵用の下絵を描いてほしいと依頼がありました。
利用者さんのKさんが、と~っても夢中になって毎週貼り絵をしてらっしゃるけど、満足できる下絵がないとのことで…
さらに、と~っても夢中になってらっしゃってすぐに完成しちゃうから、おお~きなもぞう紙に描いてほしいと。

さ~て、何を描きましょう。
やっぱり風景がいいかしら。
と、図書館で何冊か風景写真の本を借りてきて検討して、ヒマワリと富士山を描くことに。

Img_20190517_150341

下の写真を参考にして、上のようなイラストを描きました。
これは紙を貼るときの参考のイラストA4サイズ。

こちらが貼り絵用の下絵を描いたおお~きいもぞう紙。

Img_20190517_150455

2週間後に行ってみると…

Img_20190517_150643

おお!
Kさん、楽しんでらっしゃいます。
いつものように、と~っても夢中になってます。

Img_20190517_150537

少し手が不自由でらっしゃるので、リハビリになるのかも♪

「次は何を描いてくれるの?」って聞かれちゃいました(^^;)
いえいえ、Kさん、まだ白い部分がた~くさんありますから、出来上がってからまた描かせていただきますね。

2019年5月17日 (金)

生田緑地ばら苑とプラネタリウムと民家園と展望台と

かつては向ケ丘遊園だったという「生田緑地ばら苑」に行ってきました。
生田緑地には初めて足を踏み入れます。
藤子不二雄ミュージアム前でバスを降りしばらく丘を登れば、向ケ丘遊園だったころのなごりがそこかしこにあり、同行した神奈川県出身の友人は懐かしがっていました。

多摩丘陵の樹林に囲まれた「秘密の花園」は、たくさんの人で賑わっていました。

Img_20190516_065758

Img_20190516_065839

Img_20190516_070019

バラの種類によって香りが違うようで…
私はピンク系が一番いい香りに感じました。

Cimg9023

花の大きさがわかるよう手を添えてみました。

Cimg9024

Cimg9022

生田緑地にはプラネタリウムもあります。
上映時間に間に合うよう、林の中や坂道をせっせと歩き、「かわさき宙と緑の科学館」に到着。

Cimg9025

プラネタリウムは、シンプルで優しい内容で、天の川を見ながらちょっと眠くなりました(^^;)

その後少し離れたところにある「川崎市立日本民家園」へ。
消滅しつつある古民家を将来に残すために開園した野外博物館です。

土間のかまどや茅葺屋根など懐かしみましたが、いやいや広い!
登り下りの階段もあり、バス停→ばら苑→プラネタリウム→民家園でかなりの体力消耗(-▽-;)

しかしもう一か所行きたいところが。
せっかくここまで来たんだから枡形山の展望台に登りましょう!

ひーはー、ひーはー。
山を登ること20分ほどで頂上に到着。

Cimg9016

展望台に上がるも、高所恐怖症の私は壁にはりついたままで展望を楽しみ(?)ました。
運よく晴れていたので、スカイツリーも見えましたよ。

Cimg9015

この日の歩数は20980歩。

足の筋肉痛にはなりませんでしたが、翌日肩と首がバンバンに凝ってしまい…
大丈夫か?頸椎脊柱管狭窄症……(><)

 

2019年5月15日 (水)

桐生の隠れ家フレンチショコラ・ノアとふじのはな物語 その2

あしかがフラワーパークは、以前からテレビや雑誌でも話題になっているしバスツアーにも組み込まれているので、いつかは行ってみたいと思っていました。
やっと実現!

しかし残念!
メインの大藤や八重藤はやや見ごろが過ぎてしまっていて、白藤のトンネルも白い藤が茶色くなり始めていました。
それでも藤のいい香りは健在で、花もまだ咲いている部分が多くありました。

Cimg8958

Cimg8957

Img_20190511_103356

Cimg8956

Cimg8954

白藤の滝はまだまだ見ごろで、すばらしかったです。

Cimg8961

藤以外にもたくさんの種類の花をふんだんに植えてあり、藤の季節でなくても楽しめるようには工夫しているようです。

Img_20190511_103326

Cimg8959

ゴールデンウィークを避け5月10日に行きましたが、そこそこ混んでました。
やはり外国人観光客が多いです。
おととしのゴールデンウイーク中に行った友人は、ものすごい混雑でトイレも長蛇の列だったと。
そして去年4月末に行った友人は、藤はまだ見ごろではなかったと。しかし混んでいたと。
そうなると、藤の見ごろの時期は混雑に耐え、多少混雑を避ければ見ごろが過ぎている…ということでしょうか?

数年前にあしかがフラワーパーク駅もできたので、次回はタイミングを見計らい電車で行ってもいいかなとも思ったけど、見ごろを迎えたすばらしい大藤をゆっくりのんびり見物するのは、難しそうですね…(^^;)

2019年5月14日 (火)

桐生の隠れ家フレンチショコラ・ノアとふじのはな物語 その1

はとバスツアー貴賓席の旅「桐生の隠れ家フレンチショコラ・ノアとふじのはな物語」に参加しました。

初めてトイレ付きのバスに乗りました。
結局使わなかったけど、でも安心して乗っていられます。
座席もゆったり。席は最前列だったので見晴らし抜群です。
コンセントや使い切りスリッパもついていてお茶のサービスが朝と昼食後と帰宅時と3回。コーヒー、紅茶、リンゴジュースの中から選べます。フィナンシェもいただきました。

おおた芝桜まつりの予定でしたが見ごろが過ぎたため、栃木県足利市にある鑁阿寺(ばんなじ)に変更。
周囲に土塁と塀をみぐらしたお寺です。 

Cimg8937

県指定の天然記念物の大銀杏がすごかった。

Cimg8938

Cimg8939

続いて訪れたのが、桐生の隠れ家フレンチレストラン「ショコラ・ノア」。

Img_20190511_103537

Cimg8942

和洋折衷の趣あるレストランです。
昭和な雰囲気の佇まい。落ち着いて食事ができます。

Cimg8943

キハダマグロの自家製スモーク

Cimg8945

本日のクリームスープ

Cimg8949

クロダイのソテー ブールブランソース

Cimg8948

サラダ黒ゴマのドレッシング

Img_20190511_103500_1

カボチャのプリンアイスクリーム添え

どれもおいしかった~(#^.^#)

帰りはスタッフのみなさんが見送ってくれました。

Cimg8952_1  

次に向かうのはあしかがフラワーパークです。

2019年5月 3日 (金)

柴又帝釈天

東京都民でありながら初めて訪れた柴又帝釈天。
この日は令和初日ということで、御朱印を求める長蛇の列ができていました。

Img_20190501_145855

Img_20190501_145250

それを横目に帝釈堂彫刻ギャラリーと大庭園へ。

Img_20190501_164049

おお!これはすごい!

Img_20190501_164306

Img_20190501_164128-2

首を酷使できないので上の方はよく見られませんでしたが、十二支の彫刻、法華経説話彫刻など、文化価値の高い彫刻が盛りだくさん。
細かいし奥行きがすごい!

日本庭園も美しく整備され、ツツジやハナミズキ、ハナショウブが咲き、きれいでした。

Img_20190501_163803

Img_20190501_163632

その後、帝釈天より江戸川寄りにある山本亭へ。
こちらの日本庭園も美しい。

Img_20190501_163016

Img_20190501_163122

Img_20190501_163311

家を早めに出たので、これだけ見て歩いてもまだ正午前。

第一目的の、川千屋の鰻重を食べに向かいます。
参道は人が多いけど、正午前なので並ばずにお店に入れました。

Img_20190501_145152

Img_20190501_144931

Img_20190501_144858

鯉のあらいとウナギの肝、冷酒もいただき、大満足です(#^.^#)
おいしい~~~♬

 

2019年5月 2日 (木)

「ヘルパーになった猫」2回目の校正

麻乃の2冊目の絵本「ヘルパーになった猫」のカバーの絵。

Img_20190325_150300_1

レイアウトされたカバーデザインが送られてきました。

Img_20190418_091031

Img_20190419_112509

A案B案のどちらかから選ぶのですが、表はA案、裏の紙色はB案でお願いしました。

その後まもなく、最終校正の用紙が送られてきました。

文章や文字など間違いがないかチェックし、絵を移動したいページがあればそれを書き込んだりする、最終的なチェックです。

Img_20190502_123002

この作業が私の最後の作業となるようです。

後は出版を待つばかり!
発売は7月の予定です。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »