フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

趣味

2017年10月16日 (月)

工藤裕子さんクラシックminiライヴ

ピアニスト工藤裕子さんのクラシックminiライヴに行ってきました。

Dsc_489201

メンデルスゾーンの「無言歌集」やショパンのマズルカなど、知っている曲もたくさん演奏してくださいました。

「無言歌集」は一時期、漫画の仕事をしながら毎日聴いていたのです。

毎回工藤さんの演奏のすばらしさに感動し、魔法のような指の動きに感動します。
こういう特殊な技術をご自分のものとし、そして人々に表現するというのは、練習すれば誰でもできるというものではありません。
それは神様から選ばれたということなのかなーなどということも考えてしまいます。

そんな風に毎回感動するのですが、今回は特に工藤さんがすごく大物に見えましたshine
大きなパワーを感じたのです。

Dsc_489501

ほらね、こんなに違う。
キリッとしてパワフルな工藤さんと、ぽわわ~んとした輪郭のボヤけた麻乃(;´▽`A``

   notes   notes   notes   notes   notes

工藤裕子さんクラシックminiライヴは3回シリーズでショパンの後半生をたどるものです。

今後、シリーズ2とシリーズ3が予定されております。

<シリーズ2>
  2018年3月11日(日)

<シリーズ3>
  2018年12月16日(日)

かふぇほーるwith遊(杉並区荻窪)

入場料 全自由席 2000円

主催 フリッツ音楽企画

お問い合わせ Tel.Fax 03-5378-1205

ブログ http://kudoyuko.at.webry.info/

Dsc_489701

みなさん、工藤裕子さんの素敵な演奏をぜひ聴きにいらしてください。

2017年10月 8日 (日)

秋高し映画と俳句と運動会

このタイトルには秋の季語が2つ入っているし字余りなのでいけません(笑)

久しぶりに映画に行ってきました。

「セザンヌと過ごした時間」。

Dsc_485401

画家のセザンヌと小説家のゾラとの友情を描いたものです。

セザンヌとゾラの生涯を描いていますので、特に起承転結のストーリー性はありませんでしたが、最後のシーンが悲しく、エンドロールで涙が出ました。
友として愛しているがプライドもあるセザンヌの頑固で不器用な生き方。
どうして画家の多くが、作品を生み出すことに苦悩し、売れないことに苦悩し、そして死んでから絵が売れるんでしょうね~(^^;)

そして秋晴れの日曜日。
元アシスタントさんユリちゃんの長女いっちゃんの運動会なので、幼稚園まで行ってきました。

杉並区の風景や生活を詠んだ俳句の募集があるので、「運動会」で作ってみようと吟行を兼ねて。

Dsc_486301

気持ちのいい秋晴れsun

Cimg6291

いっちゃん、入場note

かけっこと体操とダンスなどに出場。かわいいな~~lovely

出場しない時間が少しあったので、その間に隣の神社にお詣りしたり、またその隣のお寺で吟行したり。

Cimg6289

ちょうど萩が満開でした。
萩も秋の季語。
「こぼれ萩」で一句作りたいと考え中なのです。

しばらく境内を歩き、ベンチに座り頭をひねりましたが俳句はできず。蚊に数カ所刺されておしまいでしたcoldsweats01

2017年9月25日 (月)

東京土建まつりでチョコバナナ売り

今年も東京土建まつりが行われ、我が杉並支部東分会のブースでは、チョコバナナを作って販売しました。

Dsc_48260101

Dsc_48220101

お天気も良く、さほど暑くもなかったので、お客さんがどんどん増え大忙しでした。

朝からずっと立ちっぱなしで声を出しっぱなしなので、足が疲れて声が枯れてきた(><)
午後2時に3箱のバナナが空っぽになり終了!
382本売りました!

そして、わがブースのチョコバナナは今年のグルメランキング第3位に選ばれましたーーsign01shine

Dsc_48310101

各ブースもかなりな混み具合でしたが、チョコバナナ売りから離れることができずどこのブースも見てない…( ノД`)
人手が足りませんよ!東分会。なにしろトイレに行く暇もないんだから。

子供たちの体験コーナーやゲーム、舞台では歌や演奏などで賑わい、高円寺の阿波踊りもやってきて大盛況。

Dsc_482901

しかし、疲れました。

他のブースで焼き鳥とフランクフルトとビール買ってくつろぎたかったな。。。




2017年8月26日 (土)

アサガオがやってきた。

お隣の小学1年生の女の子が、夏休みのアサガオ観察をしていました。

ご一家で旅行に出かける際、私がアサガオを預かりました。
「おまかせください!」good

翌日さっそくきれいな花を咲かせました。

Dsc_451501

毎日花を咲かせました。
楽しい~♪

4日ほどしてご家族が帰宅。
お礼にと日本酒をいただき…heart04

いや~、かえってすみません~。
楽しませてもらった上にいただきものまで~happy01

するとそれから数日後。
今度はご一家でご実家に行くというので、またアサガオを預かることに。

よろこんでお世話させていただきます!happy01

今度は違う色の花が咲きました。

Dsc_455701

その翌日にも違う色が!

Dsc_455801

楽しいです!

私が観察日記をつけちゃおうかな(笑)

しかしその後、ご一家は1週間たっても10日たっても帰ってきません。
どうもご主人はご自宅にいるようで、車があったりなかったり。

2週間たっても帰宅せず。

大丈夫か?
まさかこのままママと子供たちだけが実家で暮らす…なんてことにならないよな。
なにかあったのか?
などと、隣のおばちゃんはいらぬ詮索をしたりして…(^^;)

そして、3色のアサガオの花が並んで咲いた日に…

Dsc_46070101

帰ってきました。

よかった、よかった!happy02

今回はご実家でとれた新鮮なお野菜をたくさんいただきましたheart04

でもなんだか寂しいな。
さよなら、アサガオ。。。。
たくさん楽しませてくれてありがとう。。。

Dsc_45710101

そしたら…

来週3日ほど家を空けるからまた預かってくださいってhappy02

いつでもいらっしゃ~い♪

2017年8月11日 (金)

この夏の我が家の花と野菜

今年の夏は、ヒマワリの種を植えてみました。

Dsc_401201

Dsc_42200101

Dsc_42220101

ゴーヤも育てました。

Dsc_4018010101

Dsc_429401

トマト(桃太郎)も育てました。

Dsc_420901

Dsc_43700101

昔、子供の頃に、隣のトマト畑でもぎたてを丸かじりしたトマトの味のように、土と青臭い匂いがまじっておいしかった!

スジナシインゲンはもう3回目の種まき。

Dsc_39260101

Dsc_400801

ベランダの小さなプランターですが、この夏はたくさん楽しめました(#^^#)
ヒマワリも6輪だけだったけど、なずなの仏前にあげたりして楽しめました。

Dsc_423401

Dsc_42870101

さて、秋は何を植えましょう。

2017年8月 7日 (月)

海の俳句全国大会で入選

俳句を始めてまだ1年ちょっとの私なので、私の作品などまだまだ未熟なのですが…

復興いわき海の俳句全国大会」に参加したところ、な、なんと3句入選してしまいました。

Dsc_45600101

選んでいただいた俳句は

「山茶花の散りゆき白き海となる」

「春夕焼空が海へと染みてゆき」

「春夕焼…」は2人の先生が選んでくださり、全部で3句となります。

入選者には記念品としてアクアマリン福島のシーラカンスのクリアファイルをいただけるそうで…
3句入選だからなのか3枚送られてきました。

ありがとうございます(#^^#)

Dsc_455901

アクアマリン福島では、「海、生命の進化」をテーマにシーラカンスの生態解明に取り組んでいるそうです。

今回の投句数は1688句。
6人の先生方が特選入選合わせて20句ほどを選んでくださったので、全部でだいたい120句くらい。でも違う先生が同じ句を選んでいる場合もあるので…特選を含め入選は7パーセントくらいの確率だったでしょうか。

今回改めてやる気になったので、今後もせっせと俳句作りに励み、ボケ防止につとめようと思います(笑)

ところで、「春夕焼け…」の句は、以前行った三浦半島の海を思い出して作ったものです。
三浦半島にはもらんちゃんと行きました。
一緒に夕焼けの海を見ました。

Cimg5155

Cimg5161

今回選んでいただけなかったけど、こんな句も投句しました。

「海眺む老犬の背や風光る」

天国のもらんちゃんにもお知らせします。
入選だよ(#^^#)
惜しくも特選は逃しました(笑)

2017年5月13日 (土)

夏料理

「夏料理」は夏の季語です。

冷やしたもの、口当たりのよいもの、見た目に涼しげなもの、器や付け合わせに工夫をこらしたもの、夏に旬を迎える野菜や魚介を用いたものなど、涼味をそそるようにつくったものです。(角川俳句大歳時記より)

最近いただいた「これぞ夏料理」と感じたお料理をご紹介します。

加賀料理「大志満」の「季節の小懐石」

Dsc_374401

冷酒の氷に花があしらわれて美しい。
2本目を注文したら違うお花が飾られていました。

Dsc_374201

お造りの大根がアヤメの花びら!すてきです。
見たとたん「おお!」と叫んでしまいました。

Dsc_374601

抹茶わらび餅。こちらも涼し気で上品。
器の黒、抹茶の緑、クコの実の赤があるから、わらび餅の透明感が出るんですね。

そして、鎌倉和食処つきやま の会席「磯」。

Dsc_379101

冷酒の器に氷がどっさり。見た目も涼し気で葉の緑が美しくガラスの酒器をひきたてます。ツワブキの葉(左)もこうして使うと味わいがあります。花は地味ですがもともと庭の池のそばなどが似合う植物です。

Dsc_379201

前菜五点盛り。
白いお皿がパレットのよう。各お料理や器の色をひきたてます。

Dsc_379601

お刺身盛り合わせ。金網の下には氷が敷いてあります。
ちょうどお店に生シラスが入ったとのこと。生シラスの青い容器は巻貝の形。

Dsc_379801

野菜炊き合わせ。冷やしてありました。

日本人の私は、和食は世界一のお料理だと思っています。
味も良し、香りも良し、さらに見た目の美しさ。そして何より季節感を大切にしています。

旬の食べ物があるというのは楽しいことです。
それは日本に四季があるからですね。
日本に生まれてよかった!
これから暑くなりますが、そう考えると暑さも悪くありません。

ごちそうさまでした。

2017年4月27日 (木)

筍三昧

先日、夫が筍を掘ってきました。

Dsc_361101

皮ごと茹でる人が多いようだけど、我が家はそんな大きなお鍋はないので皮をむいてから茹でることに。

Dsc_361401

筍の皮の山に興味津々の都ちゃん。
あなたには食べられないですよ。

茹でた後は近所の友人におすそ分け。

そしてまずは筍ご飯にしていただきました。
筍は大好きで何にしてもおいしいけど、やっぱり筍ご飯が一番好き。

Dsc_36320101

そして今度は夫が山椒の若芽を摘んできたので…

Dsc_36290101

筍の木の芽和えを作りました。

Dsc_3653010101

姫皮とワカメのお味噌汁を作ったり牛肉と煮たり…

Dsc_363001_2

一週間筍三昧でしたsmile

春に出てくる野山のものって大好きです。
蕗の薹も何度も天ぷらで食べたし、蓬もそのへんで摘んできて天ぷらにしました。
蕗も煮物で食べたなー。
タラの芽はスーパーで買ってきて天ぷらにしました。

子供の頃は、タラの芽もワラビもゼンマイも家の近所の原っぱで採ることができたし、セリは田んぼで採れたのに、今の家の近所にはそういう自然がなくて残念です。

などと昔を懐かしみながら春の風味を味わっているうちにもうすぐ5月。
5月に入ればすぐに立夏です。

陽気もよくなってきたので最近は歩いてスーパーへ。
途中で見かけた屋根より高くたわわに咲いた花!w(゚o゚)w

Dsc_364901

近づいてみたらモッコウバラでした。

Dsc_365101

こんなに大きくなるんだー♪

2017年4月 9日 (日)

新芽

わが家の猫の額のような狭い庭に並んだ鉢植えの植物。

冬の間は死んだように眠っていたけど、暖かくなって目を覚まし、生まれたての赤ちゃんのように柔らかな顔をのぞかせました。

Cimg5216

山椒。

Cimg5215

欅。

Cimg5214

山萩。

花の蕾も顔を出しました。

Cimg5207

山紫陽花。

Cimg5218

春蘭。

Cimg5217

君子蘭。

これからどんどん伸びて葉を茂らせ花を咲かせ、そしてまた散って冬になると眠ったように静かになる。。。
でもまた春が来る。。。

去年はなずなが亡くなる直前に、従兄が亡くなり義兄が亡くなり、なずなが亡くなった後は一緒におでかけしたワンコが次々と亡くなりました。

淋しくなったけど、こうして生まれ出るものもあるんだな~。
命はこうして巡るものなんだな~などと考えながら写真を撮りました。

2017年3月 5日 (日)

佐野藍さん個展

根津にある「ギャラリー花影抄」で開催中の佐野藍さんの個展「INNOCENT」に行ってきました。

大理石の彫刻展です。

Dsc_327001

佐野さんというより藍ちゃん♪

藍ちゃんは、小学校低学年から高校生頃まで、麻乃の「おえかきマンガ教室」に通っていた生徒さんなんです~(#^^#)
当時からダントツに絵がうまかったし、頭のいい子でした。

その後、東京藝術大学美術学部彫刻科に入学。大学院で彫刻を専攻卒業したそうで…。
今は27歳の素敵なレディになりました。

Dsc_325901

たくさんの方がいらしてました。
作品にさわってもいいんだって♪

幸いにも藍ちゃんが在廊。
前回の個展にも行ったけど、数年ぶりの再会♪

作品を観るとドラゴンがいっぱい。
やっぱり藍ちゃんだ~。
藍ちゃんは小学生の頃から漫画にもよくドラゴンを登場させてたのです。

見たとたん嬉しくなって、そして感動して、なぜか涙が…weep

こちらは一番気に入った「シロコウモリ」(ライムストーン)。

Dsc_325501

Dsc_324801

いいわ~。すてきだわ~shine
全身から作者の生き物への愛情も伝わってきます。

買いたいと思ったほど。
でも、我が家には置くところが…(^^;)

もうちょっと小さめなの作ってくれたら買いまっせ!と言いながら、まだ感動で涙ぐむ麻乃(笑)
歳をとると体の筋肉がゆるんでくるけど、目の周りの筋肉もしまらなくなってしまった…sweat01

「あの小さかった藍ちゃんがこんなに立派になって、嬉しくて…cryingsweat01」と言うと藍ちゃんがオロオロ(;´▽`A``

落ち着いてからまた作品を鑑賞。

Dsc_324601

「Girl with a dragon」(アラバスタ―)

Dsc_325101

「イノセント」(大理石)

Dsc_325201

Dsc_325301

「水晶角の白竜」(大理石)

ウロコや羽の細かい描写がすごいです。びっくり。

藍ちゃん、おうちが近いから今度ゆっくりランチしてお喋りしましょう!

ずっと応援してるからこれからもがんばってね!ヽ(´▽`)/shine

さてさて、藍ちゃんの個展会場を出て、次に向かうのは国立東京都美術館。

根津から言問通りを登り藝大の前を通り…

Dsc_326501

東京都美術館に着いたら一休みしたくなってカフェに入り…

Dsc_326601

さくらクリームあんみつを食べ休憩して…

展覧会会場へ。

こちらには従兄の奥さんの作品が展示されたとのことで行きました。

Dsc_326901

あらー♪

これまたぐっと雰囲気の違うかわいらしくて楽しい作品です(≧∇≦)
見ていてほっこりします。

古布を切って貼ったものらしいです。
布の色違いの部分を上手に使ってますね。

彼女は柴犬を飼ってるけど猫さんも好きらしく、母に認知症予防にと猫の形のお手玉を作ってくれたこともあります。
手先が器用なんですねー(#^^#)

みんながんばってます♪

麻乃も、引っ越しでごちゃごちゃだった部屋がぼちぼち片付いてきたので、がんばろうかな(笑)

より以前の記事一覧