フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

ぶらぶら歩き

2018年8月26日 (日)

藤田嗣治展

没後50年記念の藤田嗣治展。

Img_20180824_162705

Img_20180824_162817

以前も展覧会行きました。
画集も持ってるし映画も見ました。

いいな~。やっぱ、好きだな~。

けっこう混んでました。
人気ですね。

Img_20180825_093046

フジタは乳白色の肌で有名ですが、その美しさはもちろん、線の繊細さにいつも感動します。

パンフレットの写真なので見ずらいですが、人物の輪郭線が細い!タペストリーの花柄が細かい!猫も細部まで細い線で描かれてます。

Img_20180825_093001

こちらの動物たちも細かい部分まで丁寧に描かれてます。動きと表情もある。

猫のヒゲの生え際や鼻の中心線や毛並など、まじまじと見て観察してきました。

マネできるはずはないですが…(^^;)

2018年8月25日 (土)

まるで生きてる金魚!深堀隆介展

今、金魚すくいをしてきたようなこちらの金魚。

Img_20180821_195742

樹脂に描いた絵です。
びっくり!

Img_20180821_195020

こちら、平塚市美術館の深堀隆一展で展示されています。

Img_20180825_091934

Img_20180821_195448

初期の作品から展示されていますが、年を追うごとにクオリティーの進化を見ることができました。
どんどん立体的になっていく!
近年の作品は特にすごいです。

Img_20180825_091747

パンフレットの写真から。
樹脂を入れて固まったらこうして描いているそうです。それを繰り返すそうです。
面相筆使ってますね。。。

細かいです(><)



2018年8月17日 (金)

イサムノグチ展とスカイレストラン

東京オペラシティ。

Img_20180815_171018

こちらで開催中の「イサムノグチー彫刻から身体・庭へー」。

Img_20180816_071055

陶作品や石の彫刻やドローイング、照明器具のデザインなど多数展示されていました。

私は、作品の中にかわいらしさや子供のような純真さを感じ、動き出しそうな躍動感を感じました。

Img_20180816_070837

Img_20180816_071153

Img_20180816_071240

Img_20180816_070948

展示を鑑賞した後はエレベーターで53階へ。

展望レストランが数軒あります。
お寿司屋さんに入りました。

Img_20180816_065405

Img_20180816_064549

Img_20180816_064741

Img_20180816_065207

常に冷酒が…(^^;)

そんなに飲みませんよ。2合までです。

2018年8月 7日 (火)

阿佐ヶ谷七夕まつり

過去にも何度か行きましたが、ここ数年は横目で見るだけだった阿佐ヶ谷七夕まつり。

今年は久しぶりに、主な会場であるパールセンターに行ってみました。

Img_20180806_082431

いや~~!すっごい人!!
こんなに混んでたっけ?
若い人が多いです。で、商店街の店先に食べ歩き飲み歩きの屋台がたくさん並び、そこに人が集まり、飲み、食い、はしゃぎ、歩き、わいわいがやがや、ものすごい賑わいです。

Img_20180806_082222

Img_20180806_122325

この七夕まつり、いつごろから続いてるんでしょうか?

私が杉並区住人になった時にはすでに開催されていたので、そこからさかのぼって…昭和50年?40年?

あ、チコちゃんに叱られる!

Img_20180806_122206

「ボーーッと生きてんじゃねえよ!」

調べてきました(^^;)
第1回は、1954年昭和29年だそうです。
阿佐ヶ谷地区への集客が目的で、当初パールセンターにアーケードはなかったそうです。
しかし、七夕飾りや来客が雨に濡れないようにとアーケードの設置が決定。1962年にアーケードが完成されたそうです。

2018年8月 1日 (水)

ちょっとだけ鎌倉

叔父が亡くなり、葬儀が鎌倉で行われたので、行ってきました。

Img_20180801_084058

鶴岡八幡宮へと続く若宮大路。

鎌倉と聞くと自然と頭の中にこんなフレーズが流れます。

今日鎌倉へ行ってきました
あなたと初めて歩いた町へ
今日のこの町は人影少なく
思い出にひたるには充分すぎて

そんな年代の私は、同じさださんファンの友人二人とラジカセをぶら下げてこの曲を流しながら、曲のとおりに源氏山から北鎌倉へと歩いたことがあります。
そうです。曲を聴くのは大きなラジカセだった時代です。昭和50年頃かな。

あれから40年以上がたち、人生の残りを数え始めるようになってきました。

今回葬儀をした叔父は90歳で亡くなりました。

お清めをしながら従兄たちと、親の介護の話でもりあがりました。

Img_20180801_084039

Img_20180801_084017

先々月にも叔父が亡くなりました。やはり90歳。
一昨年には従兄と義兄が亡くなりました。どちらも70代。

しかし母は去年の11月から食事がとれなくなったにもかかわらず点滴だけでがんばっています。
あと10日で97歳。

母の姉は101歳で元気にデイサービスに通っているそうです。

しかし、数年前に中学の同窓会に出席したところすでに5人が亡くなっていることを知り…去年参加したらまた1人亡くなっていました。

私は何歳まで生きるのだろう。

何歳まで生きられるのか、それは神のみぞ知る。

こうなったら、「一日一生」と思い無駄なく充実した日々を生きることにしよう…!
とは思っても、ダラダラ過ごす日も、何もしないで終わっちゃう日もあるのです。

鎌倉小町通りの竹細工のお店で買った花籠。
庭の花と、雑草を生けてみました。
こんなふうにさりげなく楽しみながら、残りの年月を過ごせればいいかな。。。

Img_20180801_084212


2018年7月19日 (木)

アクアパーク品川

毎日、猛暑日が続きますね。
そんな中、凉を求めアクアパーク品川に行ってきました。
品川駅から徒歩数分。

館内は涼しいし魚たちの泳ぐ姿に気分は爽やかに!

Img_20180718_083605

Img_20180718_083501

Img_20180718_083435

Img_20180718_084144

Img_20180718_084322

特に圧巻だったのはイルカショーです。
今までいくつかの水族館に行きイルカのショーは何度も見ているけど、ここは特にすばらしい!

Img_20180718_082806

けっこう混んでるな~と思ったら、スタッフの方が今日は空いてるって。
じゃ、休日や夏休みはものすごい人混みになるんですね。
平日がおすすめです。

Img_20180717_190340_2

アシカのショーとペンギンのショーもしっかり見てきました♪

水族館や動物のいる施設では、どこでもイルカやアシカやペンギンのショーをやるけど、見せ方しだいで面白くなりますね。
イルカたちのそれぞれの芸そのものはどこもさほど変わらないし、できることも変わらないと思うのですが、どう見せるかというショーのやり方しだいで、ありきたりになったり面白くなったりするのだと思います。
主催者やスタッフの方々が常に頭を悩ませて日々企画を立てたり会議をしたりやっているであろう、努力の成果だと思います。
芸を教える根気と努力、動物たちと心を通わせようとする愛情、食事や健康管理のお世話をする日々の積み重ねがあって、すばらしいアトラクションができるのでしょう。
影の努力に敬意を表します。

2018年6月24日 (日)

掛川花鳥園 花編

掛川花鳥園、鳥編に続き花編です。

バイキングの食事ができる室内エリアは、天井すべてが花で飾られています。
とってもきれい!

Cimg8413

Cimg8422

Cimg8423

Cimg8425

Cimg8418

花に囲まれて、ハシビロコウのぬいぐるみと記念撮影もできます

インコの餌やりコーナーにはひろ~いスイレンのプールがあります。

Cimg8375

Cimg8370

Cimg8372

プールの中には熱帯魚がいましたが…なんとこんな大きな魚も!!

Cimg8374

Cimg8378

あ、あんなところに鳥が…。

Cimg8376

掛川花鳥園は、鳥が飛びかい花が咲き乱れる楽園でした!

2018年6月23日 (土)

掛川花鳥園 鳥編

フクロウ乗せてペンギン抱っこして、フラミンゴにキスされて白鳥にどつかれた(笑)。

鳥と花と触れ合えるテーマパーク「掛川花鳥園」に行ってきました。
静岡県掛川市にあり、掛川駅から徒歩15分ほど。
鳥好き花好きの私は、花柄のチュニックにインコのペンダントという装いの力の入れよう(笑)。

まずは鳥編です。

Cimg8384

Cimg8406

わくわくイベント会場では、フクロウやペンギンと触れ合うイベントに参加。
フクロウはフワフワ!ペンギンはちょっとゴワゴワ!
フクロウが飛ぶ様子を見ることができるバードショーも見てきました。

イベント会場にはたくさんの種類のフクロウやミミズクがお行儀よく並んでいます。
まるで置物みたい!

Cimg8364

Cimg8400

Cimg8407

Cimg8402

インコなどさまざまな鳥に餌をあげるコーナーもあります。
こちらはコガネメキシコインコ。

Dsc_67760101

うわっ!
背中でクチバシを拭いてる!
白いブラウスを着てきたことを後悔。。。

Cimg8386

ギニアエボシドリ。

この温室にはカラフルな色の鳥がたくさんいます!

Cimg8388

Cimg8390

水辺の鳥のコーナーで、鳥たちをバックに写真を撮ろうとしていたら、フラミンゴが近づいてきて…

Cimg8411

突然ほっぺにキスをしてくれました!
びっくり!

Cimg8410

そして、屋外のエリアで白鳥と並んで写真を撮ろうとしたら…

Cimg8415

クチバシで足を小突かれました。
近づきすぎたのね。ごめんね。

Cimg8417

たくさんの鳥たちが、人間を怖がることなくフレンドリーに接してくれて、とてもとてもかわいかった~!!

2018年6月16日 (土)

高幡不動尊あじさいまつり

東京都日野市にある高幡不動尊(高幡山金剛寺)の、あじさいまつりに行ってきました。

Cimg8151

不動堂でお詣りをして奥殿や茶室を見学、水琴窟や鳴き龍など体験した後、「山内八十八カ所巡り」へ。

順路に沿って様々な種類のあじさいが咲き誇っていました。

Cimg8153

Cimg8159_2

Cimg8161

Cimg8163

Cimg8205

山内はガクアジサイとヤマアジサイが多く見られました。

「高幡城址」からは新宿高層ビルや、遠くの山々を見渡すことができました。

Cimg8173

山を降り「四季の道」へ。
ここのアジサイは背が高く豪華です。

Cimg8177

Cimg8178

Cimg8180

Cimg8181

Cimg8183

Cimg8185

「あたご池」周辺も様々な種類の美しいあじさいが競うように咲き誇っていました。
一輪一輪に個性があり美しい!

Cimg8191

Cimg8193

このあじさいの名前はたしか「金平糖」。

Cimg8195

Cimg8197_2

Cimg8199

Cimg8201

Cimg8203

こちらはアナベル。

Cimg8187

「五重塔」に到着。

山内八十八カ所巡りは途中かなり端折りましたが、かなりいい運動になりました。

2018年6月 9日 (土)

水郷佐原あやめパーク

あやめ祭り開催中の、千葉県香取市にある「水郷佐原あやめパーク」に行ってきました。
一人でフラッと吟行を兼ねて。

東京駅から高速バスで1時間半ほどで到着。

バス停「あやめパーク入り口」から、5分ほど歩きます。

Cimg8021

Cimg8023

見渡す限りの植田の先にうっすら小さく筑波山が見えます。
関東平野は広い!ここから茨城県の筑波山まで山がないなんて!

そして水郷って、豊富な水に囲まれているんですね。
気持ちがいいです。

Cimg8024

川なのか水路なのか…地図を見ると利根川から流れているようです。

Cimg8025

ここは「与田浦」と書いてありました。
広くてまるで湖のようです。

あやめパークに到着。

Cimg8027

まずはカフェで野菜カレーをいただきました。

Cimg8029

名物のサツマイモが目立ってます(笑)

カレーの他にうどんがありましたが食事のメニューはそれだけです。
カフェ以外の飲食店はなく、土産物屋のお団子くらいでしょうか。ベンチで持ち込みのお弁当を広げる人もいましたが、ゴミは持ち帰りです。

あやめはちょうど見ごろを迎えたところで、とってもきれいでした!
しかも広い!

Cimg8040

向こうに見えるのは藤棚。
さらにスイレンや蓮も植えられています。

水路をサッパ舟が行き交います。

Cimg8035

乗りたかったけど船酔いが怖く、見るだけにとどめました(^^;)
女船頭さんの歌が聞こえてきて風情があります。

Cimg8031

Cimg8033

Cimg8042

Cimg8043

Cimg8045

写真を撮りまくり、園内を散歩し、いもアイスを食べ、そろそろ帰ろうかという時に思い出しました。
そうだ、吟行に来たんだっけ(^^;)

今日のために手帳とペンを新調したし、歳時記が入った電子辞書も持ってきたもんね。

季語は「菖蒲田」「花菖蒲」…「風涼し」とか「植田」とか…

ん~っと。。。ん~っと。。。。

。。。。

なにも浮かばない。。。(-▽-;)

より以前の記事一覧