フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

ぶらぶら歩き

2018年6月24日 (日)

掛川花鳥園 花編

掛川花鳥園、鳥編に続き花編です。

バイキングの食事ができる室内エリアは、天井すべてが花で飾られています。
とってもきれい!

Cimg8413

Cimg8422

Cimg8423

Cimg8425

Cimg8418

花に囲まれて、ハシビロコウのぬいぐるみと記念撮影もできます

インコの餌やりコーナーにはひろ~いスイレンのプールがあります。

Cimg8375

Cimg8370

Cimg8372

プールの中には熱帯魚がいましたが…なんとこんな大きな魚も!!

Cimg8374

Cimg8378

あ、あんなところに鳥が…。

Cimg8376

掛川花鳥園は、鳥が飛びかい花が咲き乱れる楽園でした!

2018年6月23日 (土)

掛川花鳥園 鳥編

フクロウ乗せてペンギン抱っこして、フラミンゴにキスされて白鳥にどつかれた(笑)。

鳥と花と触れ合えるテーマパーク「掛川花鳥園」に行ってきました。
静岡県掛川市にあり、掛川駅から徒歩15分ほど。
鳥好き花好きの私は、花柄のチュニックにインコのペンダントという装いの力の入れよう(笑)。

まずは鳥編です。

Cimg8384

Cimg8406

わくわくイベント会場では、フクロウやペンギンと触れ合うイベントに参加。
フクロウはフワフワ!ペンギンはちょっとゴワゴワ!
フクロウが飛ぶ様子を見ることができるバードショーも見てきました。

イベント会場にはたくさんの種類のフクロウやミミズクがお行儀よく並んでいます。
まるで置物みたい!

Cimg8364

Cimg8400

Cimg8407

Cimg8402

インコなどさまざまな鳥に餌をあげるコーナーもあります。
こちらはコガネメキシコインコ。

Dsc_67760101

うわっ!
背中でクチバシを拭いてる!
白いブラウスを着てきたことを後悔。。。

Cimg8386

ギニアエボシドリ。

この温室にはカラフルな色の鳥がたくさんいます!

Cimg8388

Cimg8390

水辺の鳥のコーナーで、鳥たちをバックに写真を撮ろうとしていたら、フラミンゴが近づいてきて…

Cimg8411

突然ほっぺにキスをしてくれました!
びっくり!

Cimg8410

そして、屋外のエリアで白鳥と並んで写真を撮ろうとしたら…

Cimg8415

クチバシで足を小突かれました。
近づきすぎたのね。ごめんね。

Cimg8417

たくさんの鳥たちが、人間を怖がることなくフレンドリーに接してくれて、とてもとてもかわいかった~!!

2018年6月16日 (土)

高幡不動尊あじさいまつり

東京都日野市にある高幡不動尊(高幡山金剛寺)の、あじさいまつりに行ってきました。

Cimg8151

不動堂でお詣りをして奥殿や茶室を見学、水琴窟や鳴き龍など体験した後、「山内八十八カ所巡り」へ。

順路に沿って様々な種類のあじさいが咲き誇っていました。

Cimg8153

Cimg8159_2

Cimg8161

Cimg8163

Cimg8205

山内はガクアジサイとヤマアジサイが多く見られました。

「高幡城址」からは新宿高層ビルや、遠くの山々を見渡すことができました。

Cimg8173

山を降り「四季の道」へ。
ここのアジサイは背が高く豪華です。

Cimg8177

Cimg8178

Cimg8180

Cimg8181

Cimg8183

Cimg8185

「あたご池」周辺も様々な種類の美しいあじさいが競うように咲き誇っていました。
一輪一輪に個性があり美しい!

Cimg8191

Cimg8193

このあじさいの名前はたしか「金平糖」。

Cimg8195

Cimg8197_2

Cimg8199

Cimg8201

Cimg8203

こちらはアナベル。

Cimg8187

「五重塔」に到着。

山内八十八カ所巡りは途中かなり端折りましたが、かなりいい運動になりました。

2018年6月 9日 (土)

水郷佐原あやめパーク

あやめ祭り開催中の、千葉県香取市にある「水郷佐原あやめパーク」に行ってきました。
一人でフラッと吟行を兼ねて。

東京駅から高速バスで1時間半ほどで到着。

バス停「あやめパーク入り口」から、5分ほど歩きます。

Cimg8021

Cimg8023

見渡す限りの植田の先にうっすら小さく筑波山が見えます。
関東平野は広い!ここから茨城県の筑波山まで山がないなんて!

そして水郷って、豊富な水に囲まれているんですね。
気持ちがいいです。

Cimg8024

川なのか水路なのか…地図を見ると利根川から流れているようです。

Cimg8025

ここは「与田浦」と書いてありました。
広くてまるで湖のようです。

あやめパークに到着。

Cimg8027

まずはカフェで野菜カレーをいただきました。

Cimg8029

名物のサツマイモが目立ってます(笑)

カレーの他にうどんがありましたが食事のメニューはそれだけです。
カフェ以外の飲食店はなく、土産物屋のお団子くらいでしょうか。ベンチで持ち込みのお弁当を広げる人もいましたが、ゴミは持ち帰りです。

あやめはちょうど見ごろを迎えたところで、とってもきれいでした!
しかも広い!

Cimg8040

向こうに見えるのは藤棚。
さらにスイレンや蓮も植えられています。

水路をサッパ舟が行き交います。

Cimg8035

乗りたかったけど船酔いが怖く、見るだけにとどめました(^^;)
女船頭さんの歌が聞こえてきて風情があります。

Cimg8031

Cimg8033

Cimg8042

Cimg8043

Cimg8045

写真を撮りまくり、園内を散歩し、いもアイスを食べ、そろそろ帰ろうかという時に思い出しました。
そうだ、吟行に来たんだっけ(^^;)

今日のために手帳とペンを新調したし、歳時記が入った電子辞書も持ってきたもんね。

季語は「菖蒲田」「花菖蒲」…「風涼し」とか「植田」とか…

ん~っと。。。ん~っと。。。。

。。。。

なにも浮かばない。。。(-▽-;)

2018年6月 5日 (火)

町会バス旅行

我が町の町会が主催するバス旅行に行ってきました。
今年は山梨県。

お天気が良くたまに富士山も見えて快調にバスは進み、見えてきたのがリニアモーターカーの走行試験場。

実際に走るところを見ることができるのは稀だそうです。
目撃者によると「来たなと思ったらもういない」そうです。

Cimg7873

そして到着したのが「リニア見学センター」。
リニアモーターカーについて見て学ぶところです。

Cimg7881

2003年に鉄道の世界最速記録(当時)581㎞を樹立した実車両の展示。

Cimg7879

磁気浮上走行を体験できるミニリニア。
なんか、どこかへ搬送される人みたい(^^;)

そして昼食。

Dsc_66130101

その後もバスはのどかな田園の中を進み…

Cimg7877

信玄餅でおなじみの「桔梗屋本社」へ。
ここで工場見学。

Cimg7876

Cimg7875

あのおなじみの信玄餅を、みんなで包んでる!
あれって1つづつ手作業なんですね!
びっくり!

私は信玄餅ではなく信玄プリンを買いまいした。

Dsc_66200101

この包みも手作業なんだな~。
大変だな~。。。

その後バスは「シャトー勝沼」へ。

Dsc_66190101

ワイン蔵の見学とワインの試飲。

ここで、工場限定の白ワインを購入。
そして、せっかく山梨に来たので、印傳の印鑑入れを購入。
印傳、なにか一つ欲しいと思ってたのよね。

Img_20180604_11580701

仲良しの我が町会の人々、41人のバス旅でした。
脱落する人もなく、倒れる人もなく、豹変する人もなく、お天気もよく楽しい旅行でした♪

2018年6月 4日 (月)

佐野藍さん個展

小学生の頃、私の漫画教室に通っていた佐野藍さんが、その後東京藝大へ。
今は立派な娘さんとなり彫刻家として活躍しています。

その佐野藍さんの個展に行ってきました。

場所は根岸のギャラリー「花影抄」。

Dsc_65990101

藍ちゃんは猫柄、私は鳥柄の服が今回の展示にぴったり(笑)。

Dsc_660401

彼女の作品は、生き物への愛情が感じられる優しさと美しさであふれ、繊細な表現に満ちていました。

Dsc_658901

Dsc_658801

Dsc_659401

この猫さんの肉球と上唇を何度もなでなでしてきました。
彼女の作品は触っていいんです~。

佐野藍さん、これからもがんばってください!!

2018年6月 3日 (日)

世田谷美術館「高山辰雄展」

「人間・高山辰雄展 森羅万象への道」に行ってきました。

Dsc_65700101

世田谷美術館は砧公園の中にあるので、森に囲まれた静かで心地よい美術館です。

高山辰雄の作品は山種美術館で1点しか観たことがないのですが、画集は持っていて、いいな~と思っていました。
私が通っていた日本画の教室でも、高山辰雄を好きな人が多く、模写したり技法を参考にしようとする生徒さんもいました。

今回は大きな作品が多く展示され、それ以外に挿絵や本の表紙、さらに漫画なども展示されていて、たくさんの仕事をしてきたということがうかがえました。
しかも97歳で亡くなるギリギリまで筆を持っていたようで、絶筆となった作品も展示されていました。
90代で描いた作品も大きな立派なものでした。

Dsc_660601

Dsc_66080101

ランチは美術館内のフレンチレストラン「ル・シャルダン」で。

Img_20180531_203533

Img_20180602_105430

Img_20180531_20351701

緑の公園を眺めながらの、贅沢な時間でした。

2018年6月 2日 (土)

「モリのいる場所」

画家の熊谷守一の晩年の生活を描いた映画、「モリのいる場所」を観に行きました。

Dsc_65610101

山崎努さん、ぴったり!(笑)
樹木希林さんとの夫婦役も味があって面白いです。

大きなドラマ性はなく、日々の暮らしとそこに訪れる人々との様子を描いていて、庭を愛した熊谷守一の暖かく素朴な人間性が感じられる癒しの映画でした。

去年、要町の熊谷守一美術館に行き作品を観ましたが、絵の雰囲気と今回の熊谷画伯の生活とがぴったり一致した感じがしました。

私も、子供の頃は近所の原っぱで、一日中植物や昆虫と接して過ごしていましたが、やはりああいう気持ちを晩年まで持ち続けるというところが、凡人とは違うんですね~。

熊谷守一美術館は、確か自宅跡地に娘さんが建てたものだったような。。。
草木も残っていたと記憶しています。
もう一度行ってみたくなりました。

2018年5月28日 (月)

ターナーそして薩摩焼

「ターナー 風景の詩」を観に行きました。

Dsc_65230101

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館。
42階なので見晴らし抜群です。

Dsc_653001

右のこんもりした緑は新宿御苑。左奥にうっすらスカイツリーが見えます。

以前もターナー展を観に行ったことがあるのですが、その時は水彩や油彩の大きな作品が多く、壮大な風景画に感動しました。

今回の展示会は大きな作品もありましたが、比較的小さなサイズの作品や挿絵なども多く、その細かな描写にびっくりでした。

A5サイズからハガキサイズくらいの紙に、山や滝や海や川などの風景、そしてそこに暮らすたくさんの人々や動物や鳥なども描かれてあり、よくまあこんなに細かく描けるものだと感心しました。
そこに壮大さもあります。
光と影の表現もすばらしい。

どのくらい細い筆で描いたのかな~、などと考えながら美術館を出て、小田急百貨店で開催中の鹿児島物産展へ。

まず目に入ったのが薩摩焼の絵付けの実演。

Dsc_6531010101

こ、細かい!!
この規則正しい細かい模様が手描きですかっ!

この日は細かい作業に感心する日でした。

Dsc_653501

籠目透かし彫りと細かい文様の超絶技巧。

高級品ですが、空間の多い安価なものも販売していて、私はフリーグラスを購入。

Dsc_65380101

Dsc_65400101

さっそくこの器で冷えた日本酒をいただきました。

Dsc_6546010101

鮎の塩焼きと水茄子の浅漬け、北寄貝のお刺身と空豆。

2018年5月 3日 (木)

深大寺蕎麦となんじゃもんじゃコンサート

深大寺周辺にはお蕎麦屋さんがたくさん軒を連ねていますが、ネットで検索しランキング1位の湧水に行ってみました。

やはりおいしかった!

Dsc_63340201

Dsc_63330101

しかしさすがはランキング1位。
食事を終えて外に出ると長蛇の列ができていました。
12時前に入ってよかった!

Dsc_633901

深大寺にお詣りに行くと、これから消防署員のブラスバンドのパレードと演奏があるとのこと。

Dsc_635201

境内のなんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)が満開になる時期に、その木の下で毎年コンサートが行われるそうですが、今年は早めに花が咲きすでに散ってしまっていました。

しかし消防署員のブラスバンド演奏は素晴らしかったです!

Dsc_637501

遠いですが、白い制服で立っている方が指揮者。その向こうに演奏者の方々。右で踊る赤い服を着ているのは消防署のマスコットキャラクターのキュータくん。

Dsc_637801

この隊員たちの頭上にあるのがなんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)です。
新緑が美しいですが、来年はぜひ、雪が積もったように真っ白になるという満開の花を見たいものです。

より以前の記事一覧