フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

ぶらぶら歩き

2017年11月11日 (土)

驚異の超絶技巧

Dsc_506001

日本橋室町。
18歳の頃、このあたりでOLをしていましたが、その頃の面影はまったくありません。
その頃はすでに漫画家としてデビューしていたので二束のワラジでしたが、楽しい2年間でした。
町はすっかり変わってしまったので、懐かしく感じるのは三越のライオンくらいでしょうか。

今回向かったのは、三井記念美術館で開催中の特別展「驚異の超絶技巧!」。

Dsc_506301

Dsc_506501

明治時代に作られた七宝、木彫、金工、陶磁、牙彫、漆工などの作品と、現代のアーティストたちの作品を展示してありました。

どの作品も、繊細な表現と巧みな技巧に驚きましたが、そもそもその作成過程を知らない私はいったいどのくらいスゴイことなのかが見当がつきません。
しかしものすごく高い技術と多くの時間と根気を要しただろうということは感じます。

Dsc_506701

こちらは陶磁。
この画像ではわかりませんが、猫の薄い舌までもが繊細に表現されていました。

Dsc_506901

こちらは、採取した生花を型どりし、アルミニウムを流し込んで作られたものだそうです。
ちなみにドクロの小さなブツブツはすべて小さな花の形をしています。細い蕊も表現されています。
ビックリです。

Dsc_506601

こちらは、一木造り。
お皿もサンマも一体の一つの木を彫ったものだそうです。
ビックリするしかありません。

で、今回一番ビックリしたこと。
それは、佐野藍さんの作品が展示されていたことです!
こんな有名な展覧会に藍ちゃんの作品が展示されているなんて……すごすぎるっ!!!

Dsc_509002

Dsc_509201

佐野藍さんは、小学2年生の頃から私の漫画教室に通ってくれていました。
その後東京藝術大学を卒業。
大理石の彫刻の作品を作っています。

個展にも伺ったことがあります。

すごいなー。
藍ちゃん、すごいなー。
これからもがんばってね!

たくさんビックリした後の遅めのランチは、ミュージアムカフェで豆腐ハンバーグ御膳でした。

Dsc_507201

2017年11月 3日 (金)

羽村市動物公園

母が入院している病院周辺の地図を見ていたら、近くに動物公園があるのを見つけ…

面会の前に行ってきた「羽村市動物公園」。

Cimg6753

小さいのかと思いきや、敷地は思ったより広く、キリンやシマウマなど大きな動物もいました。
さらにモルモットやヒヨコと触れ合えるコーナーもあり、芝生の広場には子供用の乗り物やゲームもあり、幼稚園くらいの子供たちがわんさか来ていました。

Cimg6754

プレーリードッグはハロウィンのカボチャのご飯。

Cimg6755

アカコンゴウインコの下にアルマジロのハナコが歩いてる(笑)
ハナコは人気らしく子供たちが「ハナコー、ハナコー」と呼んでました。

Cimg6756

広々としたサバンナ園では、キリンとシマウマとダチョウなどが一緒に暮らしています。

Cimg6759

Dsc_50070101

キリンの赤ちゃん、ゲンキくんも元気に成長中。

Cimg6758

なにかと思ったらヤマアラシが4匹寄り添ってました。
お母さんのナデシコちゃんと子供たちのようです。

ヤマアラシジレンマというフロイトの言葉があるようです。
近づきたくても針で相手を傷つけてしまうので一定の距離が必要だという人間関係の心理学用語らしいですが、ちゃんとくっついて温め合ってますよー。

Cimg6763

ツルさんの童話ランドはツルの恩返し。
覗いてみると…

Cimg6760

機織りをせずご飯食べてました。

Cimg6764

ウサギとカメの童話ランドでは…

Cimg6765

カメはどんどん歩いているのにウサギは木陰で毛づくろい。バナナの葉っぱの下にいます。
童話は正しかった。

Cimg6762

フラミンゴはいつ見ても優雅です。

Cimg6761

きれいな色。

Dsc_502201

動物に餌をあげることもでき、子供たちに大人気。
ヤギたちは人を見ると寄ってきます。

ここにアップしたのはほんの一部で、たくさんの種類の動物たちがいます。

で、今回一番かわいいと感じたのは…

Dsc_503201

ウサギでした(#^^#)

2017年11月 2日 (木)

台風接近オフ会その2

オフ会の一同15名ほどが宿泊するのは、湖畔の宿入鹿の里musica
愛知県犬山市の入鹿池のほとりにあるホテルです。

雨なので外観の写真がありませんcoldsweats01
明日は雨があがってくれればいいけど、台風が近づいている前線の影響で、シトシトと降り続いています。。。

雨でも宴会は楽しいですheart04
お酒もおいしいし、お料理もとってもおいしかったheart04

Cimg6585

Cimg6584

Cimg6583

Cimg6582

Cimg6580

Cimg6579

おなかいっぱいでご飯が入りませんsweat01
おいしい炊き込みご飯なのに…おにぎりにして持って帰りたいくらいです。

さらにこの後、部屋に戻っても宴会が続き…beerbottle

翌朝雨があがることを祈って眠りにつき…

起床し真っ先にカーテンを開けてみると…

Cimg6574

雨でしたcrying

雨にかすむ入鹿池も風情があって美しいです!(^-^;

朝食もおいしいheart04

Cimg6578

ホテルを出て向かったのは、今回のオフ会のメイン会場である、名鉄グランドホテル

ここで宿泊しなかったメンバーと合流。
全国各地から集まり、全員で26名ほど。

Cimg6573_2

楽しかったし、お料理がおいしかったheart04(←こればっかり(笑))

Cimg6572

Cimg6571

Cimg6570

Cimg6569

Cimg6568

Cimg6567

今回は同じ年齢のオフ会でした。
何度か会ったことのある人もいれば初対面の人もいました。
みなさんに会って一番に感じたことは「みんな頑張ってるんだなー」ということ。

年齢が同じだと悩みも似ていたり体の不調も似ていたりするけど、みんな前向きに頑張っているということが感じられて、自分も頑張ろう!という気持ちになれました。

住む土地も違うし家族構成も違うし仕事も違うし趣味も違う人たちだけど、だから自分が知らないことを聞けたり情報を得たりもできました。

雨なんてなんのその!
とても楽しかった!

よく食べ、よく喋り、よく笑いましたheart04

ちなみに、帰宅して東京に着く頃に台風の影響がピークになり、暴風雨の中自宅へと向かいました(-▽-;)ははは。

2017年10月31日 (火)

台風接近オフ会その1

先週は台風上陸バスツアーでしたが、今度は台風接近の中、某オフ会に参加しました。

あたしって雨女…?(;´▽`A``

15名ほどが名古屋駅で集合。
その後愛知県犬山市にあるフレンチ創作料理「なり多」でランチ。
文化財奥村邸内にあります。

Cimg6617

Cimg6607

趣のある家屋と中庭です。

フレンチ創作料理のコースをいただきます。

Cimg6616

Cimg6615

Cimg6614

Cimg6610

お料理は、とてもおいしかったheart04

食事の後、一同が向かったのは博物館明治村

明治時代の貴重な文化財である建物を保存してあるパークです。
テレビドラマのロケでもよく使われるそうですよ。

Cimg6603

明治村正門。

Cimg6602

三重県庁舎(重要文化財)

Cimg6601

レンガ通り。
手前より 京都中井酒造、安田銀行会津支店、札幌電話交換局 (重要文化財)。

Cimg6598

北里研究所。

Cimg6597

京都市電 明治28年のもので日本初の電車だそうです。
右は園内を循環するバス。

Cimg6595

左は工部省品川硝子製造所 (登録有形文化財)。
右は宇治山田郵便局(重要文化財)。

Cimg6594

聖ザビエル天主堂。

Cimg6592

天主堂の中のステンドグラス。

Cimg6590

ステンドグラスが美しいです。

Cimg6586

明治村内帝国ホテル。

明治村観光を終えた一同は、宿泊予定のホテルへと向かいますbus

雨は降り続いています(^^;)

つづく

2017年10月23日 (月)

台風上陸バスツアー

東京土建組合のバスツアーに参加しました。
この日は、台風上陸関東に接近という悪天候。
行先は茨城県。アサヒビール工場とめんたいパークの見学と柿狩り。

参加者21名を乗せたバスは強い雨風に打たれ進みます。
窓からの景色↓

Cimg6411

アサヒビール茨城工場を見学。

まずは、スライドを見ます。
工場の説明とビールができるまでの説明だったような…気がするけど寝てしまってわかりません(^^;)

終了後スライドのスクリーンが上がるときれいな中庭と広い池が現れました。

Cimg6388

製造過程は実際に工場を見ればわかるでしょうと思ったら、休日のため作動していません(-▽-;)

Cimg6390

それでもぼんやり見学する土建組合員たち。

試飲コーナーではビールのおいしい注ぎ方を教えていただき…

Cimg6392

試飲は3杯まで。でもこの後高速道路でトイレが近くなると地獄なので1杯でガマン。

Cimg6391

このクリームチーズおかきがおいしかったので、お土産に購入。

続いてメヒコシーフードレストラン守谷フラミンゴ館で昼食。

入るといきなりフラミンゴがお出迎え。

Cimg6393

Cimg6396

フラミンゴを見ながら食事ができます。

Cimg6395

続いて、かねふくめんたいパークを見学。
明太子専門のテーマパークということですが…

入ってみたらものすごい混雑ぶり!∑(゚∇゚|||)
雨なので、他のレジャー施設に行く予定だった人々がここに集中したらしいです。
トイレの行列とレジの行列がからまっています。

Dsc_495401

トイレをすませ出てきて、この最後尾の札を持つお兄さんにレジの待ち時間を聞いてみると、20分待ちとのことΣ( ̄ロ ̄lll)
買う時間がありません!

というわけで何を売ってるのかも見ないままめんたいパークを出ました(TT)

お土産だけいただきました。。。

Dsc_495501

続いて柿狩りの予定ですが、豪雨の中できるわけがない。。。

室内で用意された柿をいただきました。

Cimg6412

樹齢300年の欅の木と柿畑。

Cimg6413

ここでお土産を買おうとしたら、夫が「財布がない!」と騒ぎ出し…
バスの中などを探したけどなく…
「レストランに落としたかも…(lll゚Д゚)」と、のたまう。

電話したところ、拾ってくれた方がいらしてお財布は無事でした。。。

今回の旅行は…

なんか、疲れた…(--;)

2017年10月19日 (木)

運慶展

東京国立博物館に行ってきました。
開催されているのは興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」。

この日は雨。

Dsc_491301

Dsc_491201

実は私、東京国立博物館に入るのは初めて。
いくつか建物があるんですね。
運慶展は平成館で開催されていました。

Dsc_491601

前日ネットで混み具合を調べてみたら、「待ち時間なし」となっていたので安心して出かけたら30分待ちの行列が。
うそつき…weep

今回の運慶展は史上最大と言われ、運慶作といわれる仏像31体のち22体が集結する空前の機会とのこと。

そして展示される約70体の作品のほとんどが国宝および重要文化財ということです。

実は私、予習をしてでかけました。

Dsc_492001_2

仏像を見てもちんぷんかんぷんでは、感動も薄れてしまうと考え…

如来、菩薩、天のランクの順位とか、阿弥陀如来は修行中の質素な身なりをしているが大日如来は装飾品をつけて着飾っているとか、毘沙門天と多聞天は同じとか…すこーしですが知識を入れて行きました。
しかしこの歳になると記憶力が低下し「へー」と思ってもすぐに忘れます(;´Д`A ```

思ったよりも作品数が多く充実していて、観覧に3時間ほどかかりました。
人も多かったので前列で見ることができるまでに時間がかかります。

運慶の仏像は体の動きや表情がリアルです。
360度から観覧できるのもすごい。

私は、毘沙門天立像の腰のカーブと安定感にホレましたshine

装飾品や衣服の形なども興味が湧き、「腰に巻いてここでリボン結びにしてるのかー」とか「足首のリボン(?)がかわいい」などと、いつのまにか自分の絵を描く時の参考にならないかなどと考えたりして…恐れ多いことでございますcoldsweats01

2017年10月16日 (月)

工藤裕子さんクラシックminiライヴ

ピアニスト工藤裕子さんのクラシックminiライヴに行ってきました。

Dsc_489201

メンデルスゾーンの「無言歌集」やショパンのマズルカなど、知っている曲もたくさん演奏してくださいました。

「無言歌集」は一時期、漫画の仕事をしながら毎日聴いていたのです。

毎回工藤さんの演奏のすばらしさに感動し、魔法のような指の動きに感動します。
こういう特殊な技術をご自分のものとし、そして人々に表現するというのは、練習すれば誰でもできるというものではありません。
それは神様から選ばれたということなのかなーなどということも考えてしまいます。

そんな風に毎回感動するのですが、今回は特に工藤さんがすごく大物に見えましたshine
大きなパワーを感じたのです。

Dsc_489501

ほらね、こんなに違う。
キリッとしてパワフルな工藤さんと、ぽわわ~んとした輪郭のボヤけた麻乃(;´▽`A``

   notes   notes   notes   notes   notes

工藤裕子さんクラシックminiライヴは3回シリーズでショパンの後半生をたどるものです。

今後、シリーズ2とシリーズ3が予定されております。

<シリーズ2>
  2018年3月11日(日)

<シリーズ3>
  2018年12月16日(日)

かふぇほーるwith遊(杉並区荻窪)

入場料 全自由席 2000円

主催 フリッツ音楽企画

お問い合わせ Tel.Fax 03-5378-1205

ブログ http://kudoyuko.at.webry.info/

Dsc_489701

みなさん、工藤裕子さんの素敵な演奏をぜひ聴きにいらしてください。

2017年10月 3日 (火)

酒飲みのテーマパーク石川酒造

東京都福生市にある酒蔵、石川酒造に行ってきました。

青梅線拝島駅からのんびり歩いて20分ほどです。

広い敷地内の散歩ができ、イタリアンレストランと和食蕎麦屋で日本酒やビールを飲むことができ、酒蔵見学もでき、売店もあるという楽しさ満点の酒飲みのテーマパークです。
しかも近くに多摩川が流れ緑の多い癒しの環境の中にあります。

Cimg6150

酒造の前を流れる水路は玉川上水から生活用水として引かれたものだそうです。
澄んだ水のそばに赤とんぼがいました。

Cimg6133

Cimg6134

見学も食事も要予約です。

食事は和食「雑蔵」で。

Cimg6136

Cimg6137

自家製薩摩揚げと丸茄子の田楽などをいただきました。
お蕎麦がおいしかった!
お酒は、「多摩自慢・東京の森」と純米酒を注文。

お酒を飲みながらのんびり食事をしているうちに、見学の時間となり集合。

Cimg6146

中央の袢纏を着た男性が説明をしながら案内をしてくれました。

スムーズな説明のところどころにギャグを入れお客さんを笑わせ飽きさせないトークは、まるで噺家さんのようでした。

Cimg6147

Cimg6145

明治20年、地ビールを醸造した時に使った釜。

Cimg6148

Cimg6141

最後に試飲。「多摩自慢・八重桜」。
縁起を担ぎ濁らず、「やえざくら」ではなく「やえさくら」だそうです。

Cimg6138

立派な夫婦欅。
包帯をして養生中なのは夫の欅。木も妻の方が元気なのだそうです。

Cimg6139

Cimg6140

仕込水。

広い敷地内はきれいに整備され、水と緑が美しい癒しのほろ酔いテーマパークでした(#^^#)

地図を見るとこの近くが多摩川なので、行ってみることに。

Cimg6144

河川敷が公園になっていましたが、広すぎて川が見えない(^^;)

Cimg6142

澄んだ青い空とすがすがしい風と秋桜と赤とんぼと。
秋を感じる一日でした。

石川酒造で自分用のお土産として買ったものはこちら。

Dsc_483601

300mlの日本酒「多摩自慢」飲み比べ。
同行した友人に、一日一本の量にとどめるよう言われました(^-^;

Dsc_483201

燻製の卵とチーズと酒粕飴。

2017年9月23日 (土)

横山大観記念館と下町風俗資料館

上野不忍池のほとりにある横山大観記念館に行ってきました。

実際に大観が住居とアトリエに使っていた家で、大観自身のデザインによる数寄屋風日本家屋だそうです。

Cimg6073

庭園も手入れが行き届き、たくさんの大きな木々は年代を物語っていました。

Cimg6072

家はたくさんの人が訪れたからでしょうか、床がベコベコしていて、屋根も傾いているところがあります。

しかし、窓の桟などは光の入り方などの工夫を大観自身が考えたオリジナリティーある貴重なものでした。

不忍池のほとりを歩きました。

Cimg6075

蓮が実をつけていました。
食べるとおいしいそうですが、まだ食べたことがありません。

同じく不忍池のほとりにある下町風俗資料館へ。

Cimg6086

なつかしい物がたくさんありました!

Cimg6076

私が子供の頃もこういう井戸でした。
母はタライを使い洗濯板で洗濯をしていました。

Cimg6081

駄菓子屋さんの店先。
そうそう、こういうのあったー♪

Cimg6078

こういう箪笥、我が家にもあった!丸いちゃぶ台も、丸い穴があいてる踏み台もあった!

Cimg6083

時計も箒もこういうのだったわー♪
懐かしいなー(#^^#)

Cimg6085

足踏みミシン、母も使ってました。
テレビはもうちょっとちっちゃかった(^^;)

電話はそうね、ダイヤル式黒電話。
でも、今の家の近所のタバコ屋さんちは今でもこの黒電話ですよ。

Cimg6077

これは洗い張り。
母がやってました。
古い着物をほどいて布を洗って糊付けして、また仕立て直してちゃんちゃんこにしたり布団を打ち直した時の生地にしていました。

昔は布地一枚買うのも布団を買うのも大変だったので、布は大切にしていました。
母は晩年になって生活が豊かになっても、古い服はほどいて、布地やファスナーやボタンを大切に保存してました。
貧乏性は抜けないんですね(^^;)

Cimg6082

中央左よりに見える長い竹の棒。
これは洗濯物を竿にかけ上げ下ろしするためのものだけど、名前がわからず検索したら「竿あげ」だそうです。

で、現在も楽天で売ってました\(◎o◎)/!

今の素材はプラスチックと金属のようです。
母は背が低かったからこの竿あげを使って洗濯物を干してました。

やはり、昭和のなつかしいものをこうして見ると、母との思い出につながります。
母は今は施設にいますが、誤嚥性肺炎のため入院中です。
8月で96歳になりました。

横山大観記念館もそうだけど、長い時間の流れを感じます。

最後にトイレのご紹介。

Cimg6080_2

さすがに我が家は、これとはちょっと違う。
白い金隠しがついてました(^^;)

2017年9月13日 (水)

都指定名勝 清澄庭園

清澄白河駅から歩いてすぐの清澄庭園

都立庭園9か所の制覇をめざす私が訪れた、5番目の庭園です。
ちなみに都立庭園9か所とは、浜離宮恩賜公園、六義園、向島百花園、殿ヶ谷戸庭園、清澄庭園、そしてこれから訪れる予定の、旧岩崎邸庭園、旧芝離宮恩賜公園、旧古河庭園、小石川後楽園です。

清澄庭園は、一説には江戸の豪商紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ、その後岩崎彌太郎が取得したとのことです。

Dsc_47030101

静かな時間が流れます。
風はすっかり秋めいていました。

Dsc_472701

磯渡り。
ちょっとスリルがあります。

人を見ると、亀やスッポンや鯉がわらわらと寄ってきます。
みんな肥えてます(笑)
タイヤくらいのサイズの巨大スッポンを見ました。

アオサギが何羽もいました。

Dsc_471801

ちょうど彼岸花が咲き始めていて、きれいな写真が撮れました。
このアオサギはこうして何かを見つめたままほとんど動きませんでした。

Dsc_471601

こちらのアオサギは亀と会話(?)してました。

Dsc_471201

Dsc_469901

実は一枚目の写真にもアオサギがいるのですが…後ろ向きで岩と一体化してるのでわかりにくいですね。

我が家の近所の神田川でもたまにアオサギを見ますが、複数のアオサギを一か所で見たのは初めてです。
餌が豊富なのでしょう。

というわけで、アオサギに会いたくなったら清澄庭園へどうぞpaper

より以前の記事一覧