フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

ぶらぶら歩き

2018年5月 3日 (木)

深大寺蕎麦となんじゃもんじゃコンサート

深大寺周辺にはお蕎麦屋さんがたくさん軒を連ねていますが、ネットで検索しランキング1位の湧水に行ってみました。

やはりおいしかった!

Dsc_63340201

Dsc_63330101

しかしさすがはランキング1位。
食事を終えて外に出ると長蛇の列ができていました。
12時前に入ってよかった!

Dsc_633901

深大寺にお詣りに行くと、これから消防署員のブラスバンドのパレードと演奏があるとのこと。

Dsc_635201

境内のなんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)が満開になる時期に、その木の下で毎年コンサートが行われるそうですが、今年は早めに花が咲きすでに散ってしまっていました。

しかし消防署員のブラスバンド演奏は素晴らしかったです!

Dsc_637501

遠いですが、白い制服で立っている方が指揮者。その向こうに演奏者の方々。右で踊る赤い服を着ているのは消防署のマスコットキャラクターのキュータくん。

Dsc_637801

この隊員たちの頭上にあるのがなんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)です。
新緑が美しいですが、来年はぜひ、雪が積もったように真っ白になるという満開の花を見たいものです。

2018年4月14日 (土)

タケノコ掘り

友人宅の竹林に、タケノコ掘りに行ってきました。

Dsc_621501

なかなか見つけられない私に、友人が「ここに出てるよ」と教えてくれ…

Dsc_62170101

タケノコの少し離れた周囲の土から掘るように教わりましたが…

腕力と筋力と体力と運動能力がゼロの私にはなかなかうまくできません。

手伝ってもらいながらやっと1本掘り、それだけで腰が痛くなり…結局友人と夫が8本掘り合計9本に。

Dsc_62260101

さらに新鮮な大根1本もいただきました。

私が小さいタケノコを3本バッグに入れ、夫が大きいタケノコ6本と大根1本をリュックに入れ、電車に乗って帰路につき…

途中下車して友人お勧めの鰻屋さんで昼食。

注文を受けてから開いて焼くとのことで、出来上がるまでビールを一杯!
たくさん掘ったタケノコにかんぱーーい!
私は1本しか掘ってないけど…(^^;)

Dsc_622701

そしてやってきました!
うな重!

Dsc_62280101

おいしいっ!
ふわふわで味も良い!

翌朝はタケノコの皮をむき、糠と鷹の爪を入れて茹でました。

Dsc_622901

さーて。なにを作ろうかな。

まずはタケノコご飯かな♪

2018年4月10日 (火)

犬山祭(後編)

犬山祭の旅2日目は、犬山城へ行きました。
犬山城は国宝に指定されています。
去年落雷によって壊れたシャチホコは復元されていました。

Dsc_616601

犬山祭はちょうど桜の時期に行われることが多いようですが、今年はすでに散ってしまっていました。
でもハナミズキが咲いていてきれいでした。

Dsc_617701

あの高いところは、高所恐怖症のわたしには無理だな。

行列ができています。
しばらく並び、靴を脱ぎ渡されたビニール袋に入れ、靴下でお城の中に入ります。
狭くて急な階段を、注意深く上がります。
高齢の方々は「えええ~~」と悲鳴。私も悲鳴。
前にも後ろにも行列があるので、階段の途中で立ち止まることも休むこともできず、せっせと転げ落ちないことだけを願ってひたすら足元だけを見て進みます。

Cimg7797

スリル満点でした。

これ以上のスリルは遠慮して、外には出ず窓から撮影。

Cimg7800_2

Cimg7801

木曽川はおだやかにゆったりと流れる広い川でした。

名古屋駅で、犬山名物の菜飯田楽を食べ…

Dsc_61890101

帰りの新幹線からは富士山がきれいに見えました。

Dsc_61910101

2018年4月 9日 (月)

犬山祭 (前編)

愛知県犬山市の犬山祭に行ってきました。
某オフ会メンバー8人です。

まずは名鉄犬山ホテルで、春の彩りグルメランチ。

Cimg7754

Cimg7756

Cimg7757

Cimg7758

レストランの窓からは犬山城が見えました。

Cimg7759

食事を終え、犬山城下町を歩いているとさっそく山車に遭遇。大きい!
高さ8メートルあるそうです。

Cimg7760

犬山祭は毎年4月の第一土・日曜に行われ、今年で384回目。

会場では、笛、太鼓に合わせてからくり人形を披露。
たくさんの人が集まっていました。

Cimg7762

Cimg7763

Cimg7764

後ろに犬山城が見えます。

からくり人形は面白かった!
物語仕立てになっていて人形が動き、様々なからくりが披露され、「おお!」という声や拍手が湧き起っていました。

からくり人形は三段目ですが、笛、太鼓の演奏者は一段目にいます。二段目から3人ほどの人が出てきたので彼らが人形を操作しているのでしょう。あの狭い中で、大変なことです。

寒くなったので宿泊予定のホテルに移動、料亭温泉旅館みづのを

Dsc_615401

夕食は名古屋コーチンの水炊き会席。

客室からは木曽川と犬山城が見えます。

Dsc_61510101

夜は犬山城がライトアップされました。

Cimg7781

そして朝食。

Dsc_616301

すっっっごい量です!Σ( ̄ロ ̄lll)
朝からお鍋が2つも…。
朝食と昼食、2食分ありますわ。。。sweat02

2018年3月31日 (土)

桜三昧

今年の桜はあっという間に咲いてあっという間に散り始めました。

世田谷区の砧公園に行ってきましたが、大きな桜の木がたくさんあってびっくり!
花は満開で、芝生が心地よく、素晴らしい公園です!

Dsc_605301

大木の桜がたくさんあるので豪華!しかも枝が地面まで下がり、見上げなくても目の前に桜の花を見ることができます。

Dsc_607501

Dsc_606501

Dsc_60550101

前日は六本木一丁目の桜通りへ。
桜吹雪が美しかった!

Dsc_602701

Dsc_603101

そのまた前日は句会に行きながら遠回りして善福寺川のほとりを歩き桜見物。
杉並区角川庭園近くの桜です。

Dsc_600701

句会の席題は「桜」でした。
「ベタだけどこれほど満開の時に句会があるのは貴重なので」と先生。

与えられた10分ほどで作った桜の句。

水鳥の背に悪戯の桜かな

2点いただきました。

今年は咲き始めてから一週間ずっと快晴で気温も高く、毎日がお花見日和でした。

2018年3月26日 (月)

神田川の桜

自宅近くの神田川沿いの桜を見に行ってきました。
七分咲きといったところでしょうか。

Dsc_595701

Dsc_596301

Dsc_596701

植物と鳥を描くことにハマっているので、カルガモの写真も撮ってきました。

桜とカルガモ。
いいかもしれません。

今は椿と雀を描いていますが、写真を見てもわからない部分がでてきて落ち椿を拾って実物を見て描いています。

桜も早く描かなきゃ散ってしまう。。。
こりゃ、急がなきゃ!です。

2018年3月 1日 (木)

湯島天神梅まつり

湯島天神梅まつりに行こうと、友人3人で上野駅で集合。
伊豆栄の鰻を食べようと向かったところ、なんと改装工事中!Σ( ̄ロ ̄lll)

またかい!
前回の記事でも松本楼が改装工事中で閉店だった!

工事中の店の前には店員さんがいて、すぐ近くの伊豆栄不忍亭を指さしそこへと促すので、行ってみました。
いつものお得なランチがなかったけど、おいしかった♪

Dsc_58230201

同じ不忍池沿いに昭和の暮らしを再現した下町風俗資料館があり、以前行ったら昭和な雰囲気が懐かしかったので、同い年である2人を案内しようと行ってみました。

すると、臨時休館でした!Σ( ̄ロ ̄lll)

なに?
これで3回連続、入ろうとしたところが閉まってる。
これは何かのメッセージなのか?
私のビジョンに対する警告か?
考えてみるが思い当たらない。

この日のメインの目的は湯島天神梅まつり。
「湯島天神も閉まってたらどうしよう。。。」とうろたえる私に友人が「湯島天神は閉まることはないよ」と笑いました。

「そだね~」と気を取り直し、不忍池のほとりをぶらぶら歩いて湯島天神目指します。

Cimg7338

Cimg7336

最近、鳥にばかり目がいく(笑)

湯島天神に到着。女坂から上がります。

Cimg7340

よかった!開いてた!(あたりまえ(笑))

Cimg7315

たくさんの人で賑わっていました。

Cimg7317

Cimg7320

Cimg7322

Cimg7326

Cimg7325

梅の似合うかわいい庭園です。

ただ、花粉症の私はマスクをしていたので、梅の香りをかぐのを忘れました。残念。

Cimg7327

猿回し、やってました♪

かわいい!

Cimg7329

日光さる軍団のメンバーだそうです。

Cimg7331

下町風俗資料館が臨時休館のため予定外に時間が余ってしまったので、すぐ近くの、旧岩崎邸庭園に行きました。

Cimg7341

こちらは、岩崎彌太郎の長男で三菱第三代社長の久彌の本邸として造られたそうで、重要文化財に指定されています。

Cimg7344

Cimg7343

そういえば、岩崎邸は以前行こうと思った時、サイトを見たら開館はしているものの工事中でメインの建物が完全に見られない状態でした。なので行かなかったのです。
今回、行けてよかったです。
開いててよかった(笑)

これで、都立庭園9つのうち6つ行ったことになります。
残り3つはそのうち制覇します。

2018年2月19日 (月)

仁和寺と御室派のみほとけ

国立博物館の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」に行ってきました。

Dsc_57130101

会場入り口には、国宝「薬師如来坐像」を観る人の列ができていましたが、さほどかからず如来様に到達。
ガラスケースに入った高さ12センチの仏像は、360度から見ることができました。
白檀を彫ったという細部の彫刻がすごい。(↓写真右上)

道明寺の十一面観音菩薩立像の美しい事!
美しいお顔と美しい衣に見とれましたが、台座の蓮まで一材から彫り出した一木彫像だそうです。すごい。平安初期のものだそうです。(↓写真左上)

Dsc_573701

後半の展示である、葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」も見ることができました。
手が千本近くある千手観音菩薩は稀で、1041本の手があるこちらの千手観音菩薩は最多の本数で最古のものだそうです。
江戸時代の出開帳以来、初めて東京にお出ましに。しかも今回の展示では裏側も見ることができます。

Dsc_573601

そして、仁和寺・観音堂を再現した展示室では、写真撮影OK📷scissors
この観音堂は通常非公開だそうです。
壁画の高精細画像と仏像33体を安置して再現。

Dsc_571401

Dsc_572001

今回の展覧会、国宝や重要文化財であるたくさんの仏像を拝見し、驚きと感動と同時にとてもありがたい気持ちになりました。

展示の数は170件。見応えがあり3時間近くかかりました。

しかし、たくさんの仏像は運ぶの大変だったでしょうねー。
葛井寺の千手観音菩薩の手の部分は4つに分けて運んだとのことです。

博物館に入る前に、上野公園入口にあるカフェでランチ。

Dsc_571001

サンドdeパンダ親子🐼

以前パンダカレーをいただきましたが、こちらのカフェ、トイレにもパンダがいます(笑)

Dsc_571101

2018年2月15日 (木)

深大寺 湯守の里

先月熱海の温泉につかったところ、右腕の痛みが非常に和らいだので、再び温泉の癒しを求め一人で出かけたのが…

東京都調布市深大寺にある天然温泉「湯守の里」。

Dsc_567901

バス停「深大寺」から歩いて10分ほど。

Dsc_568001

外観はこじんまりとした木造二階建てで、歴史を感じる昭和な雰囲気。

湯治を目的とした温泉だというポリシーが感じられ、居心地がよく心からのんびりできました。
お客様も、一人でいらしてる方が多く、あるいはご夫婦、親子の二人連れといったところで、複数でワイワイする人は全くなく、みなさん体を癒すことを目的にいらしてることがうかがえました。

Dsc_568401

↑源泉。

温泉は黒湯。
地下1500メートルから湧出した100%天然温泉。
数百万年前の大陸移動による地殻変動によって地中に閉じ込められた海で、化石海水とも呼ばれています。
その化石海水が地熱によって温められたものが温泉となってるそうです。黒い色は海水中の海藻類が微生物により分解されたフミン酸によるもので、ミネラルが多く含まれてるそうで、効能も多く疲れをとるのにとても適しているそうです。
(以上、湯守の里の温泉案内より)

露天風呂がと~っても気持ちよかった!
何種類ものお風呂があり、風水を取り入れた造りになっているそうで、そこにいるだけでパワーをもらえるとか。
周囲は自然の雑木林。
岩に囲まれたお湯の上に、松葉や山茶花の花びらが落ちるのも風情があります。
空気は冷たかったのですが、木漏れ日が暖かい。

大地と石と木々に抱かれて自然の力に体をゆだねる贅沢。

一旦お風呂から上がり、二階のお食事処へ。
天ざるをいただきました。

Dsc_56820101

食休みをした後、また露天風呂へ。

タオルセット、館内着付で1200円でした。

湯守の里を後にし、深大寺にお詣り。

Dsc_569301

鬼太郎茶屋はお休みでした。

Dsc_568901

祝日の翌日に行ったので、振替でお休みしているところが多かったのが残念。
開いているお茶屋さんで甘酒をいただき、帰宅しました。

たっぷり充電した一日でしたgood

2018年2月 1日 (木)

キルトフェスティバル

東京ドームで開催されている「東京国際キルトフェスティバル」に行ってきました。

最寄り駅を降りると待ち合わせをする同年代の女性が改札口周辺にたくさん。
そして、ドームまでの道もおばちゃんたちがぞろぞろ。
こりゃ~混んでそうだな~。。。

今のうちにと腹ごしらえをしにファミレスに入るとまたまた同年代の女性でほぼ満席状態。
これほどまでに、同じ場所に同じような年代の女性を集結させるとは、恐るべしキルト!

Dsc_558901

やはり中も混んでる。。。

Dsc_558501

そしてひときわ人だかりができているこのコーナーは…

Dsc_554801

三浦百恵さんの作品が展示してあるのでした。

作品の数も来場者の数もハンパない。
手芸用品やキルトのキッドを販売するお店も多数。

Dsc_556501

Dsc_557901

Dsc_557801

Dsc_557401

Dsc_55530101

まるで絵のように見えるけど、小さい布の縫い合わせですから、すごいです。
感心すると同時に、どれだけの時間を費やしたのかと考えると気が遠くなります。
何年もかけて完成させた作品もあるらしいです。

なんだか「絵を描く」という自分の作業が楽に思えてきました(笑)

より以前の記事一覧