フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

イラスト・絵画

2018年7月 9日 (月)

Tシャツ用イラスト

印刷屋さんの店長さんから、Tシャツにプリントするためのイラストのお話がきたので、喜んで猫のイラストを描きました。

Img_20180709_083926

我ながらかわいく描けたな~と思い満足していたのですが…

できあがった試作品が届いたら…

Img_20180706_111035_2

んんん~~~sweat01

これはちょっと着て歩きたいとは思えないな~~~sweat01

イラストではいいと思っても、Tシャツにするとイメージがまったく変わるんですね。

店長さんと、カラーじゃなく白黒の線画の方がいいのでは、猫はもっと小さい方がいいのでは、などと話し合い、新たにイラストを描くことに。

額に入れて飾るための絵と、なにかのモノとして使うイラストとでは違うということが難しく、なかなかイメージが浮かばなかったのですが、道を歩きながらブロック塀を見て浮かんだイメージを作画。

彩色はしないけどスクリーントーンくらいは貼りたいな。
久しぶりのスクリーントーン貼り。

Img_20180706_111325

NHK朝の連ドラ「半分、青い。」で、主人公が漫画家になりスクリーントーンを貼るシーンがあったけど、なつかしいな~と思って見てました。

押入れに入れっぱなしだったトーンはちょっとベタベタになってたけど、使えます。

さて、今度はどんなTシャツになるかな。

2018年4月 5日 (木)

椿と雀の絵

杉並区大田黒公園に立ち寄った時、椿がきれいに咲いていて、その後ろに竹林があり、とても風情があり美しい風景でした。
絵にしたいと思い、改めて写真を撮りに行き、作画しました。

Dsc_61120101

写真を参考に描いていたのですが、椿の花の細かい部分がわからず、近所の公園で落ち椿を拾ってきて下図を作成。

Dsc_59320101

下図を画用紙にトレースし下ぬり。
下ぬりには日本画の画材を使いました。胡粉と方解末。

Dsc_594201

雀は日比谷公園で撮った写真と、雀の写真集などを参考に作画。
細かい部分が老眼のため描きにくい(^^;)

老眼鏡は常にかけてますがさらに拡大鏡登場( ̄▽ ̄)

Dsc_61090201

彩色は主にアクリルガッシュ。
しかし椿の赤い部分には岩絵の具の岩紅8番を重ねました。8番は粗めなのでマチエールが面白いです。

2018年3月21日 (水)

アジサイとセキレイ

先日皇居付近で撮ったセキレイの写真。
それを使って絵を描きました。

Dsc_58930201

アクリル絵の具を使用していますが、日本画風の構図で。
下塗りも日本画の画材。
ポイントのアジサイの青にも岩絵具の美群青を使いました。

セキレイならアジサイが似合うかと、過去に撮影した花の写真の中からアジサイを引っ張り出し…。
これは確か以前四ツ谷で撮影したもの。

Dsc_585401

Dsc_593401

オナガやキジバトやメジロなどの写真も撮りたいけど、なにしろオートフォーカスのちっちゃなデジカメ。むずかしいかな~。
メジロは春になるとよく見かけるけど、すばしっこくて。。。
ベランダにバードウォッチングを設置する計画まで頭の中で進行中です。

昔の日本画家は写生しているからすごい。
そういえば、私の日本画の先生は、虫を描くために虫の死骸を箱に保存してたっけ。

2018年2月25日 (日)

雀の写真を撮りに…

紫陽花の枝に雀がとまっている絵を描きたいと、下図を始めました。
雀の絵は、写真がなければ正確に描けないので雀の写真集を2冊購入。
しかし、思ったようなアングルの写真がなく、それなら自分で写真を撮ろうと出かけた先は、日比谷公園です。

以前、日比谷公園内にある松本楼のテラス席で食事をしていた時、人懐こい雀が何羽も寄ってきて(日ごろお客さんからパン屑などもらっているのでしょう)、簡単に写真を撮ることができたのです。

しかし行ってみると松本楼は工事中で一階のテラス席は閉店!

園内には他にもテラス席のあるカフェがあったと思いそこへ向かうと、寒い季節だからかテラス席は風よけの透明なビニールで覆われていました。
これじゃ雀が来ません。

いや、もう一軒ったはず、とそこへ向かうと…
な、なんと貸し切りでした(;ω;)
ついてない。。。

テラス席はあきらめ、そのへんにいる雀を撮ろうと思ったら、公園全体が工事中のようで、立ち入り禁止の黄色いリボンがあちこちに、田んぼの鳥よけよろしくピラピラしているせいか、雀が一匹も見当たりません。

気分はへこみ、園内をなんとなく一周するうち、池のそばでシジュウカラを発見。
シジュウカラがいるなら雀もいるだろうとそこで待っていると、現れました!

庭石のくぼみにたまった雨水で水浴びをしたり、松の根元で虫をついばんだりしています。

Cimg7192

Cimg7194

何枚か撮りましたがなにしろ安いオートフォーカスのデジカメだし、よく動くモデルさんなのでピントが合っているのは↑の写真くらい。

期待外れだった気分を盛り上げようと、ついでに皇居のお壕沿いをブラブラ。

Cimg7202

すると、人懐こいセキレイに遭遇。
うん、セキレイもいいね。水辺の植物など描く時に使えるでしょう。

Cimg7198

Cimg7204

おりこうさんなモデルさん♪
結局、雀よりもセキレイの写真を多く撮影。

お壕にはきれいな水鳥も。

Cimg7196

ここまで来たら皇居に入ってみましょう。

Cimg7199

皇居外苑をぶらぶらと歩いて楽しみました。

Cimg7200

桜田門の目の前にある総務省旧本館は重要文化財です。

Cimg7201

よく歩いたわ~。
都内って歩いてみると見どころがたくさんあるんですね。

って、何しに来たんだっけ?(^^;)

この記事のカテゴリーは「イラスト・絵画」で書き始めましたが、「ぶらぶら歩き」に変更しました(笑)

2018年2月 6日 (火)

作品を病院に飾っていただく

私の作品を、母が入院している病院の壁に飾っていただけないかとお願いしたところ、ご承諾いただき、先日イラストの作品5点を搬入しました。

そのお話をさせていただいたのが去年の年末。
紙面で手続きをした後、すぐに搬入するつもりだったのに、右腕が痛く額を買いに行くことも額装することも、5点の額を持つこともままならず…。

年が明け数日を経て、やっと搬入できました。

5点の額を持ちタクシーで病院へ向かうと、道が一方通行で進めず。
遠回りして向かうと途中の道路が工事中でさらに迂回。
その後無事に到着しお約束の時間に搬入をすませることができましたが…

どうも今回のプロセスには障害が多いようですが。。。

私の作品が、患者さんやスタッフの方々にとって、少しでも癒しになればと願っての行動でした。

Cimg7017

4階エレベーター前。

Cimg7018

4階、廊下。

Cimg7020

3階、廊下。

Cimg7019

Cimg7022

3階、廊下。

Cimg7024

そして、5階のデイルーム。

Cimg7023

う~ん。。。(^^;)
掲示板の中とは。。。

でも飾っていただけただけで…ありがとうございます。

今回、絵を飾っていただくこと自体、どう思われるか心配でドキドキでした。

Dsc_30780101  Dsc_4597010101

Dsc_536001  Dsc_536301

Dsc_536101

私の一つの試みとしての行動を受け入れてくださった病院のスタッフの方々に感謝します。
ありがとうございました。

2017年12月28日 (木)

好きな絵を描くということ(2)

仕事として絵を描くのとは別に、思い浮かんだ絵を自由に描くというのも楽しいものです。
という記事の2回目です。

楽しいのでついつい夢中になり、一週間前から腕が断続的に激痛に。
なかなか治らないので整形外科に飛び込むと、腕の使い過ぎによる筋肉疲労。
普通の筋肉痛とは違い骨の髄からズキズキ痛みます。
キーボード打つのもつらいです(><)
歩いているだけで痛いし、何もしなくてもズキズキ。
でも日常では腕を動かさなければならないことはたくさん。着替えとか入浴とか。すると「うっ」と唸りたくなるほどの激痛がやってきます。

年内はおとなしくしてますわ。。。やれやれ。

で、この秋から冬にかけて筋肉疲労になるくらい夢中になって描いた絵はこちら。

Dsc_536101_2

Dsc_536301

Dsc_536001_2

母が入院している病院に飾っていただけないか交渉中です。

患者さんはもちろん、看護師さんやスタッフさんの癒しになればと思うのですが…。。。





2017年10月10日 (火)

好きな絵を描くということ

仕事として絵を描くことが多いのですが、時間があれば自分の好きな絵を描いています。

イラストや犬猫似顔絵のご依頼を受け、ご要望に沿った絵を描き上げることにも充実感と達成感を感じます。
ご注文をいただくととても嬉しく思います。

一方で、自分の中から素直に湧き出るイメージを絵にしたいという欲求もあります。

それはお金にはなりませんが、中にあるものを出しておかないと次のものが湧いてこないような気がするので、描いておきます。
しかし下図だけの場合が多いです。
あるいは途中まで彩色したけど「なんか違うな」と中断することも多くあります。

そんな日々の中、この夏は2点作品を仕上げました。

Dsc_46160101_2


Dsc_485701_2

とりあえず我が家の玄関に飾ってあります。

いつかそのうち…老人施設や病院などに飾っていただけるような、周りの方々を癒すことができるような、そんな絵を描けるようになれたらいいな~。。。と妄想しております。

2017年9月28日 (木)

満開のヤマザクラの下子猫3匹生まれました。

高円寺の猫ギャラリー「猫の額」のグループ展(2017.5/26~6/7)で展示した桜シリーズ。

Cimg5604

Cimg5605

Cimg5606

「春の桜にて」「夏の桜にて」「秋の桜にて」となっております。
同じお客様にお買い上げいただきました。

そのお客様から「冬の桜にて」も描いてほしいとのご依頼をいただき作画いたしました。

Dsc_431601

すると再びご依頼をいただいたのが…

このカップルの猫に子猫が3匹生まれ、満開の桜の下5匹の猫さんたちが幸せそうにすごしている…という風景です(≧m≦)

作画いたしました。

Dsc_4808010101

そしてもう一枚。

そのお客様と一緒に暮らしている3匹の猫さんたちの幸せな様子と窓の外にはネコヤナギ、というご依頼です。

Dsc_48100101_2

参考にさせていただいたお写真はこちらです。

Dsc_48140101

ご注文ありがとうございました(o^-^o)

3匹の猫さんたち、いつまでもお元気で楽しい猫生活を送ってくださいねheart04

2017年9月 1日 (金)

能楽師工藤寛さんのHPのイラスト

金剛流能楽師の工藤寛さんより、ホームページのイラストのご依頼をいただきました。

何度か打ち合わせをし、4枚のイラストを描きあげました。

トップページに使っていただいたイラストがこちら。

Epson037

モデルは、工藤さんがと~ってもかわいがってらっしゃるヨークシャテリアの花ちゃんです。

Dsc_42610101

花ちゃん、かわいいでしょ~♪
抱っこしているのは奥様でピアニストの工藤裕子さん。

そして「教室」のページに使っていただいたイラストがこちらです。

Epson030

Epson0352

Epson0362

お能は、むか~し一度見たことがあるだけの麻乃(^^;)
袴の形も扇の形もわからず、参考になるお写真をいただきながらなんとか完成できました。
普段描いている犬や猫や植物よりちょっと難しかったけど、勉強になりました。

工藤寛さんのHPにすでにアップされていますのでご覧ください。

clover金剛流能楽師 工藤寛公式サイト トップ  教室

ピアニスト工藤裕子さんのブログはこちら→ 工藤裕子フリッツ音楽企画

※画像を無断で使用することを禁止します。

2017年7月31日 (月)

幽霊の絵

児童館での読み聞かせのボラアンティアをしている義姉から、「幽霊の絵を描いて」という依頼がありました。

「よっぱらったゆうれい」という絵本の読み聞かせだそうで、掛け軸の中の幽霊が出て来て一緒にお酒を飲むという物語ということで…。

子供たちが、掛け軸がわからないと思うので実際に幽霊の絵の掛け軸を壁に掛けたいとのこと。

ボランティア活動の協力をボランティアで引き受けましたが、幽霊の絵は描いたことがないんですけど~(^^;)

昔、レディースコミックのホラー特集で怖い漫画を2本ほど描いたことがありますが…幽霊は出てきませんでした。

とりあえず幽霊の掛け軸をネット検索し、有名な丸山応挙などの絵をプリントし参考にすることに。

Dsc_444601

義姉が、わざわざ高い和紙を使うことはない、と言うので、天袋にしまってあった障子紙を使用。

墨で描こうとしたら、にじみます(--;)

なので、アクリル絵の具を使用。

描いてみたら、参考にした幽霊の絵には似ても似つかないレディコミっぽい絵に仕上がってしまい…(-▽-;)あはは。
ちっとも怖くない。

Dsc_444501

何を描いても自分の絵になっちゃうんだな~、どうしたもんかな~と考えひらめきました。

掛け軸っぽくするために、和柄の紙で囲んでみようと。

Dsc_444401

あ、なんとかイケるんじゃない?

Dsc_450201_2

しかし、姿勢の悪い幽霊だな~。。。

では、お義姉さん、本番がんばってくださいpaper


より以前の記事一覧